fc2ブログ
昨日の2月8日(土)、仙台市を通る東街道のうち東ルートを歩いてみた。なぜこのような命名に至ったのかの理由については記事を追って後ほど述べたい。

ここは広瀬川に架かる宮沢橋の左岸(北岸)から東街道東ルート方面を見渡したアングルである。実はこの辺りは鎧渕(よろいぶち・鎧淵とも)と言って鎌倉時代に戦が行われた古戦場でもある。文治5年(1189年)8月12日に東街道を下った源頼朝軍(実際に大軍を率いたのは頼朝の家臣・千葉常胤と言われる)が、これを迎え撃った藤原泰衡と戦った場所(古戦場)とされる。泰衡軍としては多勢に不勢で頼朝軍の勢いを止められず、その日のうちに頼朝軍は現榴ヶ岡の砦を突破し、多賀城にまで一気に攻め入ったと言う。昨日は鎧渕の辺りも取材したが、内容は後日の記事に譲りたい。

道案内版のある交差点のところが地下鉄南北線河原町駅である。画像からわかるように、道路は緩やかに左に湾曲し緩い下り勾配となっている。方角的には東に進む形となる。

2宮沢橋から河原町を望む原図

河原町駅を過ぎ河原町本通りを東進する。鎧渕のトラップ(泰衡軍は頼朝軍の勢いを止めようと、渕に大網を張り巡らしたとされる)を通過した千葉常胤率いる頼朝軍が、この付近を大挙して通ったのは想像に難くない。実は道路網が現代ほど整備されてない時代に、このような旧道が戦に使われたのは多くの資料にも登場するので、かなり確度のある話と解釈している。もちろん往時はこんな立派な道路はなかったわものの、少なくても騎馬隊が徒党を組んで通れるくらいの道は存在したものと察している。

1河原町から東街道踏切を望む原図

河原町本通りを更に進むと東北本線の踏切(東街道踏切)の前で道は大きく左(北)に曲がる。この曲がり角のコンビニの駐車場にバイクを止めさせて頂き、東街道踏切の辺りを偵察することにした。

3バイク河原町本通り

さて、このへんで東街道の東ルートと西ルート(あくまで仙台市内の経路という意味)を説明したい。黄色が去る2月3日に紹介した東街道の西ルートで、赤が昨日の2月8日に訪れた東ルートである。この二つのルートを比べるとどうも一本道とは考え難い。シルクロードが複数の道からなるものであるのと同様に、東街道も様々なところで枝分かれして北に向かっていると解釈したほうがごく自然である。このような理由で、今回は仙台市内に現存する東街道をわかりやすく説明する為に、敢えて東ルートと西ルートに分けさせていただくことにした次第である。

4地図

ここがJR東北本線東街道踏切である。高架橋は東北新幹線で、方角的には西側に向かうアングルとなる。

5東街道踏切から河原町方面を望む

私が東街道東ルートと定義したこの区間は直線路となっていてちっとも旧道っぽくない。このへんはそう目くじらを立てずにファジーな感覚で捉えるべきなのかも知れない。何せ時代が時代であり、東街道そのものが朧なものであり、古文書など、はっきりとした根拠が乏しいのである。むしろ時代が進むごとに道路が整備されていったと解釈するべきであろう。

6踏切を越えて直線道路になる

かつて足軽町の取材でブログに掲載した記憶がある伊達八幡神社は五十人町との交差点にある。この神社ができたのは藩政時代ゆえ、東街道形成の歴史から見れば新しいものとなる。伊達八幡神社はちびっこ広場や町内の集会所といった地域施設と同一敷地内に鎮座している。

7伊達八幡&ちびっこ広場

更に北に300メートルほど進むと、表柴田町とのT字路交差点の付近に白鳥神社が鎮座している。由緒としては正徳5年(1715年)3月、第4代藩主の伊達綱村公が勧請すると伝えられているので東街道の歴史から見れば比較的新しいものとなる。

8白鳥神社境内

白鳥神社からクランク状になった道を通り、更に100メートルほど北進すると東側(右側)にこのような「東街道」と刻まれた石製の道標(比較的近年に立てられたもの)がある。この通りを真っすぐ500メートル東に向かえば陸奥国分寺となる。

9東街道辻標

東街道の概念図をご覧頂きたい。ラフと言ったら叱られるが、このくらいの精度でないと表せないほど朧気なものと解釈するべき旧道である。地図で言えば「国分寺」と書かれたところが、石製の道標と近接した地点となる。

10東街道の凡そのルートだ

この道を500メートルほど行くと左手に陸奥国分寺が鎮座している。昨日はそこまで足を延ばしたが、読者様やブロ友様への負担を考え、画像の掲載や説明は割愛することにしたい。

11陸奥国分寺方面を望む

横町挨拶
東街道は知れば知るほどわからないところがいっぱい出て参ります。これははっきりとした論拠がないためです。それだけに調べ甲斐があるのかも知れません。陸奥国分寺側に向かわず直進し、仙台第一高等学校の東側を東街道とする説もあります。

果たして源頼朝の家臣・千葉常胤率いる藤原征伐軍がどの道を通って多賀城に向かったのか?興味が尽きないものを感じます。暫くは今回の感動に浸りつつモチベーションを高揚させるとともに、今後は新たな文献と向き合い、東街道に更なる見解を加えられるよう尽力して参ります。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



12七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)