FC2ブログ
 乾杯の歌 歌劇「椿姫」より ヴェルディ作曲 / 森 麻季 樋口達哉 


リンク曲について
巷には悪い病気が流行しているがそれはさておき、先ずは春の到来と三連休初日を愛でたい。雪らしい雪がほとんど降ってない今冬の仙台だが、週間天気予報を見る限り雪マークはついてない。このまま春になるのだろうか?太平洋沿岸は三月に入ってのドカ雪があるので油断は出来ないが、気温が平年と比べてかなり高いので、それとてすぐに解けることだろう。本日は一日中本曇りでパッとしない天気の宮城県地方だが、明日と明後日の天気も三月並みの気温で日照も期待できるようだ。

さて、本日は久しぶりにオペラ音楽をリンクした。自分は毎年春になるとブログにストラビンスキーの「春の祭典」をリンクするのだが、今年は少し趣向を変えてみた。春の到来を愛でるに相応しい曲をあさっているうちに定番とも言えるヴェルディの曲にたどり着いたのである。男性と女性が交互に歌うシチュエーションが殊のほか気に入ったのである。お二方の多彩な表情をご覧頂きたい。歌唱も素晴らしいが、乾杯のポーズと二人の笑顔に多くの観衆が惹きつけられるのを感じる。やはりオペラ音楽はこうでなければいけない。

1乾杯の歌

本日の仙台の最高気温は3月下旬並みの11度、私は陽気に誘われ焼酎のオンザロックと洒落こんだ。今年の仙台の開花予報が発表された。何と3月30日だという。これまで仙台で3月に桜が咲いたのは過去2回ほどであったが、今年は3回目になるのだろうか?暖冬の影響とは言え、やや面食らうものを感じる今年の開花予報である。

2オンザロック

横町挨拶
私がオペラに興味を持ったのは震災後のことでした。理由は「定年を前にして、自分の生き方に名誉が不足している」と感じたからです。歌劇「カルメン」の名取公演が開催されたのは7年前の2013年2月24日のことです。その時私は人生で初のオペラを鑑賞したのです。その日の最高気温はマイナス0・6度と大変寒い日でしたが、憧れのオペラを生で観て大いなる感動を得た記憶があります。https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1478.html

オペラを観て名誉を取り戻した私はその三年後の2016年12月31日に無事に定年退職を果たしました。あの日(カルメンの公演が行われた日)と比べれば大変暖かった本日の宮城県ですが、大変感慨深いものを重ねます。オペラは人間の人生とよく比喩されますが、人生に潤いをもたらす重要な芸術と受け止めております。私は機会があれば、いつしかあの日の感動を再び味わいたいと考えております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


3六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

今日はわたし地方も暖かで、コートなしでウォーキングができましたよ。
飲み物も冷たいもので良いですね。
好きなおつまみとオンザロックで、オペラを聴くって最高ですね~♬

URL | 布遊 ID:-

私も、ずっと前はオペラをとっつきにくいものだと思っていましたが、いっの頃からか好ましいものだと思うようになってきました…。それは、舞台進行の流れの中で、感情の発露が歌でなされるからです…単なるセリフよりも、歌でなされる方が受ける方の印象が強いように思います…。
本日も春を感じさせるリンク曲をありがとうございました…。

URL | boubou ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

日照こそなかったのですが、最高気温が10度を超え、例年よりも着実に季節が進んでいるのでは?と感じた昨日の仙台でした。夕刻からは敢えて肩の凝る歴史関係の執筆を止め、早春の余韻をとことん愉しんでやろうという想いを優先しました。心の充電は執筆欲の高揚に繋がる。これは今までの経験です。

オペラ音楽は人を非日常の世界に置いてくれます。歌い手の笑顔がそれを助長してくれた気が致します。おはからいにより、今回も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

7年前にオペラを観ていなければ、その後どうなったのかわかりません…それだけ得ることの大きかったオペラ観劇でした。我が国で組織に身を置くことはとかく「個性を抑え、大きな流れに添う」ことになり勝ちですが、その中で失ってならないのが、自分らしさ(アイデンティティ)です。矛盾することですが、心の中にこれがあるのとない(魂を売る)のでは大違いです。

一歩踏み込んでいえば、「不条理なシチュエーションに追い込まれた際に懐刀があるか否か」ということになります。7年前のオペラ鑑賞で培ったのはそのような心情でした。お陰様で、本日も真摯なコメントを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

お早うございます、

男女が交互に歌いシャンパングラスで乾杯とは
粋なオペラですね、
これを聴きながら此方も乾杯で杯が進みそうですよ、
いい天気に恵まれ良い三連休をお楽しみ下さい、

URL | 雲MARU ID:-

こんにちは!

