FC2ブログ
 Sir Winston Churchill - Funeral (I Vow To Thee) - The Nation's Farewell 


リンク動画について

1965年1月24日一人の偉大なイギリス人が亡くなった。彼の名はウィンストン・チャーチル(1874~1965)である。これはその時の動画である。彼は二つの世界大戦に関わった無二の政治家であった。


チャーチルが躁鬱病を患った政治家であることはあまり知られていないようだが、これは何と行っても彼の生前の実績によるものが大きいと感じている。彼は独裁者ヒトラーと正面から戦い、様々な困難を跳ね返すという離れ業をやってのけた政治家でもあった。「奇跡の人 チャーチル」とも称される所以である。


1葉巻


話を中世に戻したい。世界史で日の沈まぬ国と言って真っ先に思い浮かぶのは大航海時代におけるスペインだが、それから少し時代が遅れてイギリスがスペインにとって代わった。その原動力となったのはアルマダの戦い(1588年)でスペインの無敵艦隊を撃破した海軍であった。


更に時代が進み、海外貿易で得た莫大な富を国内の産業振興に投資したイギリスは18世紀後半に産業革命をいち早く成し遂げた。そんな日の沈まぬ大国イギリスにも斜陽という名のけして逃れることの出来ない運命が待っていた。


ウィンストン・チャーチルが生まれた時代はイギリスの栄華に陰りが見え始めるという微妙な時代でもあった。彼は自尊心とともに大変愛国心の強い政治家であったが、イギリスの覇権が徐々に衰えてきた時代(アメリカとソ連という二大強国台頭~冷戦へ)の狭間に生まれた政治家であった。


※以下の彼の略歴についてはTV番組「知ってるつもり」などを引用させて頂き、自分の主観を要所要所に織り込んでみた。


イングランドの名門貴族マールバラ侯爵の一族(父はその後政治家になり、母はアメリカの新聞王の娘で、英社交界の花形と言われた)として生まれた彼は、そのプライドがゆえに常に他人の後塵を喫することをけして認めない高慢な少年であった。


幼少の頃の彼はテーブルの上に玩具の兵隊を並べて戦争のシュミレーションをして遊ぶのが日課だった。例え先生に非を咎められてもそれを認めない頑固な性分は、時にクラスメイトの格好のいじめの対象にもなった。しかし彼はそんなことでくじけるような少年ではなかった。彼が考えたのは立派な軍人になって彼を見下げた人物をいつしか見返すことであった。青年期に入ると架空の戦争を文章化し、イギリスとソ連がアフガニスタンで戦争に及ぶシュミレーションを描いたりもした。


勉強に関しても自分の興味のない学科は全く受け入れす、頭脳明晰にも関わらずハーロー校(名門のパブリックスクール)時代の彼の成績はどんどん下がり、最後のほうはクラスで最下位であった。そんな父親は彼を政治家にするのを諦め軍人にしようと考え士官学校を受験させた。その試験さえようやく三度目にして合格している。但し士官学校入学後も遅刻常習の素行と勉強嫌いはついに直らず仕舞であった。


士官学校を卒業して間もなく父親のランドルフが急死した。チャーチルがいつしか首相になるという夢はこの時の父の死を機に決意へと変わりつつあった。それから先の運命が彼を変えることになる。彼はインドの従軍記者としてインド北部の内乱の最前線に派遣された。ここで眠っていた才能(文才)が一気に開花した。


彼は抜群の文章力を武器に、次々に戦記を書いていったのである。(この著作は後にマラカンド戦記として高い評価を受けるに至る)この頃から彼の学習姿勢にも変化が見られるようになった。日中は暑くてほとんどの従軍者が昼寝の時間に充てる中、彼は読書に勤しんだのである。その勤勉さが彼を一回りも二回りも成長させるものとなった。


作家として名を挙げた彼はその後南アフリカに渡った。ここで不覚にも敵のボーア軍の捕虜となったものの、脱走をはかり九死に一生を得ている。偶然が何重にも重なった結果の脱走劇だったが、これにはここ一番という時の強い運を感ずる。


帰国した彼は下院議員として政治家デビューを果たす。しかし海軍の増強を主張した彼は戦争を嫌った国民に強硬派として受け入れられず、支持率は落ちる一方であった。三十代の半ば、内務大臣として労働者のストライキ弾圧にも加わった際には多数の死傷者を出している。


