FC2ブログ
本日は私は或る建設業系の講習会に参加した。昼食を食べた場所は青葉区春日町の中華そば三太春日町店である。中華そば三太春日町店は富士ビルの1階に入っている。食べログの紹介では年末年始を除いて無休となっている。右隣はコインランドリーで如何にも学生の街仙台という趣である。

1三太店構え

立地もいいせいか、結構この店は繁盛している。12時25分にして、先客が二十人ほどいて、13分ほど待たされた。微妙な時間だが、本を持ち込んだ為、待たされる苦痛はさほど感じなかった。これ以上待たされるといらいらするところだが、待ち時間に関しては及第点である。

私がオーダーしたのは中華そば(税込み¥580)といなり(¥60)である。オーダーする際に「麺は太麺と細麺がありますが、どちらにされますか?」と聞かれた。私は間髪を入れす「太麺でお願いします。」と答えた。私は迷うのが大嫌いなので、こういったケースのほとんどは即決しているが、今回も例外ではなかった。

運ばれてきた中華そばは透明度の高いスープが印象的なメニューであった。メンマにはこだわりがあるようで、細くて歯応えがある逸品であった。

2澄んだ麺

手打ちの麺は期待通り太かった。うどん並みの太さである。素朴な田舎風、昭和風ラーメンながら、個性はしっかりと主張している。肝心の味については「近くに用があった際は寄ってもいいかな」という程度であった。

3手打ちの太い麺

ちなみに、中華そば三太春日町店が入っているビルの富士ビルの二階と三階部分はアパートとなっている。

4富士ビル一階

Google3D立体画像で中華そば三太春日町店の位置を確認して頂きたい。

5Google3D立体画像西公園

横町挨拶
本日は久しぶりに昭和の頃の中華そばを思い出しました。出汁は鶏がらで澄んだ色のスープがとても印象に残りました。はっきり申し上げれば「あっさり派に見合ったラーメン」と捉えています。私が七十代になった際は、恐らくこの店には高い評価をつけることでしょう。但し今の自分は歯も胃腸も至って健康なので、ボリュームたっぷりの二郎系ラーメンに軍配を上げたいと思います。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。



6六百横町
関連記事

コメント

昔風の中華そば、鶏ガラ・醤油系は、胡椒を利かせると美味しいですねー。おかげさまで、懐かしい味を思い出しましたよ…。

URL | boubou ID:-

こんばんは

中華そばの麺の太さが選べるお店は初めて知りました。そしてこんなに太い麺も初めて見たので驚きです。
スープは紹介にあるような印象が見た目の色からも感じられあっさりして美味しそうですね。
一度、太麺を食べてみたいと思いました。

URL | Joey rock ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

この店はあっさり系の代表のようなメニューで広い年齢層からの支持があるのを実感しました。但し、どちからというと肉体労働に携われているかたやラーメンにエネルギッシュ、ボリュームを求めるかたには物足りない印象があるのかも知れません。これは自分の主観で書かせて頂きました。ホワイトカラー層を中心に立地の良さがこの店の繁盛に繋がっている気が致します。

申し訳ありませんが、麺類の香辛料(胡椒や七味唐辛子など)については自分は一切かけない派です。これは食わず嫌いでなく何度も試行錯誤を繰り返しての見解(かけると別な食べ物になる)です。本日も厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

この店は特化を狙った店でチェーン店のようです。昭和の頃のあっさり系のラーメンを求めるかたには人気の店という気が致しております。一長一短がありますが、大変気になる店です。近くには二郎系ラーメンがありますが、年齢層がまったく違い、こちらは熟年層も多いのが特徴です。

おはからいにより、本日も真摯なコメントを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

こんにちは

この様に麺が太いラーメンを食べたことがありません。
一度は食べてみたいです。
スープも澄んで美味しそうですがこの太麺には
スープが負けるのかも知れませんね。
食べてみたいラーメンです。♪

URL | つや姫日記 ID:-

こんにちは、

中華そばを自家製の手打ちは意外と少ないと思いますが麺の太さを選べるのは初めて聞きました、
成る程、見た目にもすき通った出汁に箸と比べても
太い麺が分かります、
13分の待ち時間は人気度が高い証しでしょうね、

URL | 雲MARU ID:-

こんばんは!

