fc2ブログ
※以下は本日(3月12日)放送の羽鳥慎一モーニングショーからの引用である。
ついにWHOから新型コロナウイルスに対するパンデミック宣言が出された。今更遅いという批判もあるが、株価も大幅に下がり世界経済の動揺は隠せないものとなった。

1六段階

既に死者は5000人に迫ろうとしているが、感染者と死者の増加は間違いないとの判断で出されたWHOの見解である。テドロス事務局長は「パンデミックでありながらも制御できる」と述べているが、根拠に乏しいという意見が専門家から出ている。気休めに言っているようにも取られかねない。

4国別感染者数

一昨日の公聴会で専門家会議の尾身茂副座長から「実効再生産数はおおむね1で推移している」(横這い)との説明があった。1月に発表されたWHOの数値(1・4~2・5)と大きく食い違っているが、その理由が何なのか?十分な説明はないままである。

尾身茂副座長は37・5度以上の熱が四日続いた場合に限って(高齢者と疾病者を除く)医療関係の診察を受けるようにと述べているが、四日の根拠は医療機関がキャパシティーオーバーとなる恐れに起因しているという。専門家会議は医療機関がパンクする恐れを警戒しているのである。事態はそこまで逼迫していると解釈していいようだ。

2増加傾向

出演者の白鵬大学の岡田晴恵教授からは「実効再生産数1で推移しているのなら、なぜ増えているのでしょうか?再生産数1というのはミスリードを生む、誤った見解なのでは?」という疑問が出た。これに対して出演者である自民党の田村新型コロナウイルス対策本部長(元厚生大臣)は専門家の間で、よく検討されるべきであるという見解を繰り返すだけであった。

3岡田教授

横町見解
新卒者の内定が取り消されるなど、今は不測の事態も起きています。そんな中で国民は正しい情報を知る権利がありますが、最も頼りにすべき、専門家会議の答弁も理不尽なものがあり、我々は疑惑を持たずに居られません。

逆に言えば前例がないだけに国全体が血迷っている状態なのかも知れません。再生産数が1で推移している裏付けとして、専門家会議はなぜ明確な根拠を上げられないのか?このあたりには明確な説明が欲しいと思います。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 

5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)