第一次世界大戦が始まると、ついに彼は海軍大臣に就任した。しかしトルコの「ガリポリ作戦」に至っては拙攻に及び失敗に終わって数十万の命が失われ彼は失脚した。恐らくこの時の彼は強い鬱状態に追い込まれたものと推察している。


彼はロンドン郊外の別荘に引きこもり、現役の国会議員を続けながらも謹慎生活を送るしかなかった。人生の黄昏を迎えたかに見えた彼が再び日の目を見るときが近づく。1933年にドイツにヒトラー内閣が生まれ、ファシズムを掲げ他国への侵略を開始したのである。


時のイギリス首相であったチェンバレンはヒトラーと協定を結んで戦争を回避しようとしたが、これが失敗に終わる。ナチスドイツは勢いを利してフランスを攻略しその占領下に置いたのである。ナチスの次の目標はかつて日の沈まぬ大国と称されたイギリスであった。


ナチスドイツと真っ向から対抗し得る政治家はチャーチルしかいない…そんな国民の世論を背景にチャーチルは1940年5月10日に首相の座に就くことになった。この時のイギリス国民の心情を窺えば、この男でなければこの窮地は乗り越えることができないというくらいの思いが多々あったのだろう。


首相に就任し「ナチスには絶対に屈しない」と気丈に語るチャーチルだが、その発言とは裏腹に往時のナチス軍との間には決定的な戦力差があった。この頃のチャーチルはこの大戦を勝ち抜くには、アメリカとソ連の参戦をとりつける必要があったが、両国に足元を見られないために気丈に振舞う必要があった。イギリスは大国でありアメリカやソ連に比べて何ら劣らない国であると主張することが大戦後の利権に繋がると考えたのである。


2両軍の戦力比較


これは一歩間違えば取り返しのつかない事態に発展しかねないことだが、チャーチルは時に冷静に、時にわき上がる熱情を全面に押し出してことに当たった。ロンドンがナチスの空軍の爆撃に晒された際は、自ら防空壕と化した地下鉄に出向き、市民に平常心を装うよう激励した。こうしてチャーチルは抜群の統率力と外交力、実行力を駆使して、アメリカ参戦をとりつけ、やがて腰の重いソ連もこれに同調した。


3チャーチルとルーズベルト


これの危機管理力が最も発揮された期間こそがこの第二次世界大戦であった。その後チャーチルはアメリカ大統領のルーズベルトやソ連の第二代指導者のスターリンと会い、ヤルタ会談で第二次世界大戦後の処理を話し合った。この時スターリンは共産主義を敵視するチャーチルを最も警戒したとされる。


4チャーチルとスターリン


アメリカの経済支援を受け、既に軍事大国にのし上がっていたソビエト連邦にとって、極めて煙たい存在がチャーチルだったのである。米ソという二つの大国の台頭でその後イギリスの衰退は明らかなものとなり、一部にチャーチルの行ったこと(反共産主義思想が冷戦のきっかけとなる鉄のカーテン演説やその後自国における核保有を行う)が、却って招かざるものであったとする論評さえ存在するが、これは結果論と言うものであり、逆に彼の為した功績を空虚で朧気なものにすることになるというべきであろう。


※ヤルタにおけるスターリンの主張でポーランドはソ連側に渡り、西に移動させられた。

5西に移動したポーランド


横町挨拶

彼の粗(あら)を拾うのはたやすいことですが、果たして他の人間にあのようなこと(第二次世界大戦という非常事態で独裁者・ヒトラーから世界を救った)が出来たのでしょうか?それを思うと、彼の犯した落ち度ばかり攻めてはいけないと思います。それは欠点のない人間など存在しないからです。


彼は晩年近くになって国民からグッド・オールド・ウィニー(好々爺・ウィンソトンおじさん)と呼ばれましたが、彼の人柄が偲ばれる気が致します 。彼をよく知る人物は「60を過ぎて衰えるどころか、益々切れ味を増した」と述べています。私も60代になって数年経ちますが、少しは往時のチャーチルを見習いたいと思います。また欠点には敢えて目を瞑り、チャーチルの幅広い視点と危機管理に長けた面を高く評価したいと考えています。


