FC2ブログ
本日は藩政時代に山から切り出した丸太を運んだ木流し堀木流堀)を紹介したい。ここは最下流にあたるところで、間もなく広瀬川と合流する地点である。現在はこのようなコンクリート製の護岸が施されているが、藩政時代は素掘りだったに違いない。

1川側

木流し堀は今では住宅地を縫うように流れている。水運で木材を運ぶのが途絶えて久しいので、現在は一般河川となんら変わりない存在である。野道のような側道が如何にも長閑な印象だが、このような区間はごく一部である。

※以下は太白区まちづくり推進協議会HPより引用

木流し堀は、富田付近の名取川から入れた水を広瀬川まで引く約6キロメートルの水路である。仙台藩が家臣に支給する燃料の丸太(間太)を運搬するために造られ名取川水系・ 二口近くの森林を輪伐し、初冬から三月にかけて流したとされる。


この時代の流通の主流は水運だっただけに理にかなったものだが、築造に当たっては、多大な手間と時間がかかったようだ。


2西側

これは取水口側の航空写真である。取水は名取川水系の新笊川からとなっている。

3取水側航空

これは広瀬川との合流点である。下流側はほぼ旧道最上街道に沿って流路を刻んでいる。

4広瀬川合流地点航空

横町挨拶
時代が進んで今となっては木材を運ぶことはなくなりましたが、藩政期は重要な役割を果たしたのが仙台の木流し堀です。それにしても、仙台藩が家臣に丸太を支給していたことには驚きます。この時代は丸太は燃料であり、抱えた家臣の給金代わりにも使われたものと察しております。今回はさわりの部分のみでしたが、これを機会に郷土史の研究テーマの一つに加えたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



5六百横町
関連記事
[タグ] 木流し堀 木流堀

コメント

こんばんは~♬

丸太を運びやすいように、に流れているのですね。
これをきっかけに新テーマを見つけられてよかったですね。
今後も楽しみにしています。

URL | 布遊 ID:-

大規模な森林地帯からの木材の輸送は大きな川が使われましたが、このような小さな川(運河)を使っての木材の輸送は珍しい気がします…。。。

地図を見ますと、木流し堀は、今は宅地化されていますが、北側の山地に沿って作られ、そこから切り出された木材が、流されたのですね…。。。川の名前がそうでなければ、昔の用途は想像できないでしょうね…。。。

URL | boubou ID:-

今晩は

丸太が給金替わりだったのですね
昔のこと調べると
いろんなことがわかりますね

URL | maki1939 ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

昔は今と違って薪が燃料だったわけで、丸太が尊ばれた理由がよく理解できる気が致します。財政難だった仙台藩には家臣団に対しての給金代わりのものだったと察しております。

今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

まきさん、ありがとうございます。

この時代の丸太は貴重な存在だったのでしょうね。或いは建材として使われた木材もこの堀を使って運んだのかも知れません。本日も真摯なコメントを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

返しコメントの順番を間違え大変失礼しました。今は護岸にコンクリート構造物が施され、すっかり整備されていますが、往時は上流の笊川の暴れ次第で、時には水害にも見舞われたものと捉えています。

様々な想像を巡らすのも史跡探訪の醍醐味ですね。本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

今日は、

燃料の丸太を水路を利用しての搬送だったのですね、
自然の力で川上からの輸送は良い思いつきですね、
北米から材木船でデッキに山積みの木材を運んでた
事を思い出しました、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

二酸化炭素による地球温暖化が叫ばれる面倒な時代到来と受け止めております。その点この時代は長閑な時代でした。木は建材にもなり、燃料にもなったわけで人間にとってなくてならない存在でした。

そう考えればこの堀(木流し堀)は多くの人の役に立った堀だったのでしょうね。本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町利郎様

「木流し堀」自然の力を利用して丸太を運んだのですね。
当時は重要な役割を果たしていたと思われます。
仙台藩が家臣にまで支給した丸太
生活の一部分を担っていたのかもしれないですね。
手間と時間がかかっても流通の主流だったのですね。
ご紹介有難うございます。

こんにちは

木流し掘
すごいものが遺されているんですね。
これは藩政時代が偲ばれてとても興味がわきます。
牛や馬で丸太を運ぶより
どれだけ便利だったか想像できますよね。

木流し掘での昔の絵図でもあれば最高ですね。♪

URL | つや姫日記 ID:-

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

今はすっかり開発が進んで森林が少なくなってしまったわけですが、往時は伐する樹木が多かったものと捉えています。燃料に薪が使われた往時、丸太には相当な価値があったと認識しております。

財政不足だった仙台藩は藩士の生活を支えようと、このような水運による経済振興を企画したのでは?と考えております。重機のなかった往時、莫大な手間暇をかけて造った木流し堀に往時の苦労が偲ばれます。但し上流の笊川がまた暴れ川で水害には悩まされたとも考えております。

おはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。今週もいい週となりますことを心からお祈りしています。ありがとうございます。

つや姫さん、ありがとうございます。

一時は天下取りに明け暮れた伊達政宗ですが、それが叶わぬと悟った後は領国の経営の立て直しに全力を注いだ感がございます。家臣団を多く抱えた仙台藩ですが、財政難の中で如何に家臣や民を養うか?これを必死になって考えたものと察しております。徳のある人物に人は集まると申しますが、政宗公には人を引き寄せるオーラがあったと考えております。

水運はこの時代における物流の核を為すものであり、大量に物資を運ぶには不可欠な手段だったと考えております。然らば、往時の仙台藩の苦労の跡が偲ばれる木流し堀の風情と捉えています。お陰様で、今回も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)