FC2ブログ
本日は昨日(2月15日)に訪れた山元町のアップルロードについて紹介したい。本来ならば東街道と言いたいのだが、東街道は平安期~鎌倉期にかけてできた道であり、その多くが朧なものとなっている。亘理郡の東街道の経路をおいかけた資料として「皇国地誌亘理郡付図」(皇国地誌亘理郡附図とも)というものがあるが、これとて明治初期の編纂ゆえ、参考程度とするべきである。図の中央やや左寄りに注目「鷲足」、「小平」、「大平」という地名が読み取れるが、これは現在にも残っている地名である。この頃の亘理郡は様々な村落から成っていたが、現在の亘理郡は亘理町と山元町(山下町と坂元町が合併してできた町)の二町となっている。

※赤線が東街道、青線が陸前浜街道(国道6号線)である。

皇国附図

ここでお断りしておくが昨日訪ねたのは南限が鷲足地区であった。常磐道山元ICから数百メートルほど南に行った辺りである。ここからアップルロードに沿ってバイクで北進することにした。鷲足地区から東側を望んでみた。太平洋が眼下に広がり雄大なロケーションである。東街道を通った昔人も亘理郡においては、時折このような雄大な景色を眺めたことであろう。

1鷲足地区から6号線方面を望む

鷲足地区におけるアップルロードの北側のアングルである。立札のMIGAKI HOUSEなる施設(宿泊や食事が出来る)が気になったが、東街道とは関係なさそうなので割愛する。

2鷲足のアップルライン

二百メートルほど進むと神社があった。鳥居こそ新しいが、由緒がありそうな神社ゆえ、階段を登ってみることにした。

3諏訪神社鳥居

杉木立からは木漏れ日が差し、神々しいものを彷彿とさせる。

4諏訪神社参道階段

屋根は葺き替えられているものの、なかなか古そうな風情である。


諏訪神社由緒(宮城県神社庁より引用)

土御門天皇建久9年(1198)3月17日或は文永年中(12641274)の勧請と伝えられ、もと鷲足屋敷に御鎮座せられたが、後現在の地に移社したといい、俗に諏訪大明神と称した。明治2年2月現社号に改められ、同6年2月村社に列せられた。境内社愛宕神社である


では鷲足屋敷が一体どこにあったのか?これは今後の研究課題としたい。


5諏訪神社社殿

諏訪神社を出た後、再びアップルロードを北に向かう。大変長閑な田舎道であるが、阿武隈山地の麓の近くを走ると言っていいようだ。

6大平に入ると雄大なロケーション

Google3D立体画像で鷲足~小平~大平地区をご覧頂きたい。

7Google3D立体画像諏訪神社

見事な榧(かや)の大木だが、場所は真言宗智山派明光院の境内である。

8大榧全景

樹齢は約700年で、西暦で言えば1300年頃で鎌倉後期のものと思われる。源頼朝の奥州征伐(頼朝軍の最前線は千葉常胤に委ねられる)が1189年(文治5年)のことなので、少なくともこの乱を見た歴史の生き証人ではないようだ。榧の木に雌株と雄株があるのは初めて知ったが、この木は雌株という意味なのだろうか?

9大榧説明書き

横町挨拶
昨日も述べましたが、次回の文芸誌「みちのく春秋」春号には「東街道をゆく」を掲載したいと考えております。今はそれに際しての基盤作りとなります。亘理図書館で関係資料の文献を調べ、コピーも取りましたので、後は力仕事となります。それにはモチベーションが欠かせません。歴史ものに取り組む際は単なる羅列でなく、取材を通じて自分が何を感じたのかを随所に織り交ぜないと作品とは言えません。このことを脳裏に叩き込んで記事を更新して参りたい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


10六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

広々とした地域ですね。
神社もかやの木も歴史があって、
今後調べ甲斐がありそうですね。
面白い読み物となること、期待しています~♬

URL | 布遊 ID:-

今晩は

東街道の下調べ順調に進んでいますね
良いものが書けますね!(^^)!