6満面の笑み


本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



7六百横町

関連記事

コメント

こんばんは~♬

チャーチルのことや、その頃の時代背景も、あまり知らなかったです。
この記事で知ることができました。
いつもありがとうございます。

URL | 布遊 ID:-

チャーチルに関する詳しい紹介、ありがとうございました…。大変勉強になりました…。

躁うつ病であったことも知りませんでした…。

URL | boubou ID:-

辛酸。

横町利郎様へ
このチャーチルは生まれは良かったですが。劣等性の道を歩み辛酸を舐めて生きて来て。それでも生きて諦め無かったから成功というか。勝ちを掴んだのでしょうね。学校で、士官学校で辛酸を舐め。これで終わらず駄目を押されたようにインド戦線です。普通の男だったら諦めますよ。それが諦めた無かった。そして本国へ凱旋する訳ですが。これで又苦労しております。戦争に負けております。ここでまた考えたのでしょうね。上にもご紹介頂いておりますが。圧倒的に戦力は弱い。ドイツの武器は全てにおいて完璧だった。これを倒すには何かと散々考えたのだと思います。米ソを巻き込む。そしてドイツの補給路を断った。これにより圧倒的ドイツの有利にもかかわらず。ドイツの戦力が弱体化して敗北となります。辛酸を舐めた男は強いです。勉強になりました。有難うございます。

追伸。

追伸。
昨日から気になっているのですが。
この映像の2分30秒を過ぎた所にで出てくる軍服姿の男性はドゴールに見えるのですが。間違っていたらゴメンなさい。

布遊さん、ありがとうございます。

最近過去に民法で放送された「知ってるつもり」のYOU TUBE版を見ております。時間をかけて伝記ものを読むのと比べて、比較的短時間で当該人物の概要を知りえるし、NHKものと違い、例えブログにリンクしてもリンク無効とされない(今のところですが…)がアドバンテージになっている所以です。

チャーチルの伝記は数箇月間に本で読んだのですが、情報量があまりにも多く過ぎ、かいつまんだ情報媒体が欲しかったのです。この番組は自分のニーズに見事に応えてくれるもので、これには大変感謝しております。

人は挫折を経て強くなるといいますが、チャーチルの払った代償(第一次大戦における数十万人の犠牲)はあまりにも大きく、そのまま引退してもおかしくない余生を送っておりました。ところが時代が彼の政治家としての復活を求めた。これを運命の悪戯と言う一言で片づけるにはあまりにも舌足らずと捉えています。

彼の弛まぬ愛国心は「信念岩をも通す」にも繋がり、信念に生きた政治家と言う面が浮かんで参ります。一時は強硬派としてならした彼ですが、紆余曲折を経て思慮深い志向に徐々に変わっていったものと察しております。

見習うべきは60を過ぎてから鋭さが益々研ぎ澄まされてきたことです。舌鋒鋭い彼の演説にはリズムがあり、その速度は速過ぎず遅すぎずという傾向が見られるとのことで、ここに人心を惹きつける秘訣が隠されているようにも伺えます。おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

精神医学会界では躁鬱病は完治が難しいとされます。但し彼には思想があり、これがブレーキの役割を果たし、躁鬱病による感情の起伏をコントロールできたのでは?と考えております。彼の文才(1953年にはノーベル文学賞受賞)を考証に及べば、躁鬱病特有の主観視と客観視の切り替えを不随意から随意とし、これを交互に織り交ぜ、それを特化していったのでは?と捉えています。(夏目漱石やヘミングウェイらも持病の躁鬱病を逆に特化に変えた作家でした。)

グレートブリテンは民族紛争を抱えた国情が浮かんで参りますが、過去の失敗にめげずに何度も立ち上がる姿勢に不屈のイングランド魂を見る気が致します。

彼には貴族としてのプライドがありましたが、晩年近くになると謙虚さも感じられ、時に茶目っ気たっぷりなところもあり、人々に愛される存在であったと認識しております。どんな人物にも挫折はありますが、彼はその挫折を次の前進へのエネルギーに変えていった節がございます。これは大いに見習うべき点と考えております。

