fc2ブログ
 SOUSA Semper Fidelis 
リンク曲について
スーザーの行進曲は壮快この上ない。今日は休日を利用して、息子とともにハーフプレー(9ホール)で久しぶりに角田市民ゴルフ場
に行った。帰宅に及んだ後の火照った体にはギンギンに冷えた缶ビールが最高である。

Sousa(スーザー)のSemper Fidelisを聴きながらギンギンに冷えた缶ビール500mlを胃に一気に流し込めば、再び生気が漲り、明日からまた一生懸命に働こうという気になるのである。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
過去のスコアカードを見て驚いたが、角田市民ゴルフ場は実に昨年の8月11日以来のラウンド
であった。

2箇月ほど前に既に100を切った息子。初めて100を切って自信がついたのだろうか?コースに向う姿もすっかり貫禄がついてきた。

今日の宮城県は本当にいい天気だった。蔵王連邦には残雪が見られるが気温は午前中から25度オーバーの夏日となり、ペットボトルのスポーツドリンクが欠かせないラウンド
となった。

4番ホールでアイアンを振るミック。ゴルフは如何に平常心をキープするかがポイントである。この難題に向って既に十数年過ぎたが、未だに100を切れていない;それでも進境著しい息子には多大な刺激を受け、是非100を切りたいと思っている。その目標があってこそ、日々の通勤時における早歩きや階段での飛ばし登りに繋がっている。ネバーギブアップ、この意味を深く噛み締め今一度初心に返り、100切りにチャレンジしたいと思っている。

5番ホールでドライバーを振る息子。最近はショットの正確性の他に飛距離も出てきた。左右へのミスが少なくなり飛距離が出る。これで好スコアが出ないわけがない。息子は理論家でもある。どうして球が真っ直ぐ飛ばなかったのかを常に考え、次のショットに役立てている。「失敗は成功の基」という言葉があるが、常に失敗の原因を突き止め、的確な対策を立てることで、ぐんぐんスコアを伸ばしてきた。しかもプロのレッスンを受けることなく…これには感心せざるを得ない。

11時半前に9ホールのラウンドをホールアウト。レストハウスに戻る際、二年前に息子と登った亘理町の阿武隈山地の峰々を見て懐かしい気持ちになった。

本日のスコアを公開する。本日も息子の圧勝である。息子はワンバーディーを含む安定したスコアでハーフで47をマークし、3月の富谷パブリックコースでの100切りがまぐれでないことを証明した。私は1番ホールでの11の大叩きが響き、58という不本意なスコアに終わった。

ミック挨拶
このところ、連続して歴史関係の記事ばかり手掛け、息が詰まる思いがしていました。本日息子とのラウンドを終え、やはり人間には定期的な息抜きが欠かせないと認識しました。今は仕事でも机に向うことの多い生活を送っていますが、こういうシチュエーションにゴルフは最適な息抜きであると捉えています。本日は直射日光に半日当たったので、恐らく良質な睡眠がもたらされることでしょう。おっと、それでも飲み過ぎだけは要注意
です。(笑)本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)