FC2ブログ
亘理町の東街道沿いは遺跡の宝庫である。本日は2月に撮影した画像をもとにそのうちの4箇所について紹介したい。Google3D立体画像をご覧頂きたい。吉田地区には僅か700メートルの間に4箇所にも渡って古代の遺跡が分布していることになる。この密度は尋常でない。

0Google3D立体画像

南から順を追って紹介したい。ここはサニータウン亘理の西隣に位置する一の坂遺跡である。亘理町史上巻によると「中原西の緩傾斜面の畑地に存在する遺跡で主として縄文後期中頃の土器片が出土した」とされる。

1一の坂遺跡東より

現在は阿武隈山地の麓に広がるリンゴ畑となっている。東街道の南側(向かって左側)には下り坂を控えているが、その坂の呼び名が命名の由来と思われる。

2一の坂標柱UPブログ用

一の坂遺跡から北に三~四百メートルほど北に行くと作田遺跡がある。設置したばかりの標柱を見ると、東街道を挟んで広がり、発掘調査で溝跡や土器、須恵器が見つかったという。

3作田から作田北へ向かう

阿武隈山地の緩やかな傾斜地に広がる遺跡である。東には雄大な太平洋が見える。

4作田標柱UP

作田遺跡から更に百五十メートルほど進んだところに作田北遺跡の標柱が立っている。既に土器や須恵器が採集されているというが、詳細はまだわかっていないということである。

5作田北遺跡南側より

作田北遺跡から更に百五十メートルほど北に進むと平場遺跡がある。平場遺跡はやや規模が小さいようだ。

6平場南側より

平場遺跡でも縄文土器が出土しているが、亘理町史上巻によると「縄文の施文から縄文中期末頃の遺跡」と考えられているようだ。

7平場遺跡東側より

横町挨拶
今から約1万2千年前から2500年前まで(BC1万年~BC5百年)と、1万年間近くも続いた長い時代でした。紹介した遺跡は数千年前から人の営みがあったということになります。ここまで時代が遡ると想像すら尽きませんが、この四つの遺跡を結ぶ道路がどんな形でそれぞれの遺跡に関わったのか興味は尽きません。同じ時期に遺跡が存在したとは限りませんが、何らかの理由によって、後世の人々がより住みやすい場所を求めて移動したとも考えられます。

古墳時代よりも遥かに時代が遡った頃に、既に現代社会で言う「村」のような概念があり、人々が集団を形成して生きていたという事実に際し、カルチャーショックのようなものを感じています。現代人は物資に恵まれているがゆえに、衣食住への感謝を忘れがちとなりますが、往時の人々は常に生死の瀬戸際を感じながら生活していたわけで、現代人から見れば却って学ぶところも多々あると考えております。

発掘調査にはまだまだ年月を要すると思いますが、少しでも往時の人々の生き様が浮き彫りになるのを願っています。亘理地方は海も山も近く、様々な好条件が揃ってこのような縄文時代の遺跡が存在したものと考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。


8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは~♬

遺跡がたくさんあるのですね。
まだまだ発掘調査しているのでしょか~
今よりももっと人口は少なかったと思いますが、
そんな昔の土器とかが残っているのですね。
歴史ロマンを感じます。

URL | 布遊 ID:-

こんばんは

こんなに沢山の遺跡に出会えると本当に大きなロマンが感じられますね。
土器から年代を追っていくとどれ程の歴史が、ここで繰り広げられていたのかと思うと気持ちも高揚される事と思います。素晴らしい財産ですね。

URL | Joey rock ID:-

街道沿いに、これだけの遺跡が集中しているところは、全国的に見ても珍しいでしょうね…。よほどの要所だったように思われます…。

URL | boubou ID:-

布遊さん、ありがとうございます。

一昨日は山元町に存在する遺跡マップの亘理町版を求めて図書館に足を運びましたが、どうしても見つけ出せず、それならいっそのことGoogle3D立体画像を用いて、自分で作ろうと考え実行した次第です。

