fc2ブログ
 乾杯の歌 歌劇「椿姫」より ヴェルディ作曲 / 森 麻季 樋口達哉 


リンク曲について
巷には悪い病気が流行しているがそれはさておき、先ずは春の到来と三連休初日を愛でたい。雪らしい雪がほとんど降ってない今冬の仙台だが、週間天気予報を見る限り雪マークはついてない。このまま春になるのだろうか?太平洋沿岸は三月に入ってのドカ雪があるので油断は出来ないが、気温が平年と比べてかなり高いので、それとてすぐに解けることだろう。本日は一日中本曇りでパッとしない天気の宮城県地方だが、明日と明後日の天気も三月並みの気温で日照も期待できるようだ。

さて、本日は久しぶりにオペラ音楽をリンクした。自分は毎年春になるとブログにストラビンスキーの「春の祭典」をリンクするのだが、今年は少し趣向を変えてみた。春の到来を愛でるに相応しい曲をあさっているうちに定番とも言えるヴェルディの曲にたどり着いたのである。男性と女性が交互に歌うシチュエーションが殊のほか気に入ったのである。お二方の多彩な表情をご覧頂きたい。歌唱も素晴らしいが、乾杯のポーズと二人の笑顔に多くの観衆が惹きつけられるのを感じる。やはりオペラ音楽はこうでなければいけない。

1乾杯の歌

本日の仙台の最高気温は3月下旬並みの11度、私は陽気に誘われ焼酎のオンザロックと洒落こんだ。今年の仙台の開花予報が発表された。何と3月30日だという。これまで仙台で3月に桜が咲いたのは過去2回ほどであったが、今年は3回目になるのだろうか?暖冬の影響とは言え、やや面食らうものを感じる今年の開花予報である。

2オンザロック

横町挨拶
私がオペラに興味を持ったのは震災後のことでした。理由は「定年を前にして、自分の生き方に名誉が不足している」と感じたからです。歌劇「カルメン」の名取公演が開催されたのは7年前の2013年2月24日のことです。その時私は人生で初のオペラを鑑賞したのです。その日の最高気温はマイナス0・6度と大変寒い日でしたが、憧れのオペラを生で観て大いなる感動を得た記憶があります。https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1478.html

オペラを観て名誉を取り戻した私はその三年後の2016年12月31日に無事に定年退職を果たしました。あの日(カルメンの公演が行われた日)と比べれば大変暖かった本日の宮城県ですが、大変感慨深いものを重ねます。オペラは人間の人生とよく比喩されますが、人生に潤いをもたらす重要な芸術と受け止めております。私は機会があれば、いつしかあの日の感動を再び味わいたいと考えております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)