FC2ブログ
ALBINONI: ADAGIO - XAVER VARNUS PLAYS THE INAUGURAL ORGAN RECITAL OF THE PALACE OF ARTS OF BUDAPEST


リンク曲について
ヤフー時代は何度かリンクした「弦楽のためのアダージョ」だが、FC2ブログを始めてからは初めてのリンクになる。或るブロ友様は精神状態が落ち込んでいる際に、この曲を聴くのは辛いとおっしゃっていた。確かに暗さを伴った部分があるこの曲だが、人生における明暗を暗喩した曲と感じなくもない。

人生沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」という言葉があるが、これは多かれ少なかれどんな人間も体験していることに相違ない。人は運気が高まれば、油断に走りそのまま好調が順調に推移すると考えてしまう。ところが人生はそんなにあまくない。必ずと言っていいほど、上げ潮の後には引き潮が待っているのである。

過去のことはあまり思い出したくないが、私にとっての引き潮は四十代後半~五十代前半にかけてであった。未練がましくなるゆえ、今更その時のことをああだこうだとは述べたくもない。だがけして悪いことばかりではない。人間は逆境に立たされることで強くなることができるからだ。

然るに、この図式には「但し書き」が存在する。それは壁にぶち当たってもけして逃げないということである。正直に言えば、その頃の私は何度現実から逃れようと思ったのかわからない。現実から逃げ出したくなる私の気持ちを何度も押し戻してくれたのが、尊敬して止まないルーツの存在である。

我がルーツに恥ずかしくない生き方を思えば、自ずとその時に為すべきヒントが浮かんで来るのである。いざ、このような局面に際したら祖父ならどうするか?それを己の胸に問う時、微かに物事を解決に導くための助言が聞こえてくる気がするのである。今でも自分はこの荘厳極まる曲を聴くとき、それを強く意識し、改めてルーツへ深い畏敬の念を寄せるのである。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昨日に続き、本日の出勤時の画像を掲載する。但し場所は意図的にずらした。これは広瀬通以南の一番町である。撮影時刻はAM6時57分頃ゆえ、まだラッシュには至ってない。

1アーケード入口

広瀬通は昨日紹介した一番町の北側(定禅寺通~広瀬通)よりも仙台駅に近い。このセクション(広瀬通以南~南町通)の商店街は全天候型アーケードとなっていて、一年を通じて安定したコンディションとなっているのを実感する。

2広瀬通り近く

勤務先が仙台市の心臓部に近い。自分はこの恩恵を強く感じている。その恩恵の一つが毎朝のカフェ(サンマルクカフェ仙台一番町店)への立ち寄りである。ここで毎朝、出勤前の掛け替えのない一時間を過ごしているのである。

3サンマルク前にて

いつものように顔馴染みとなった女性服装デザイナーと挨拶を交わした後で、私は奥の座席のほうにある中庭に目をやった。女性デザイナーは「そろそろ梅が咲きそうなんで楽しみなんです。」とおっしゃられた。その言葉にときめきを感じた私が中庭に行くと若木が葉をつけていた。私は女性に「なかなかいい中庭ですね。三月中に花が咲けばいいですね」と返した。

4中庭

横町コメント
本日は水曜日でしたが出勤日でした。その出勤日に大変縁起のいいものを拝見させて頂いた気が致しております。英国の古い諺に「三月はライオンのごとくやってきて、子羊のごとく去ってゆく」というものがありますが、ここ数日はこの木の変貌ぶりと、子羊のように去って行こうとしている三月の余韻が気になる日々が続そうです。

そんなことを考えているうちに桜の花が咲くのかも知れません。(今年の開花予想は3月末)世はコロナウイルスに振り回されていますが、自分はこれに過剰反応することなく、見るべきところを確と見据えて、新たな春の訪れを愛でたいと考えております。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

5六百横町
関連記事

コメント

こんばんは
 とてもいいお時間をお過ごしになっていらっしゃ
 るのですね。
 桜の開花ももうすぐ。待ち遠しいですね。
 

URL | こだぬき ID:-

こんばんは

弦楽のためのアダージョは色々な苦境を乗り越え気持ちを浄化させてくれるような神聖さも感じます。朝でのカフェでのひと時、仕事の前の大切な時間ですね。ここから梅の花が眺められると更に心地よい時間を過ごせそうですね。

