fc2ブログ
去る2月15日に私は宮城県南部の亘理町を訪ね、東街道を偲ぶ旅を行ったが、本日は亘理町北部の逢隈地区に鎮座する鹿島天足和気神社を紹介したい。ご覧の通り鳥居の傍には日章旗が掲げられ、如何にも由緒正しい神社と言う雰囲気である。

1日の丸と鳥居

さほど段数のない石段の山道をゆっくりと進むと社殿が見えてくる。境内には早春の光が降り注ぎ、神々しさが漂っている。狛犬の下の石垣が崩れているようだが、或いは9年前の震災の被害を受けた為なのかも知れない。

鹿島天足和気神社(以下Wikipediaより引用)

旧社格は郷社。亘理郡延喜式式内社四座のうちの一座である。 由緒書によると、景行天皇41年(111年)86日、日本武尊により現在の鎮座地の北にある神宮寺地区字ヲフロの三門山へと勧請されたと伝わる。桓武天皇の御世である延暦元年(782年)の5月朔日に祈祷を行ったところ、鹿島の神が凶賊討伐に神験を示したことから勅命により勲五等封二戸が与えられた。


清和天皇の御世の貞観4年(862年)壬午615日に官社に列し「鹿島宮」と称するようになり、同年同月18日には従四位上が授けられた。天慶4年(941年)に鹿島地区字北鹿島の樫木山の山頂に遷座し、その後、領主から神領寄付などがあったが、天正時代(1573-1591年)に起きた伊達氏と相馬氏の戦乱の影響で神領地が廃絶した。貞享3年(1686年)46日、亘理伊達家5代当主の伊達実氏が現在の地に社殿を再建した。


延喜式とは延喜式神名帳延長年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、「官社」に該当する神社のことを言う。



3狛犬と社殿

Google航空写真で鹿島天足和気神社の位置を確認して頂きたい。ヲフロ遺跡と書かれた辺りが日本武尊が勧進した時の位置である。従って創建時から約1・1キロほど南南東に移ったことになる。

4Google航空写真

ちなみにヲフロ遺跡に行ったところ、立札(ヲフロ遺跡と書かれている)が建っているところは民家になっていた。ここ(三門山の山頂とされる)に本当に日本武尊が創建した神社があったのだろうか?謎である。

ヲフロ遺跡民家

江戸時代に伊達実氏によって建て替えられた社殿は、その後に改修工事が行われたのだろうか?なかなか状態がいいようである。

5朱色の柵

これは主殿の脇に立っている建物であるが社務所ではない。副殿といったところか?建物が杉の大木に守られるようにして佇んでいるのが印象に残った。

6副殿

横町挨拶
亘理町の東街道に関係すると思われる神社の紹介は今回で三つ目となりました。前回紹介した安福河伯神社とは異なり、この神社は二度も位置を移動しているようです。特に江戸期の移動は伊達氏と相馬氏の戦乱の影響ということで、時代による影響が神社にも及んだことを強く窺わせます。最初に鎮座していた三門山(ヲフロ遺跡)は弥生時代の遺跡とのことで、日本武尊勧進説を裏付けるものなのかも知れません。但し残念ながら「亘理町 ヲフロ遺跡」はインターネットでヒットしません。亘理町教育委員会に問い合わせたり、亘理町図書館で参考文献を当たるしかない気が致します。このあたりは今後の研究課題となります。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)