fc2ブログ
本日は石巻市旧北上川に架かる内海橋と新内海橋の近況を紹介したい。住吉公園の改変工事の進捗状況を見た私が向かったのは中瀬(中州にできた島)である。中瀬に向かう途中の中町から新内海橋を見てみた。ここからもわかるが、大型のクレーンが入っているのを見ると、新内海橋はまだまだ完成してないようだ。

1新内海橋遠景

画像を見て頂きたい。橋本体のほうはかなりできているようだが、岸の道路への取り付け工事が終わっていないようだ。

2南西よりのビュー

こちらは旧内海橋のうち西内海橋に至る岸辺に新たに建設された交流館の「かわべい」である。
かわべいへのリンク↓↓↓
なかなか面白い名前だが、藩政期に石巻河口の北上川開削工事で功のあった仙台藩士の「川村孫兵衛重吉」と「川べり」を複合した命名のようである。

3かわべい

数年前のGoogle3D立体画像で内海橋の周囲を確認して頂きたい。東内海橋と西内海橋は生活道路として残し、両岸を結ぶ直行ルートとして新内海橋が新たに建設されているようだ。

4Google3D立体画像新内海橋

これは西内海橋から右岸の元気いちば方面を望んだビューである。右岸部に行政主導の建物が復興の先陣を切って建設されたのは心強い限りである。実はこの先の下流にも新たな橋が建設されている。

5西内海橋から見た日和山

西内海橋から中瀬の上流部を望んでみた。ここは去る1月10日に掲載した日本画家・川瀬巴水が1935年に描いた「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪 1935」のアングルとほぼ一致するものである。残念ながら往時を偲ぶものの多くが変貌に至り、実感が湧かないものがある。

6巴水の絵と同じアングル

但し、描かれた絵の背景の山のシルエットを写真と比べて頂きたい。巴水のスケッチの正確さが驚くほど伝わる。彼のスケッチには誠実さを感じるが、水墨画のようでもある。これぞ巴水の持ち味と受け止めている。

7雪の中瀬・川瀬巴水「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪」 (1935)

横町挨拶
今回で三日連続で石巻のことを掲載しました。それは石巻こそが自分にとっての原点だからです。どんなに苦しいことがあっても、私には石巻という心の拠り所が存在します。ルーツ調べをして確信に至ったことですが、我がルーツを育んだ父祖の土地こそが石巻です。

石巻は伊達政宗公の意図により、ほぼ人工的に創られた町ですが、この町に我がルーツが様々な面で関わったことを誇りに思います。自分はルーツに恩を返すためにも、残された余生を郷土研究に捧げたいと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)