fc2ブログ
昨日、太白区の国道286号線界隈を探索している間に東街道の標柱(ステンレス製)を発見した。東街道と言えば、過去の歴史探訪で亘理町、名取市、仙台市で何度か断片的に出遭ったものの、ピンポイント的にしか理解していなかったので、なぜこんなところが…という思いに駆られた。背後のコンクリート構造物は国道286号線の擁壁である。

1標柱

こちらは東街道と直行する大年寺の門前町である。今はすっかり住宅地と化してしまっているが、この町の歴史を調べれば結構面白いのかも知れない。

2門前町兼東街道

こちらは大年寺山の東端で国道286号がほぼ直角に折れ曲がる地点である。白っぽいコンテナの後ろの細い道が東街道である。背後の山林の一部(麓のほう)は私有林と見られる。山の上には伊達家の藩主の廟所がある。ここは2018年の10月に取材済みである。興味のある方は黄檗宗・大年寺の探訪その1をご覧願いたい。

3コンテナの後ろ

実はこの旧道・東街道は国道286号線とX状に交差している。わかり難いが、画像のすぐ右側に6車線の286号線が走っている。方角で言えば国道から見て西側となる。

4左大年寺原図

Google3D立体画像で東街道(黄色)をご覧頂きたい。実は東街道は古代から中世にかけて出来たと推定される道で実態は朧気なものである。但し古地図や古文書などから、ここにいにしへからの道路が存在したらしいという根拠があり、奥州街道以前の道(その多くは奥州街道のルートとは一致しない)をこう呼んでいるとのことである。ここを通ったと思われる人物を列挙すれば、古くは坂上田村麻呂源義経、弁慶…となり、由緒のある古街道ということである。

5Google3D立体画像東街道

これは国道の東側(一度X状に交わってから離れるところ)の東街道である。歩道の右側に細い道が走っているが、道沿いに密集した民家を見ると如何にも旧道っぽい雰囲気である。実は自分がますみ幼稚園に通っていた際、ここに官舎(親父は役人だった)があり、そこに住んでいたことがあった。

6右が東街道

やや登りとなった坂道。自分が幼少時(幼稚園~小学一年の一学期)に毎日通った道を、その昔坂上田村麻呂源義経、弁慶が通ったと思うと不思議な感覚がする。にわかには信じられない。これが偽らざる気持ちである。

7官舎近く細い道原図

横町挨拶
東街道に関しては参考資料も多く、FC2ブログでも先賢が相当の研究結果を発表しているようです。これからの研究材料としては非常に興味を惹かれる対象ですが、自分としてはオリジナリティを重視し現地取材をしながら、記事を重ねて行きたい所存です。今回はカテゴリーを暫定で「みちのく版街道をゆく」にしましたが、記事が複数になれは「東街道」という子カテゴリーを設置したいと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)