URL | maki1939 ID:-

こんばんは

諏訪神社の歴史や榧の木にまつわるお話を調べていくのは、とても面白く興味深い事実などの発見も出来そうですね。
新作、頑張ってください。楽しみにしています。

URL | Joey rock ID:-

こんばんは

うちのブログに、こちらのリンクを貼らせていただきました。

一応仙台生まれなのですが、知らないことも多く、勉強になります。

URL | しのぶもじずり ID:em2m5CsA[ 編集 ]

布遊さん、ありがとうございます。

次の作品のテーマが決まり、今は現地取材と情報蓄積の段階と捉えています。亘理図書館にも立ち寄り、必要な資料をコピー(合法)してきて、後は熟読して自分がどう感じたのかを書きたいと考えています。移動を含めてほぼ一日を費やしましたが、雪が降らなかったことでバイクが使えたのは大きかったです。(写真撮影の為、Go&Stopが何度も求められるシチュエーションですので…)

起源も迫っているので執筆にとりかかりたい所存です。お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

まきさん、ありがとうございます。

激励を頂き感謝しております。今回のテーマは未知のことが多いので挑み甲斐がありそうですが、臆することなく飛び込んで参りたい所存です。
本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

東街道に興味を持ったのが8年前の喫茶「遊」訪問でした。ご主人は長年企業に勤めたかたですが、田舎住まいと言う夢を果たされ、悠々自適なセカンドライフを送られておいでです。今回の執筆のきっかけとなったことに深く感謝しております。

それに伴い、今回は「東街道をゆく」をカテゴリーに追加しました。おはからいにより、今回も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

しのぶもじずり さん、ありがとうございます。

ブログを通じての「知の回廊」の構築にはこちらこそ感謝しております。改めまして、今後とも宜しくお願い申し上げます。

本日は格別なる厚誼を頂戴しました。ありがとうございます。

こんにちは、

「みちのく春秋」春号に向けての綿密な下調べですね、
東街道をゆくの題材を現地で目で見て足を使っての行動には頭が下がります、
取材が此の後、大きな成果が現れる事を期待して
います、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

アップルロードの周辺に史跡が集中していることから、アップルロードがほぼ東街道に匹敵するのは間違いないものと捉えています。去る2月15日(土)は寺社を一つ一つしらみつぶしに回りました。寺は藩政時代からのものがほどんどですが、神社に関しては古いものがあり、今由緒を調べています。

この感動が冷めないうちに執筆を進めて参りたいと考えております。お陰様で、本日も真摯なコメントを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

東街道が走っているのは、広い田畑の中なので、特定は難しいと思いますが、古い寺社に着目され道筋を特定するのは、いい着眼点だと思いました…。
調査の結果が楽しみです…。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

今回は幸いにも天気がよく、春近しを感じる亘理行きとなりました。文芸誌に投稿するために、東街道の足掛かりを求めての取材となります。最も往時の東街道に近いとされるアップルロードを北進してみました。
この界隈は確かに寺社が多いですが、北の逢隈地区に近づくにつれ、由緒ある神社が多いようです。執筆のほう、先ずは紀行文的なものからのスタートにならざるを得ませんが、YOU TUBEで大河ドラマ「炎立つ」も見ながら己の感性を研ぎ澄ませて参りたい所存です。

お陰様で、本日も真摯なコメントを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町利郎様

東街道の下調べ、執筆活動が着々と進んでいますね。
諏訪神社由緒ある神社の様で大変趣があります。
合掌したくなるような感じです。
これからどんどん執筆の方も進んでいきますね。
ご自分の足を使っての下調べ
どうぞご無理されません様に~

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

東街道沿いには様々な神社が鎮座しています。これを一つ一つ羅列してゆくことで街道との関りを考察して行きたいと考えております。郷土史家に対しては、後になって役立つ記事となることを意識してGoogle3D立体画像や航空写真を多用し、便宜を図りたいと思います。

宮城県神社庁の由緒の「鷲足屋敷に鎮座」との記述が気になります。即ち、鷲足屋敷が何処にあり、どんな役割を果たしていたか?ということです。但し、ここは亘理町の管轄を離れ、隣町の山元町となります。文献収集ではこのあたりにも十分留意して進めて参ります。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)