お陰様で、今回も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

不あがりさん、ありがとうございます。

FC2ブログへの起こし、並びにコメント、誠に恐縮に存じます。
さて、YOU TUBEの「知ってるつもり」https://www.youtube.com/watch?v=s_ssvsIY7Oo&t=1617sを見ますと、彼は少年期から青年期にかけて自分が選ばれた特別な人間と考えていたことが理解できます。(乳母がそのような教育を彼に施したとの由)

普通ならこれだけで高慢で煮ても焼いても食えない人物になりかねないわけですが、そうならなかったのは、彼の豊富な読書量にあったと捉えています。彼が政治家として生きて行くには人心を掴む必要があったわけで、それには広角的な思考を身に着ける必要があった。そのような目的志向があったので、様々な思想を読書から得ていたと認識しております。

同時に彼は強運に恵まれたところがあり、南アフリカの脱走劇では逃げ込んだ家が英国の将校の家だったのが幸いしたわけで、もしここで失敗していたら彼のこの後の人生も別なものになっていた節がございます。

自分は彼の人間味に溢れた言動に惹かれるものを感じます。鉄のカーテン演説は有名ですが、晩年近くなった彼は強い信念の傍らで柔軟な思考も身に着けていた気が致します。

実は情報の偏りを回避する意味でこの「知ってるつもり」の他に「映像の世紀」https://www.youtube.com/watch?v=POKVTKRo1io&list=PLOsdT5SS5LhJ6nyfUWxoumcOH-Y4DbXHo
他、数作のシリーズを何度も繰り返して見ましたが、チャーチルの危機管理能力の高さには驚くべきものを感じます。地下鉄駅に避難しながら戦意を喪失しなかった英国人の心の拠り所がチャーチルにあった。これは兵法で言う「将たる者は第一線で指揮を執るべし」の理に叶うものです。

そういう意味においてチャーチルから得ることは極めて大きいと捉えています。追伸のほうも読ませて頂きコメントしたい所存です。本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

不あがりさん、ありがとうございます。

ご指摘の動画見て参りました。特徴から言って恐らくドゴールに間違いないと考えています。この時のドゴールの心情を思えば、フランスの恩人・盟友として掛ける言葉もあったと察しております。

ところでこの動画の5分28秒頃に一瞬だけ黒人の参列者が登場します。横顔しか映りませんがキング牧師という気が致します。各国から様々な要人が参列した葬儀ゆえ、他にも著名な人物が出てくるものと捉えています。

今回も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

お早うございます、

一時期は第二次世界大戦の頃を題材にしたアメリカ映画などが有りましたが最近は見掛けなくなり
チャーチルもスターリンもヒトラーも忘れていました、
「眼下の敵」とか「ノルマンディー作戦」とか
「ナバロンの要塞」が好きな映画でした、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

歴史の闇に葬り去られる人物に再び日の目を浴びせる。これは自分に課せられた使命と捉えています。自分は年末に必ず「映像の世紀」を見ます。それはかの大戦を忘れてはならない為です。例え世代は変わっても子孫に語り継がねばならないことがある。最近自分はこれを強く意識しています。

自分はチャーチルと同じ躁鬱病に苦しめられただけに、彼の気持ちがよくわかります。それがこの記事を書く際の大きな追い風になりました。本日も真摯なコメントを頂戴しました。ありがとうございます。

お詫び。

横町利郎様へ
先ずお詫びです。チャーチルに関しては。私は予備校で当時の講師に『君たちは決して気後れする事は無い。あのチャーチルは二度も受験に失敗している。しかも士官学校に落ちている。これはホント出来の悪い男です・・』と聞いておりました。ですからこれほど自信家で攻撃的な男とは思いませんでした。この映像をご紹介頂き、怖い男だなと感じました。特に驚いたのは各国に対する分割案をスターリンに提案した事です。それがこの先米ソの対立を作る事になった訳です。ただ、これほどの自信家が『沢山の事をやったが。成し遂げた事はなかった』という言葉を残している事です。この時代だから通った男でもあると私は思います。今の時代に出てきたら怖い。でも久しぶりに目が覚めるほど興味深い人物をご紹介頂いた事に感謝しております。勉強になりました。有難うございます。
追伸。
キング牧師の確認は私には出来ませんでした。
お許しください。

不あがりさん、ありがとうございます。

実はチャーチルのことは以前から気になっていまして、いつしかブログに掲載したいと考えておりました。但し、もう少しというところでモチベーションがダウンして今回に伸びてしまったというのが実情です。

貴兄には「スピード違反を警官に咎められた例の逸話」の紹介があり、今回こそがチャンスと考え、数日前から準備を重ねて参りました。貴兄には依然ネルソン・マンデラの記事も拝読頂き大変感謝しております。さて彼の交渉手法は確かに強引なところがありましたが、結果として凹凸を均せば及第点どころか、いい線行ったのではないでしょうか?

