fc2ブログ
本日は石巻市中瀬に再建された石巻ハリストス正教会堂を紹介したい。この建物は元々千石町(旧新田町)にあったが1978年の宮城県沖地震で被害を受け、その2年後の1980年にここ中瀬に移転された。その後2011年の太平洋沖大震災の津波で半壊し、大修復を経て昨年の2019年に再建されたものである。画像は西側からのアングルである。

1西側より

石巻ハリストス正教会堂の庭から河口側を望んでみた。正面の白い建物の左側には日和大橋が見える。

2河口側

周囲は更地となっている。石ノ森漫画館とは目と鼻の先(建物の陰のほう)である。

3建物の周囲

石巻ハリストス正教会堂は石巻指定文化財になっている。二度の震災にたたられただけに再建は感無量である。係員のかたの説明によると建物はロシア風とのことである。

4説明板だ

教会⛪は白が似合う建物が多い気がする。

5南側正面

1階内部からの撮影。このように押上げ式の窓が特徴となっている。

6押上窓

1階には畳が敷き詰められた和洋折衷の部屋もあった。掲げられている写真は津波の被害に関するものであるが、今はすっかり修復され、140年前に新築されたばかりの頃の風情を取り戻している。それにしても手を伸ばすと天井に手がつくほど天井が低い。ロシアでは冬の寒さが非常に厳しいので、暖房を考えてこのような指向になっているということであった。

7和室

60度という非常に急な階段が、如何にも昔の建物らしい。

8階段

2階は礼拝室となっている。司教の部屋は奥のほうと見られる。

9二階内部

横町挨拶
石巻出身の私ですが、この教会は初めて訪れました。明治13年(1880年)建立とのことですが、この年は祖父方のルーツが大街道開拓(士族授産事業)に入植した年でした。ちなみに私の祖父はまだ生まれておらず、高祖父や曽祖父の時代でした。それを思うと長い年月の経過を重ねます。昔から港町には進取の気風が漲っていると言われます。国内からのものは元より、海外から入ってきたものもすんなりと受け入れてしまう。我が石巻の明治時代はそのような土地柄であったと受け止めております。

一方で自分と血の繋がってない横町家の曾祖母Mは1855年生まれなので、この教会が新田町に建てられた時は24、5歳でした。曾祖母は生家とは目と鼻の先にあったこの建物をしょっちゅう目にしていたに違いありません。1920年頃になると養子に入った祖父や、嫁に来た祖母の目にも触れたことでしょう。それを思うと不思議なもので、なぜか初めてお目にかかった気がしないのです。

それはさておき、今は数奇な運命(私はここに石巻の真骨頂である「フェニックス的スピリッツ」を重ねます)をたどったこの教会がこの地に永らく建っていることを願うばかりです。
本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


10六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)