粋な看板が目立つ中華店ですね。
珍しい麺とお稲荷さんとても美味しそう。
私も暫く中華そばを食べていませんので
食べてみたくなりました。
色々なお店を探して当たりだと満足出来ますね。
目で楽しく戴きました。

URL | suosyou2 ID:-

こんばんは
 私も昭和のラーメンが大好きです。
 今は余りにもいろんな味、しつこいくらい、
 これでもか、これでもかと工夫を凝らした
 ラーメンで私的には好きではありません。

URL | こだぬき ID:-

横町さん、こんばんは!

喜多方など平打ち太麺を使うご当地ラーメンがありますが、
太麺を選ぶとなんだかそういう雰囲気が強まりますね!(●・ω・)

自分の場合だと「どちらの麺がオススメですか」と聞いてしまいそうですが!
どうしてもお店が最も自信を持ってる形で食べたいタイプですので!

これはブログでレビューするからという理由もありますが!

本当は麺は選択制ではなく、そのお店が最もスープに合うと思っている
そうした麺を1つきちんと選んでおいてほしいと思いますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

つや姫さん、ありがとうございます。

量よりも質で個性を感じるラーメンですが、オフィス街が近いせいもあり、どちらかと言うとホワイトカラー層に的を絞ったメニューのラインナップと察しております。

外に並んでまで食べたいとなるのが広瀬通の二郎系です。(実際多数の学生さんが外に並んでおります)但し多くのビジネスマンはそこまではしたくないわけで、この手の店に入ることになります。これは立地条件を見込んでの出店とも考えております。オープンして二三年と見受けられますが、客の入りを見ますと今のところは順調な売り上げとなっているようです。

本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。


雲MARUさん、ありがとうございます。

実は講習会に出席したかたのランチ時の行く先を考察しますと別な「こってり系の某店」(紹介した店より近い場所の店です)に流れるかたが多かったのです。従って混雑は避けたいという気持ちが強く、必然的に対抗馬であるこの店に足を運んだ次第です。(昼休みは12時20分からなので、この近辺のラーメン店はどこに入っても混んでいます;)

あっさりとこってりを両立するのではなく、あっさりに絞ったところにこの店の特化を感じています。リピートは微妙なところですが、再び同じようなケースがあれば再訪したいと考えております。今回も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

suisyou2さん、ありがとうございます。

この店は数年間に開店したチェーン店のようです。若い客層は敢えて狙わず、ホワイトカラー層を狙ったメニューのラインナップと察しております。稲荷寿司を頼んだのはこのボリュームだと夕方まで持たないと考えたからです(笑)

昭和の頃を思い出す味と手打ちの麺が印象に残りました。お陰様で、本日も真摯なコメントを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

こだぬきさん、ありがとうございます。

石巻で澄んだスープのラーメンと言えば東内海橋たもとにあった大華楼さんを思い浮かべてしまいます。この店は生まれて初めてラーメンの美味しさを自分に教えてくれた店でした。三太の太麺は歯応えがあって特化を感じました。

本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

かーとさん、ありがとうございます。

なるほど、そうかも知れません。トッピングとはまた別な要素があるのが麺の太さと思います。スープに関しては及第点をつけられるレベルと捉えています。

客とてはホワイトカラー層を中心とした常連さんを多く感じました。今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

横町利郎様

太麺細麺選べるお店なのですね。
サービスが行き届いて、好みによって
好きなのを食べられるのも良いですね。
待ち時間10分程度丁度いいかも~~
味はOK、あっさり系もたまにはいいでしょう。
わが町の4号線沿いにはラーメン店が
ひしめき合っています。多いですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

この店は立地がいいので結構繁盛しているようです。但しあっさり系なので客の年齢層は必然的にやや上となります。男性のかたは大盛りやご飯を頼んでいるかたが多いようですが、これも店の持ち味と解釈しています。13分の待ち時間は可もなし、不可もなしと言ったところですが、これは本を持ち込んだことによることで得られたものと認識しております。

ラーメン店は浮き沈みの多い業界ですが、如何に特化をアドバンテージに変えれるかがカギと認識しております。見渡せば、独自色を持った店が比較的長く生き残っている気が致します。おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)