FC2ブログ
靴が片減りして履けなくなることはよくあることだが、ダメ元で片減りした安全靴(バイクライディングに使用)のDIY修理にチャレンジしてみた。現状をご覧頂きたい。この通り外側のみが擦り減り、そろそろ捨てようか?と思っていたところであった。上手く行けば儲けものである(笑)

1現状

今回使用したのはだいぶ前に百均で入手した靴底補修キットである。三日月の形をしているが、4枚入りで販売されている。

2材料

先ずは靴底にやすりをかけて表面を清掃、研磨し接着しやすい状態にする。

3やすりがけだ

三日月型の補強材には両面テープがついていたので、敢えて接着剤は使用しなかった。これで上手く行くかどうかはわからないが、先ずは試験的にやってみるというつもりで作業を進めることにした。

4仮付け

この三日月型補強材は元々釘で打ち付けるようになっているが、釘では不安なので金属製のビスやスクリュー型の釘を試験的に使うことにした。靴底が思ったより硬いでのドリルで小さな穴をあけてから太めのビスをねじ込んだ。但し、ビスの締め過ぎは穴周囲の損傷に繋がるので注意して頂きたい。今回は力加減を確認し、敢えてインパクトドリルを使わず手締めのドライバーでねじ込むことにした。
5ビス止め

こんな感じで補強材をビスで固定した。問題は靴底が摩耗した際に、ビスの頭だけが突出する可能性があるということである。

6ビス止め完了

このままでは具合が悪いのでシリコンコーキングのブラックで周囲をコーキングすることにした。

7ブラックコーキング

周辺をこてで平滑に仕上げて終了。

8こて仕上げ

後はコーキングを乾燥させるだけである。フォーマルな靴でないのでこれで充分である。

9完了

横町コメント
今回はまずやってみることを念頭に置いて補修にチャレンジしてみました。コーキングも固まったようなので、近日中にバイクに乗って試してみたいと考えております。今回の補修が上手く行けば、スノーブーツ(レインブーツ)の補修にも取り組むつもりです。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
 

10六百横町
関連記事
[タグ] 靴底補修キット

コメント

私も以前、サンダルの片減りを補修したことがあります…。。。この時は、二液式の練り材を混ぜて片減り部分に盛り上げて、平らにするという方法でしたわ…。。。硬化が進むと硬質ゴム状になり、靴底と同じようになるのです…。。。また、片減りすると、また同様に盛り上げるということを繰り返し、通常の寿命の3倍の期間履くことができましたわ…。。。

URL | boubou ID:-

横町利郎様へ
これ!今、合鍵づくりの店が。靴の修理として行っているものと思われますが。これをご自分で直される。それもプロ並です。驚いております。有難うございます。

boubouさん、ありがとうございます。

今は3R(リデュース、リサイクル、リユース)の時代です。実は今回お披露目した以外にもいろいろとやっていること(スリッパやサンダルの延命術)がありまして、内容を絞った上での掲載です。(笑)

テーマには「なるべくコストをかけないで」というのがございます。このコーキングは300円で釣りが来ます。先ずは今回叩き台となればいい、至らない部分があれば次回に反映させたいと捉えています。お陰様で、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

不あがりさん、ありがとうございます。

この手の記事はやや躊躇(以前震災後の壁紙の復旧方法をブログに掲載した際に、関係者と思われるかたかたから「仕事がなくなる…」と申し立てを受けた経緯あり;)がございます。’オチ’はけしてプロ並みの仕上がりでなく銭の取れないレベルにあるという点です。プロフェショナルのかたにはこれに免じてご容赦願いたいと考えております。

本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

お早うございます、

靴底の修理は素人には難しいと思いましたが、
中々の出来栄えですよ、
百均に此の様な靴底補修キットも販売でしたか、
これは挑戦してみる価値が有りそうですね、

URL | 雲MARU ID:-

これだけの出来であれば。

横町利郎様へ
お言葉を返すようで申し訳無いのですが。業者さんと思われる方から文句とは言わないまでもコメントを頂くという事は立派な出来と思われているからだと私は思います。有難うございます。

こんばんは~♬

靴の修理まで~
すごい!です。
わたしも昨秋に購入したスリッパの底が、
もうすり減ってきました。
外の靴よりも簡単そうなので、修理に挑戦してみます。いつもありがとうございます。

URL | 布遊 ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

対象がダメ元の安全靴なので、試行錯誤にはちょうどいいと考えてのDIYでした。先ずは歩いてみて、摩耗や剥がれに対してどれだけ抵抗力があるのか試してみたいと考えております。道具としてドリルややすりなどがあると、さほど難しくないですが、靴職人さんのような完璧な結果は最初から諦めています。

本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。


不あがりさん、ありがとうございます。

3Rの時代とは言え、時にDIYの記事をブログに掲載して気を遣うことがございます。要は技術を盗むのは問題ないのですが、それをどの程度ブログで公表するべきか、投稿ボタンを押す際はよく考えるようにしています。

或るかたからはそこまで考える必要はないと言われたこともございますが、このあたりの見極めは結構難しいと捉えています。本日も有意義な御意見を賜りました。ありがとうございます。

布遊さん、ありがとうございます。

履物は修理を施すことで大幅に延命を施すことが可能になります。草鞋など昔は「繕い」が当たり前でしたが、わが国では高度経済成長の頃から徐々にこうした考えが衰退し、使い捨ての風潮が国民の間に台頭してきた感がございます。

但し、昨今は環境問題などで3Rが掲げられ、徐々に意識が戻ろうとしていると考えております。実は今回紹介したリデュース術は自分の目指す3Rのごく一部分に過ぎません。範囲が結構広いのです。このカテゴリー(ヤフーブログでは書庫と表現)の「私のこだわり・DIY」の趣旨は3Rです。これからも支障のない範囲で紹介して参りたい所存です。

お陰様で、今回も格別なる追い風を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。



横町利郎様

私はダンス靴がヒールの外側だけがヘリます。
O脚気味なのですね。そんな時はバランスがうまく
保てません。ナイフで削ったり、ヒールカバーで
調節します。ダンス靴は高価なので修理して使っています。
3R環境保全のためにも大切ですね。これからも頑張ります。
いつもありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

実はスニーカーやサンダルはだいぶ前からDIY補修を行い、それなりの成果を得て参りました。そんな折、或る営業マンからビジネスシューズの靴底は外側が擦り減り、一定期間履いたら買い替えねばならないという話を聞かされました。実は数日前にレインブーツの修理に挑み、まあまあの成果を実感した次第です。

今はこのような便利な修理キットが発売されているので、自分もいつしかビジネスシューズの修理にチャレンジしたいと考えております。カギは「コーキングよりも堅い補修材」の入手です。スニーカーや安全靴などは見栄え的にコーキングで十分ですが、フォーマルに近いものになればなるほど材料の選択には吟味を要します。

DIYでのダンス靴の修理は難易度が高いと思いますが、大変すばらしい指向と察しております。是非自分も見習いたいと考えています。お陰様で、本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。


コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)