FC2ブログ
私は去る2月15日に亘理町(一部山元町)を走る東街道を巡る史跡探訪を行ったが、その際に立ち寄った陸奥国亘理郡官衙跡を紹介したい。場所は常磐線逢隈駅の西側である。近年近接地で宅地開発が行われたようだが、国指定となった史跡は今でもちゃんと残っている。

1陸奥国亘理郡官衙跡

隣接する住宅地は2セクションで、こちらは北側の史跡に隣接するセクション(建物の古さから言って造成された時期は昭和期と推定)である。下り坂の正面が常磐線逢隈駅(無人駅)である。

2住宅地の急坂

現地の教育委員会の説明板の地図は北と南が反対に描かれていたので、私が北を上にして書き換えてみた。

3教育委員会地図

ここは南地区の倉庫院と思われる場所である。数百キロと思われる礎石をこの高台まで運ぶのにどれだけの労力を要したのか?或いは馬や牛を使ったのか?興味の尽きないものがある。

陸奥国亘理郡官衙跡

三十三間堂官衙遺跡は、宮城県南部の亘理町逢隈地区にあり、郡衙(郡役所)を中心とする遺跡で、宮城県内の官衙遺跡三箇所の中でも最南端に位置する多賀城や郡山の官衙跡とは異なり、時期や規模から言って郡の官衙として機能したものと考えられる。遺跡には礎石群が10箇所以上あり、郡衙跡と推定される。奥州藤原氏の始祖である亘理権大夫・藤原経清(?~1062:藤原清衡の父)の居城地としての関連が有力視されいる。平成4年、国の史跡に指定された。


数度に渡る調査から平安時代前半(9世紀前半10世紀前半に存在した陸奥国亘理郡衙の施設であることが明らかになっている。これまでに、郡庁跡と見られる掘建柱建物跡や礎石式倉庫跡などが発見されている。南地区は倉庫(米などを貯蔵したと思われる)のあった倉庫院、北地区は丸形の硯が発掘されたことなどから、事務官衙である群丁院が配置されていたものと推定される。


4礎石A

周囲は雑木林となっていて往時の面影を偲ぶのに相応しい環境である。平安時代の役人たちは一体どんな言動で実務に当たったのだろうか?

5礎石B

こちらは北地区の実務官衙域(執務棟などがあったセクション)である。墓地と隣接した場所で、普段は墓参りに訪れたかたなどが散見されるものと思われる。敷地全体には勾配がついている。このセクションには礎石はないようだが、昭和後期の発掘調査で掘立柱のあった位置が確認されている。発掘時の写真も残っているようだが、ここでは割愛したい。

6掘立跡と道路

同じセクションを角度を変えて見てみた。方角的にはほぼ北側(仙台方面)となる。ここには段階を踏みながら、大小10を超える建物が建っていたことになる。

7掘立跡北側ビュー

横町挨拶
徐々にではありますが、東街道の研究に本腰が入って参りました。道はまだまだ険しいですが、一段一段着実に上がってゆくしかないと考えております。先ずは小手調べであってもしっかりとした足掛かりを残すことを強く意識して研究に取り組んでいます。官衙というからには当然都から役人が派遣されたものと思われます。然らば近くには東街道が走っていたことになります。

同時にここは阿武隈川から遠くなく、時に蝦夷などの北方勢力を食い止める要害としても最適な立地を重ねます。郡役所が建てられる前のことを考えるならば、或いはそのような用途に使われた時期があったのではないか?とも考えております。周囲には由緒のある神社も多く、機を見て神社も紹介して参りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


8六百横町
関連記事

コメント

今尚、森林が残る地域なのですね…。
官衙、郡衙跡があるということは、当時の街道があった証拠ですね…。
ルートの同定が進むことを期待しております…。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

今でこそ下郡地区周囲は閑静な住宅地が広がっていますが、往時は原野の中の緩やかな丘陵であったと捉えています。但し、丘の勾配がさほど急でないので要害には向かない気が致します。(要害との見解は出ていませんが、東街道のすぐ傍という立地から言って、一時的に陣が張られた可能性は十分あります)これまでの見解を考証するならば、通説通り「中世の一時期に官衙として使われた史跡」と察しております。

近世には伊達成実公が亘理を拝領しもっと南に中心部が移ったわけですが、この地区の近くには由緒ある神社も存在し、渡しも近いことなどから、その前(中世の頃まで)はこの辺りが中心部であった気が致します。主に平安期の土器とともに、丸形硯が発見されるなど、昭和後期に行われた発掘調査の意義は大変大きなものがあったと考えております。

今は史跡、一つ一つを紹介し、執筆に繋げて行きたい所存です。おはからいにより、今回も格別なるエールを賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

こんにちは、

陸奥国亘理郡衙の史跡の探索でしたか、
倉庫院と思われる場所には今なお礎石が残されて
いますね、
此の高台までどの様な方法で運んだかは興味が
湧きますね、
東街道の研究は更に深く踏み込みましたね、

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

近くには由緒ある安福河伯神社も鎮座していて歴史の重みを感ずるところです。ここには都から役人も派遣されてきたものと察しております。彼らがこの地で月を見て、望郷の念に駆られたのは想像に難くない気が致します。

まだまだ調べなければならないことは山積みですが、モチベーションをキープして突き進んで参ります。お陰様で、今回も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

奥州藤原氏は亘理にルーツがあったのですね。意外でした。
家からも程近いので今度は行ってみたいと思います♪

暇人ityさん、ありがとうございます。

そういうことになります。最近YOU TUBEで大河ドラマ「炎立つ」を見ていますが、藤原経清の亘理館がロケに出ているようで設定がどの場所なのか?気になります。また多賀城も登場するので興味津々で見ています。

三十三間堂(陸奥国亘理郡官衙跡)は亘理図書館に行けば発掘資料が保管されているようです。本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

横町利郎様

陸奥国亘理町、東街道を巡る史跡の下調べ
架橋に入って来てますね。群衙跡の礎石が残っていて
重い石をどのようにして運んで来たのか
興味がありますね。近くに墓地もあって
静かな佇まい東街道の昔が偲ばれますね。
周囲の雑木林が残っていて環境も
大切に残されているのが良いですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

今は東街道沿道の史跡や神社を紹介していますが、これに何を感じるかがカギと捉えています。大河ドラマ「炎立つ」に登場する奥州藤原氏三代の祖・藤原常清は多賀城に赴任させられ、出先である亘理に館があったとされ、実際のロケ設定にこことよく似た場面が登場します。(少なくても第2回がそうでした)

ここは郡役所ですので、ここに藤原常清が詰めていた可能性は高いと捉えています。そう考えるとロマンを感じます。図書館から借りた文献のみならず、大河ドラマの「炎立つ」を少しずつでも見て行き、知識を構築したいと考えております。近接地に住宅地があるのにも因果を感じます。学者による調査の第一回が昭和6年のことなので、既に90年近くも経ちます。

当初は寺社仏閣の跡ではないか?と言われたようですが、昭和60年過ぎの再調査で官衙跡との考察が出たようです。確度は高いものと考えております。おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)