fc2ブログ
本日は去る2月19日に訪れた仙台市西部の山上清水(さんじょうしみず)地区についてお伝えしたい。ここは青葉城恋歌で有名な広瀬川である。目的はウォーキングである。遠くに見える橋は牛越橋、対岸は山居沢である。バイクは近くのショッピングセンターの駐輪場に止めさせて頂いた。

1合流点

左岸沿いに進むと支流(小川)との合流がある。小川には橋が架かっている。

2橋と標識

小川の上流にはこのような滝がある。工事現場のように単管で組まれた仮設の橋が架けられているが、詳細はわからなかった。

3滝のようになっている

町内には昔ながらの小路が走っていて、昭和のころと見られる建物が建っていた。アパートも結構建っていて様々な新旧の建物が混在している。散策するには結構面白い場所である。

4新旧の建物が混在

町内会の掲示板を見て初めて町名(山上清水)を知った。

5山上清水町内会掲示板

旧国道48号線には多くの祠が建っている。山上清水には弘法大師が錫杖を突き立てたところ、その場所から涸れることのない清水が湧き出したとの伝説があり、藩主が時折茶の湯に取り寄せたほどの仙台屈指の名水(三大清水のうちの一つ)ということである。この中で一番古いものは宝永7年(1710)の南無水神供養碑である。(所在地:仙台市青葉区八幡5丁目7-27)

6祠群

横町挨拶
ほとんど歩きつくしたとばかり思っていた仙台市内にも、まだこのような死角があるのを知り、カルチャーショックを受けています(笑)私は常に好奇心を絶やさないことをモットーにしていますが、情報網をフルに駆使してこのような歴史に彩られた場所をもっと発掘して行ければと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


7六百横町
関連記事
[タグ] 山上清水

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)