FC2ブログ
2018年より文芸誌みちのく春秋に5回に渡って連載した『我がルーツと大河北上』が完結し、私は区切りをつけるために生家のあった石巻市旧横町(現千石町)に向かった。交通機関は高速バス(宮城交通)である。1時間40分ほどで、千石町(降車専用)の停留所に到着した。ここは旧横町に直行する新田町である。

元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が石巻を訪れた際に、曾良とともに宿泊した四平衛の家があったとされる石巻グランドホテルの敷地内に「芭蕉翁止宿の碑」がある。この場所については異説もあり、定かでないが三百数十年前に生家の近くに芭蕉が泊まったのは間違いないようだ。
参照記事

石巻での松尾芭蕉の足取りを追う


1高速バスだzo

このビューは一昨日紹介した昭和五十年代半ばに撮影されたと思われる横町とほぼ同じアングルでの撮影である。尚、本日石巻に向かった主な目的は
①生家のあった横町の近況確認
②生家近くの住吉公園(住吉神社が鎮座する場所)の大規模土木工事の近況確認
③川瀬巴水画伯作品「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪(1935)」が中瀬をスケッチした場所の確認
である。これらを一回の記事で掲載するのはとても無理なので三回位に分けて掲載したい所存である。

2横町

町名が千石町になってから久しいので、現在「横町」という名称のものを見つけるのはなかなか容易でない。このビルは「横街ビル」と言って、かつての町名である横町をもじった建物と思われる。数店のテナントが入っているようだがやや活気に乏しく、一階のイタリアンレストランを除いて営業しているかどうかはわからなかった。

3横街ビル東より

旧町名である「横町」が刻まれは石碑はここだけで見られる。以前は住吉公園の階段脇にも「横町」と刻まれた石碑(寄贈主が刻まれたもの)あったが、某寄贈主がいなくなり、最近撤去されたようだ。

4横町町名石碑

石碑のある三陸河北新報社から北方向を望んでみた。所々に空き地があり歯抜け状態である。私が生まれ育ったころは住宅や店舗が所狭しと建ち並んでいたのだが、それだけ斜陽化が進んだということである。その斜陽化に2011年の大震災が更に追い打ちをかけた状況である。

5生家前横町

生家跡から住吉神社に向かう道路。元禄2年にここを芭蕉と曾良が通ったものと思われる。中央左寄りの工事看板のある辺りに横町小川(別名墨廼江堀)を渡る橋が架かっていたというが、恐らく二人はその橋を渡ったことだろう。

6芭蕉が通った道

ここは住吉新町と言って人口に掘られた堀(横町小川)のあった場所であるが、今は暗渠になっている。私のルーツ(高祖母のRや曾祖母のM)がこの堀とどう関わったのか?興味深いものがある。

7横町小川

横町挨拶
昨日よっぽど石巻に行こうと思ったのですが、昨日は曇天のため、天気予報を見て先送りして本日にしました。どうしても青空の下で写真を撮りたかったからです。本日は幸運にもそれがかなって幸いでした。それと雪が全くないもの追い風になります。

実は本日旧横町を歩いている時、ルーツや歴史に名を遺した人物への様々な想いに駆られました。これには作品をようやく書きあげたという達成感もあったわけですが、目を閉じると過去の出来事が走馬灯のようにぐるぐると回り、胸がいっぱいでした。涙ぐむ一歩手前で、暫くはここを離れたくないという気持ちでした。

そういう事情もあり、これ以外のこと(住吉神社や新内海橋の工事の進渉状況や中瀬の復興状況など)はこれから数日かけて分割してブログに掲載したいと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~

久しぶりにご実家の近くを訪れたのですね。
作品の完成と共に、感慨深い思いだったのでしょうね。好天気にも恵まれ、良かったです。
わたしも昨年実家を取り壊してからは、
まだ行っておらず、行ってみたい気持と、
実家のない土地を見るの悲しいような・・

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

今日 晴天のもと石巻まで行かれたのですね。

生家当りの横町という地名が
ビルや石碑で残っているのですね。
横町さんが感無量になられるお気持ち理解できます。
横町さんの作家名としてもしっかり「横町」は残りますね。
地元愛が素晴らしいと思います。

URL | つや姫日記 ID:-

こんばんは

生家を訪れると本当に色々な思い出が浮かんできそうですね。
横町と刻まれた場所が残っていて良かったと思います。昔と変わってしまった景色が多くても、当時の名残があると嬉しくなると思います。
写真の天候も青空で良かったですね。

URL | Joey rock ID:-

こんばんは!

ご生家当たりが分かられてから、実際に訪ねて
見たいと逸るお気持ち良く分かります。
お天気も味方して、一箇所でも地名「横町」の
石碑が見られたのは、本当に良かったと思います。

URL | suosyou2 ID:-

2枚目の写真は、生家の在った辺りのとのことですが、建物が歯抜けになっておりますね…。。。他の写真も、歯抜けが多いですが、これも震災の影響なのでしょうか…。。。
石巻の町のこれからの復興をお祈りしております…。。。

URL | boubou ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

万感胸に迫る思いに駆られた昨日でした。いつも生家近くに行くと息詰まるものを感じるのですが、昨日は務めを果たした(作品を書きあげた)ことが拍車を掛けた気が致します。郷土史の文献や原戸籍、近くの堀なども相当調べたのですが、ルーツに少しでも迫れたという意義は大きかったと捉えています。