そちら雪が少ないそうで、今年も又天候異変で
感染症も何時治まるのか気がかりですね。
退院後この乾杯の曲は、私にはとても明るく
勇気付けられました。春の近さを実感しています。
有難うございました。
横町様、充実の連休をお過ごし下さい。

URL | suosyou2 ID:-

横町利郎さん

オペラは、敷居が高いと思っているのですが
この曲は聴いたことがありました
でも、タイトルまで知りませんでした
紹介ありがとうございます。

寛いだ時のオン・ザ・ロック
至福の時なのでしょうね
おおいに楽しんでください(^_-)-☆

URL | まりっぺ ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

リンク曲への感想を頂き感謝申し上げます。リンク曲を聞いて頂くのはブロガー冥利に尽きます。ブロ友様のひと声で選曲に要した苦労も飛ぶというものにございます。

浮世の憂さを酒と音楽で晴らす。これは古来から東西を問わず広く用いられてきた手法ですが、改めてその効果の確かさを実感しております。(笑)但しこれだけではあまりにも煩悩に走り過ぎます;

然らば単に憂さを晴らすだけでなく、明日への英気を養うものと変えられればこれに勝る幸いはございません。かの白居易(白楽天)がそうしたように、酒に飲まれず、能動を以ってこれを上手くコントロールして長く付き合って行ければと考えております。

お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

suisyou2さん、ありがとうございます。

改めまして、退院を心からお慶び申し上げます。コロナウイルスが及ぼす影響は計り知れないものがありますが、冷静に立ち回り、自己を見失うことのないようにしたいと考えております。

一昨日は春の陽気に誘われて、心の窓の開放を試みました。時に創作に用いる酒と音楽ですが、先ずは春を愛でたいと考え、夕刻からリンク曲選定の為に、YOU TUBEでオペラ音楽をあさりました。どうせオペラ曲を選ぶなら、今の季節に添ったものをと考えました。

そうおっしゃって頂き感謝しております。天皇誕生日も過ぎ三月を待つばかりですが、ご自愛され良い月末をお過ごし下さい。おはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

まりっぺさん、ありがとうございます。

三連休初日の解放感がこの日の夕刻の自分の行動を大きく左右しました。このところ新たな創作で根を詰めることがあったので、初日位は息抜きをしたいと考えました。音楽のレパートリーはけして広くないのですが、選曲に困らないよう、普段から音楽ブログをチェックしております。もちろん、まりっぺさんもその中の一人です。

曲が気に入ったのに題名がわからなくてリンクできないのを避ける意味で、音楽ブログを訪問した際は気に入った曲をメモしているのです。いい音楽と酒はブログに大いなる相乗をもたらします。但し仕事を持っていれば時間的な制約もあるので毎日とは行きません。どうしても休日とならざるを得ません。

そういう意味で、一昨日は三連休に向けいいスタートが切れたと思っています。お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

横町利郎様

昨年我が町の公民館にオペラがやって来ました。
ヴェルデイの「椿姫」でした。考えてみれば我が町は大型商業施設も、
文化会館もありません。
イベントがかろうじてできる公民館があるだけです。
しかしオペラ好き?の中高年でいっぱいでした。
「椿姫」三幕を上演、ヴィオレッタが息を引き取るまで
感動的に歌いました。
会場を出た後も余韻が残りました。
春にふさわしい華やいだちょっとロマンチックな
物語にオンザロックを傾けて粋な春の宵ですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

巷に目を移せばコロナウイルス渦が迫ってきており、正直なところここ数日結構滅入っています;然らば一時でもそれを忘れ、元気を取り戻したい。そんな気持ちでYOU TUBEでオペラ曲を物色していたところ、この曲に当たりました。日本人が歌っても様になるのには驚いています。それだけこの二人の歌唱は群を抜いているものと察しております。

以前からオペラには興味がありましたが、これを機にいろいろな歌劇を見てみたい気持ちになりました。おはからいにより、今回もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)