確かにスターリンに足元を見透かされたのは感じますが、彼の人間性に免じて悪しき点には目を瞑りたい気が致します。キング牧師は横顔だけなので自分も確信が持てませんが、あのシチュエーションに、あのタイミングで登場するところに、もしかして彼では?と考えた次第です。少なくても年恰好的な考察に及べばぴったり来るものがございます。

本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町利郎さん

亡くなった祖父に聞いたエピソードなのですが
ウィンストン・チャーチルは
戦争時にアメリカを訪問中、
お風呂に入っていたら、アメリカ大統領が
アポなしで訪ねてきたそう。

その時、下着もつけない生まれたままの姿で
大統領の前に現れ、こう云ったそうです。
「我が大英帝国は、貴国アメリカに
なんら隠すものはありません」(笑)
ウィットに富んだユーモアで、このお話好きです

お茶目なチャーチルのエピソードです
日本の政治家もこのくらいのジョーク
して欲しいです

なんども失敗して、練れた人物になったので
しょうか(?)

紹介ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします(*^^)v






URL | まりっぺ ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

ブログの記事を何のために更新するのか?と聞かれたら先ずは人様の為、次に自分の為とお答えします。それは死後を意識する所以でもございます。その時脚光を浴びなくとも数年後、十数年後にどなたに見て頂ければそれでいい。思想や歴史を扱う理由がここにあります。本記事は情報収集を含めて相当な手間暇がかかりましたが、何度もめげそうになる自分に鞭打ちながら、自らに課せられた使命を問い、強い信念を持って書かせて頂きました。

自分には先般紹介したネルソン・マンデラを始め、様々な人物の伝記をシリーズに追加したいという願望がございます。貴族の血を引くウィンストン・チャーチルはプライドが高い政治家でしたが、ジョーク好きな人物でもあったようです。

これはブロ友様から教えて頂いた話ですが、彼が車に乗って急いで移動する際(恐らくお抱えドライバーの運転だったと察しております)、折しも警ら中の警察官に呼び止められ、停止させられ速度超過を咎められた際に最初は「俺を誰だと思っている?俺はチャーチルだ」と語ったそうですが、警官に「確かに似ています。でも本物のチャーチルならそのような対応をするわけがありません」と言って、そのまま切符を切ってしまいました。

チャーチルはこの警官を粋に思い、後に昇進させたと聞きます。権力者でありながら柔らかい面を持ち合わせていた。それがチャーチルの人間的魅力であり、奥深さであると考えております。本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町利郎様

まさに歴史に名を遺した人物
ウインストン・チャーチル
でも私はあまり知りませんでした。
勉強させていただきました。
詳しいご紹介と共に美しい音楽
人間味あふれる人物だったようですね。
今日もご紹介有難うございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

躁鬱的気質などチャーチルと自分には接点があり、以前からブログに掲載しようとチャレンジしていたのですが、何度か怠惰にモチベーションが負ける状況に見舞われ、延び延びになっておりました。今回YOU TUBEで「知ってるつもり」を見て概要を知り、その余勢を勝って休日を潰し、なんとか記事にしたものです。

それだけ彼には思い入れがございます。数々の名言も残したチャーチルですが、彼らしい逸話も残っており、興味の尽きないものを感じます。山高帽に葉巻がこれだけ似合う人物も珍しいですが、その波乱に富んだ生涯を知るがゆえの情感と自覚しております。

絶望をけして悲観せず、前進に変えるのは計り知れないエネルギーを要しますが、最近は自分がチャーチルだったらどう感ずるのか…を意識して行動の一助としています。チャーチルの生涯を偲ぶに相応しい音楽、これには心打たれるものを感じます。聞いて頂き、唯々深く感想を申し上げます。

お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)