真上から見下ろした航空写真だと東西の目印となるものが画面に収まり切れないと判断し、必然的に3D立体画像の使用に至りました。たった700メートルの間にこれだけの遺跡がひしめいている感動をブログでお伝えするにはこれしかないと考えた所以です。

これから得た感動を是非執筆への追い風としたいと考えております。お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

縄文時代は人類の歴史でも非常に長い期間で、その中で様々なノウハウが育まれ、弥生時代の稲作を実現し、蓄積していたものがその後一気に花開いていったと考えております。

亘理町の遺跡はBC2000年頃のものが多いようですが、世界史と合わせ見れば四大文明の黎明期とも重なります。これはけして大河のほとりでなくても文明が形成された証とも考えております。今回得た感動を是非活かして今後に繋げて行きたいと存じます。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

この密度の濃さに自分も驚いています。遺跡同士の結びつきを見ますと、東街道は縄文時代を起源としたといっても言い過ぎでない気が致します。過去の教育委員会の調査資料を是非調べたいと考えております。

今回もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

おはようございます

遺跡街道の趣がありますね。

この道沿いに縄文人が暮らしていたことは
間違い無いようですね。
発掘調査がなされもっと繋がりなど解明されれば良いですね♪

URL | つや姫日記 ID:-

お早うございます、

あまり場所も離れていない4箇所で縄文土器の
出土でしたか、
日本の今の文化の起源とも言われる縄文時代に
ロマンを感じますね、
調査は今も続けられてるのでしょうか?

URL | 雲MARU ID:-

こんにちは!

宣理町自体広くは見えませんが、その東街道沿いに
4つも古代遺跡が並んでいるのは、本当に凄い事ですね。発掘調査が進み歴史が明るみになる事は何時になるか分かりませんが、大勢の協力のもと早いと
良いですね。

URL | suosyou2 ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

数千年前のこの辺りはよほど住みやすい場所だったのでしょうね。解放感が感じられるスポットですが、海と山からの恵みとも大いに関係があったと察しております。縄文人の平均寿命は30歳にも満たなかったとされますが、現代人とは全く異なった死生観があったと察しております。それを少しでも感じ、執筆の糧にしたいと考えております。

本日も真摯なコメントを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

雲MARUさん、ありがとうございます。

2月に走ってみた際、遺跡同士の離れがやけに近く驚きました。Google3D立体画像に位置を落とすのに、google ストリートビューを駆使し結構苦労しましたが、それぞれの位置関係がわかり成果には満足しています。

東街道は遺跡の宝庫ですが、ロマンに満ちたスポットで、町はこれをもっと観光にアピールするべきでは?とも考えております。お陰様で、今回もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

suisyou2さん、ありがとうございます。

亘理町(わたりちょう)はけして狭い町ではありません。このGoogle3D立体画像はごく一部です。世界史年表と見比べますと四大文明の頃とも重なり、ロマンを感じています。文明の黎明期とも言えますが、動画などで実像にもっと迫りたいと考えております。阿武隈山地からは太平洋が広く見渡せますが解放感にあふれた趣にも魅了されています。

おはからいにより、今回も厚誼を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎様

東街道沿いに四つの古い遺跡が
並んでいるのですね。古代の遺跡
発掘調査で色々な事が研究されている事でしょう。
縄文時代や弥生時代、研究材料は広がりますね。
特に弥生時代の稲作、優れた知恵を感じます。
この四つの古い遺跡は宝の宝庫ですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

このような狭いスポットに四つの遺跡がひしめいているのは驚きです。それぞれに興味の尽きないものを抱きますが、遺跡同士の関りも知りたい気が致します。これ以上知りたいとなれば、後は亘理図書館に足を運ぶしかないと考えております。今でいう東街道の一部が中央と繋がってない縄文時代から存在したとも言えます。

海と山に恵まれた亘理町はロマンに満ち溢れています。機会がありましたら是非今後も調べたいと捉えています。お陰様で、今回も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)