fc2ブログ
 Europe - The Final Countdown (London 2011) 


リンク曲について
いよいよ立春まで来た。暖冬とは言え春が待ち遠しくないと言ったら嘘になる。節分を過ぎ立春を迎えた本日、自分は今年も春へのカウントダウンが始まったのを強く意識するのである。もし自分が人様から「貴方は二十四節気の中で何が一番お気に入りですか?」と聞かれたなら、迷わず「立春です」とお答えすることだろう。

自分は過去に立春に関する記事を何度か書いた記憶がある。暦の上とは言え、今日から春、否正確には「今日から春へのカウントダウンが始まる」と言いたい。Europe のThe Final Countdownはそんな時節を愛でるのに相応しい曲と受け止めている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
さて、ようやくFC2ブログのSEO(集客効果)が上がり、横町利郎というキーワードでのインターネット検索が利くようになってきた。先ほど「横町利郎 立春」で検索を掛けたところ、次の二つの記事がヒットした。上の段が昨年2019年のもので、下の段が2013年のものであった。

立春に関しては他にも数件の記事を書いた記憶がある。恐らく二十四節気の中で最もこれにちなんだ記事を書いているのは立春に相違ない。自分がなぜ立春という時節に心を動かされるのを考えてみた。

二つの記事

自分が冬に咲く花の中で最も好きな花が寒椿である。この花にはどんなに励まされたかわからない。どんなに寒くてもけして弱音を吐かず、健気に咲き続ける。自分は寒椿の底知れぬ強さに惹かれたのである。幸い自分の通勤路の花壇に寒椿が咲いており、毎日これを見て出勤できる。自分は元々花に興味を示す性分でなかったが、人生の分水嶺を迎えた五十代の頃、その姿に或るヒントを見出したのである。それはこの花が厳しい生存競争を勝ち抜く為に寒い冬に開花することで、種の存続を保ってきたということである。特化が生き残りをもたらす。これはセカンドライフに於ける我が生きざまそのものである。

自分は五十を目前にして痛恨にも鬱を発したが、それをバネとして数年後に立ち直り、それまでに見えなかったもの(人様への思いやり、礼節、感謝の表明の大切さ…)が見えてきた。これが寒椿の特化と重なったのである。その特化を活かして今はセカンドライフで新たな境地を開き、自分の居場所を確保したのである。これはけして机上の理論でない。泥まみれ、汗まみれ、血まみれで掴んだ実践哲学である。自分は伊達に針のむしろに座ったのではない。「逆境の中でこそ人は強くなる」という格言の通り、あの時の逆境こそが自分を「雑草のような心境」に導いてくれたに違いないと考えるのである。


寒椿

横町挨拶
こうしているうちに2020年の立春の夜も更けて参りました。これまで数作に渡って立春に関する記事を書いてきた自分ですが、一作たりとも似た記事は書かない。これは自分のポリシーでもございます。それはブログを「自己鍛錬の場」と解釈している所以です。自分の目指す方向性はどんな時でもブログのネタに困らないよう、クリエイティブな姿勢で立ち向かうことです。パソコンに向かいさえすれば記事はなんとか書ける。今後も自分そのものがネタになりうるよう尽力して参ります。

健全なる精神は健全なる肉体に宿る」という名言がございますが、今の自分も健康の重要性を強く意識しています。体力づくりのメインとなるウォーキングは、気候によってモチベーションを左右されないよう、選択の幅(ルートを変える)を持たせてこれに取り組んで参ります。もちろん肉体鍛錬のみではありません。毎朝の出勤前の朝カフェ(一時間)で読書時間も確保し、文武両道を心がけたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)