fc2ブログ

本日は日本尊名ヤマトタケル)が勧進したとされる宮城県亘理町の安福河伯神社(あふくかはくじんじゃ)を紹介したい。ここは阿武隈川河畔の東街道と思しき道だが、ここで道が分かれている。真っすぐ進むと稲葉の渡し(田澤の渡し)で左に行くと安福河伯神社である。


1分かれ道


二百メートルほど西に進むとこのような鳥居が見えてくる。如何にも由緒のありそうな神社である。右側の建物は田沢活性化センターである。


2公民館


Google航空写真で位置を確認して頂きたい。

黄色:安福河伯神社

ピンク:稲葉の渡し

赤:陸奥国亘理郡官衙跡

いずれも東街道と深い関わりのあるスポットである。


3Google航空写真


竹藪や杉木立に囲われて建つ安福河伯神社だが、鳥居や石灯篭はけして古くない。それでも不思議なオーラを放っているように感じられ、参道を登る前から背筋を正されるような気持になる。


4立派な鳥居


安福河伯神社(以下:宮城県神社庁HPより引用)

現亘理町逢隈地区の史跡である「阿武隈川 稲葉の渡し」南西約二百メートルに位置する。

景行天皇41年(西暦111年)86日、日本尊命の勧請と伝えらる。文徳天皇仁寿元年(西暦851年)正月正六位に叙せられ、清和天皇の貞観5年(西暦863年)1029日戊子勲十等正六位上より従五位下を奉授、延喜の制小社に班した。


5社殿


安福河伯神社は延喜式内社亘理郡四座のうちの一座とされるが、家内安全・五穀豊穣・治水守護にご利益があるとして信仰されてい。彫刻が施された本殿は、亘理町指定文化財となっている


明神鳥居から続く石段の参道は、杉並木に囲まれており、清らかな空気とともに、神聖な雰囲気を醸し出している。境内には、本殿のほかに子安神社や神輿庫、仏様の彫られた石碑などがある。


6延期式


境内から南方を遠望してみた。周囲は広々とした水田が広がるが、ここは阿武隈山地の途切れる地でもある。東街道沿いということもあり、戦の際は様々な武将らがここで戦勝を祈願したのかも知れない。


7竹林と絶景


鳥居の前にはこのような複数の小さな祠が鎮座している。


8祠群


横町挨拶

日本武尊が勧進したとのことで大変由緒のある神社が安福河伯神社です。吾妻鏡には文治5年(1189年)に平泉攻めの源頼朝軍の海道筋の大軍が「逢隈湊」を越えたという記録が残っていますが、逢隈湊とはまさに稲葉の渡しの辺りを指すものと捉えています。


この大軍を率いたのが千葉常胤(千葉氏中興の祖と言われる武将)とされます。その後藤原氏討伐の恩賞により、常胤の三男となる武石胤盛が後に伊具・亘理・宇多といった現宮城県南部~福島県浜通北部を支配することになるわけで、安福河伯神社の存在とも相まって、ここに果てしないロマンを感じます。


昨日はYOU TUBEでNHKの過去の大河ドラマで放映された「炎立つ」(前九年の役~奥州藤原氏滅亡までを描いた歴史ドラマ)を見ましたが、これを楽しみにしながら、往時の時代背景を振り返ってみたいと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。


ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。




9六百横町

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)