fc2ブログ
歴史エッセイ「佐沼城玉砕」
佐沼城を訪ねたのは五月の連休中のことである。司馬遼太郎は自著の『馬上少年過ぐ』の中で、政宗の事を梟雄(残忍で強かなこと)と呼んでいるが、自らの策略がしくじりに終わった時の口封じに対して行われた仕打ちがそう言わせしめたと私は解釈している。


天正18年(1590年)、伊達政宗が豊臣秀吉から北条征伐の命を受けた時、二十四歳の彼の心情を推し量れば、恐らく激情が走ったに違いない。「成り上がり者の言いなりになってたまるか」くらいの気概があったことだろう。但し、小田原城が二十万を越す大軍で取り囲まれた際、秀吉へ反抗心を露骨に表すことが滅亡に繋がると悟った。それからの彼の取った行動は鬼神の如く速かった。この時、既に死に体となりつつあった大崎や葛西は、とてもこの速さについて行けなかった。


参陣に遅れたものの、何とか体裁を繕った政宗はぎりぎりのところで改易を免れた。これに対して大崎と葛西は領地を没収され、事実上の滅亡となった。その後、大崎、葛西の旧領土には木村伊勢守義清と息子の清久が派遣された。木村父子は新領主になるにはあまりにもかけ離れた人物であった。彼らは圧政を行い、にわか仕立ての家臣たちが領内で狼藉を働くに至った。もう我慢がならぬ…こうして大崎、葛西の浪人が主となって怒りの矛先は木村親子に向けられた。

この騒ぎは秀吉の耳にも入り、浅野長政や蒲生氏郷が動いた。政宗は佐沼城に立てこもった木村親子を救出したが、これは政宗の一人芝居だった。実はこの一揆を仕組んだのは政宗自身だったのである。木村親子が救出される前に、秀吉のもとに政宗の謀反を示す書状(伊達の祐筆が漏らしたもの)が送り届けられた。これで並みの武将なら浮き足立つことだろうが、政宗には不敵とも言える天性の図太さがあった。


上洛を命ぜられ、秀吉の前で喚問を受けた時、己の策略を言い逃れるための弁舌(書状が本物なら花押の鶺鴒の目の部分に針で穴を開けていると主張し、一揆を煽動した証拠とされる密書は偽造)も巧妙ながら、悪びれた様子を少しも見せることがなかった。秀吉は恐らくこの嘘を見抜いていたのであろうが、表面上は赦すことにした。政宗の立ち回りぶりを見て、殺すには惜しい男と思わせたのかも知れない。


翌年政宗の矛先は篭城していた多数の者に向けられることになる。秀吉に忠誠を示すには、情けなど無用だった。政宗軍の刃先は城内に立てこもった旧葛西・大崎の屈強な侍のみならず女子供にも向けられた。総攻撃が始まったのは7月1日だったが、たった二日で落城した。この時女子供に至るまで多くの者が撫で斬りにされたという。


堀で囲まれた佐沼城跡の城内に入った。本丸のあったとされる辺りには、短い草が生い茂り、俄かにはここで凄惨な殺戮が行われたという実感は湧かなかったが、成実日記(伊達成実の日記)には「家中百姓三千余人、本丸に於いて打ち殺し候。城中の死骸あまりにも多く、人に人重なり、土の色は何も見申さず候」と書かれている。この時佐沼城で籠城に及んだ者は葛西系浪人、大崎の残党、古侍、百姓、郷侍など、その数は一万人以上に上ったという。(紫桃正隆著「みやぎの戦国時代 合戦と群雄」より)然らば、残りの七千人近くが逃亡に及んだか、激流渦巻く迫川に身を投じたのではないだろうか?

※雑草に覆われた本丸跡

佐沼城の傍に浄土宗大念寺があるが、その寺の近くの丘には首壇がある。首壇は小高い丘で前面道路との比高は約十メートル、すぐ傍には耕地も広がっている。首壇と彫られた石碑を前に、私は深々と頭を垂れ犠牲となった人々の冥福を祈った。

※首壇

最後に佐沼城と目と鼻の先にある伊達政宗陣所跡を訪れた。比高七~八メートルの小高い丘が政宗が陣を張った場所である。丘の頂には「貞山公営址碑」が立てられている。

ここから見ると西館(かつて佐沼城の一部だった部分)はごく目の前にあり、鉄砲隊率いる伊達軍に睨まれた一揆軍の恐怖は想像に難くない。

※伊達政宗陣所跡から佐沼城西館跡を望む

生き残る為には手段を選ばない冷徹ぶり。郷里の英雄を悪く言いたくないが、政宗は正に梟雄であり、気性が激しく、徹底した合理主義者でもあった。


午後からは天候も回復し周囲の木々は薫風にそよぎ、五月晴れに相応しい日和である。この天候とは裏腹に、何か胸のうちに重いものがこみ上げてくる今回の佐沼城訪問だった。

※佐沼城南部より伊達政宗陣所を望む

ミック挨拶
本日は去る5月5日に掲載した拙ブログの記事「伊達政宗が口封じの為に行った一揆弾圧」(ドキュメント)を基に、加筆修正を加え歴史エッセイとしたものです。戦国時代を生きるには、伊達政宗とて無慈悲にならざるを得なかった。そんな言葉で片付けるには余りにも凄惨な一揆制圧でした。政宗はこの他にも多くの口封じ(須江山に於ける葛西残党狩、関ヶ原の戦い以後の和賀忠親の謀殺など)を行いました。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)