お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

つや姫さん、ありがとうございます。

どうせ行くのなら晴天に、そして石巻のシンボルである巻石も見たい。そんな気持ちでバスで石巻に向かった昨日でした。千石町にバス停が出来、ほぼ直通となり利便性を感じました。旧横町の生家跡に立ち寄り、胸がいっぱいになり、感動の渦が巻き起こってきたような気が致します。住吉公園では川面に僅かに顔を出す巻石も見て参りました。

実は昨日、この後二人のかたとの出会いもありまして、結構長い時間話し込みました。お二方とも中州の島の中瀬で広報を担当されているかたでしたが、お二方から様々な情報を得たかったからです。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。


joeyrockさん、ありがとうございます。

久しぶりの生家跡訪問でした。目的は記事にも書きましたが
①生家のあった横町の近況確認
②生家近くの住吉公園(住吉神社が鎮座する場所)の大規模土木工事の近況確認
③川瀬巴水画伯作品「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪(1935)」が中瀬をスケッチした場所の確認
です。すべてがかなって良かったと思います。自分の書いた作品がルーツへの供養になればと考えております。

お陰様で、今回もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

suisyou2さん、ありがとうございます。

ここが横町という町だったと知るかたも年々減ってきている気が致します。新たな町名の千石町はやや広い地域(旧横町の他、芭蕉が止宿した新田町を含めた一帯)となり、横町の存在感が薄れて参りましたが、主に地元の年配のかたには今回の作品の執筆を機に、往時の風情を思い出して頂ければと考えております。

おはからいにより、今回も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

石巻の斜陽化はだいぶ前(明治後半)から始まっていました。主要鉄道である東北本線から離れていることや旧北上川の水深が浅く、大型船が入港できなかったことなどが挙げられます。そして9年前の大震災がこれに追い打ちをかけたようになり、更に斜陽化が進んでいる気が致します。

但し、暗い話のみでなく明るい話題もございます。それは石巻中心部に構想マンション(確か12階)が新築されたことです。石巻の建物で12階という高さはサンルートホテルを除いてないと記憶しています。これについては後日お伝えしたいと存じます。今回も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

今日は、

生家のあった横町も年月が経つにつれて随分と
変化してきたのですね、

それでも旧町名である「横町」が刻まれは石碑を
発見できたのは嬉しいですね、
天気も良くいい写真がとれたのも幸せでしたね、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

天候にこだわりつつ、新たな作品に向けて自分をリセットする意味で生家跡に行って参りました。ここ日ここで見たことを脳裏に焼き付けルーツへの感謝の念を忘れずに、新たな作品に取り組んで参ります。ルーツへの畏敬と郷土愛は死ぬまで変わりません。その気持ちを新たな作品に注いで行きたい所存です。

本日は生家のあった横町についてそのように語って頂き大変感謝しております。今回も格別なるエールを賜りました。ありがとうございます。

横町利郎さん

統合により、旧地名がなくなっても
地区によっては、地名だけ残っている場合も
あるのですね、
淋しい気持ちになります

また、自販機の横にウサギが河北新報を
読んでいる地元愛にニコっとしました
ウサギさんも表情もナイスです

これからもよろしくお願いします。(^_^)v

URL | まりっぺ ID:-

こんばんは
 横町様のお生まれになった石巻は本当に歴史の
 あるところなのにそれが今の石巻では生かれ
 ていないような気がしてなりません。何か違よ
 うな気がしてならないのです。私は石巻に住ん
 で40年余りなるのですが、今でもそう思い続け
 ております。
 

URL | こだぬき ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

石巻市の行政上で横町という町名は完全になくなりました。せめてネット上にその名を残し、古き良き時代の石巻に迫りたい。そのような気持ちでこの記事を書きました。復興が進み新たなビルも建ち旧北上川の護岸工事も進められていますが、我が故郷石巻への思慕は募るばかりです。

自分が横町利郎を名乗る動機はけして祖父への敬愛(祖父は自分の下の名を利郎とつけようとした)のみではございません。横町という由緒ある町名を少しでも伝えたい。そんな気持ちもございます。

本日も真摯なコメントを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

こだぬきさん、ありがとうございます。

自分が生まれ育った石巻に限りない愛着があるだけに、その行く末が気になります。そんな状況で自分にできるのは作品に残すことと考えております。これからもできるだけ多く石巻のことを書いて行きたい所存です。それが少しでも復興の役に立てばこれに勝る幸いはないと考えております。

おはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。


横町利郎様

生家のあった場所を訪れて昔の懐かしい思い出が
浮かんで心身共に穏やかに過ごせた一日でしたね。
「我がルーツと大河北上」も完結なさって
旧横町を訪れて自分のルーツや史跡探訪充実していますね。
「横町」という地名が石碑に残っていて
写真にも撮られて良かったと思います。
お天気も良くて画像も鮮明ですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

ルーツや知人の多くが既に世を去り、この日は故人を偲びながら生家周辺を歩きました。重ねた一節は林古渓作詩、成田為三作曲の歌曲「浜辺の歌」の二番「ゆうべ浜辺をもとおれば 昔の人ぞしのばるる 寄する波よ かえす波よ 月の色も 星のかげも」でした。

この曲は生家と目と鼻の先に存在した住吉望楼で毎日二回流された曲でもございました。感極まり泣き出したい心境を秘めながら、次の目的地に向かった次第です。横町利郎のペンネームは一生変えませんが、作品としてはやはり郷里・石巻に関するものをもっと書きたいと考えております。

郷土愛とルーツへの恩返しを是非次の作品に繋げたいと存じます。おはからいにより、今回もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)