URL | Joey rock ID:-

こだぬきさん、ありがとうございます。

毎朝出勤前にしていることを紹介させて頂きました。普通なら一時間でも寝ていたいと考えるのかも知れませんが、自分は時間を削ってでも朝カフェタイム(読書と執筆による自己啓発の履行)を確保しなければならないと考え、十年近く(定年退職にともない分断はありますが)その習慣を貫いています。

季節もよくなってきましたので街路樹の変わりようも楽しみにしています。顔見知りのかたとの触れ合いも追い風となっています。今回も格別なるエールを賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

「弦楽のためのアダージョ」を聞く際、自分のセカンドライフのあるべき方向性(様々な確執の浄化で新たな境地を拓く)を重ねます。
朝カフェタイムは自分の再出発の原点であり、十年近く(定年した頃を除く)行っています。これから得たものは計り知れない気が致しております。これからも継続して参りたい所存です。

PS:アメブロですが、数日前からスパム防止の目的?でアメブロ会員以外のURLリンクが利かなくなりました;それにも関わらずコメントを頂いたことに深く感謝しております。改めまして、これからも宜しくお願い致します。

本日も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

お早うございます、

出勤前の早朝のコーヒータイムですね、
仙台と我が地とは緯度の差で幾分季節感が違うのを改めて感じました、
我が家の梅も既に散り果て剪定した枝には新芽が
出初めています、
桜も7〜8分咲きですよ、
サンマルクカフェ仙台の中庭は洒落ていますね、

URL | 雲MARU ID:-

横町利郎さん

「弦楽のためのアダージョ」
聴いたことはありましたが
タイトルは、知りませんでした

なんか、人生の荒波をくぐり抜けた方の
悟りを開いたような気持ちに...

このような心境になれましたか?
紹介ありがとうございます。(^_-)-☆


URL | まりっぺ ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

花に疎い私ですが、カフェの中庭の花は存在感があり、咲くのを楽しみにしています。毎朝の日課とも言える朝カフェ通いですが、モチベーションが高揚に至り、心身に追い風を感じる気が致します。

本日も格別なるエールを賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

まりっぺさん、ありがとうございます。

音楽ほど人間の嗜好が分かれる分野も少ないと捉えています。にもかかわらずブロ友様からリンクした音楽を聴いて頂く。これだけで感謝しなければなりませんが、感想まで頂く。ブロガーとしてこれ以上の冥利はないと認識しております。

重々しい旋律を有するこの曲ですが、人生の明暗をよく表した曲と受け止めております。瞑想しながら聴く。自分にとってのこの曲は、我が後半生を振り返るに相応しいもので、沈んでいた頃の心境を比喩するのに最も近い曲とも捉えています。演奏者のことは詳しくは知りませんが、真剣な表情に心打たれる気が致します。

さてご質問の件ですが、神でない人間が悟りを開くというのは、厳密には過去形ではなく進行形でなければならないと考えております。即ち、悟りの境地は人それぞれであり、そこに到達する道(哲学、宗教、私的な思考…)は無数に存在する所以です。ここで重要なのは「人それぞれの悟りへの道を重んずる」(自分の価値観を押し付けない)ことです。

たまたま自分の場合はサラリーマンとして生き残る為に学んだ儒教思想(論語を始めとした四書五経)が新天地をもたらしました。唯我独尊を回避し、共存共栄を模索するスタンスに至る過程は難産でしたが、それまでのつけ(若年時の楽観的思考)が回ってきたとも考えております。

拙ブログには勝負記事とそうでない記事があります。本記事は勝負記事ゆえ、おはからいに感謝しております。本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

「弦楽のためのアダージョ」、初めて聞いた曲だと思うのですが(貴兄の過去ブログですでに聞いているかもしれませんが…)、バックに低く低音が響く中、なかなか厳かな曲ですね…。。。

ゆっくりと人生を振り返りたいときに、ゆっくりと聞けば、いい曲かもしれませんね…。。。素晴らしい曲のリンクをありがとうございました…。。。

サンマルクでの、懇意のご夫人との梅の開花に関する会話、仙台では梅と桜の開花時期が比較的近いのですね…。。。関西では、もうとっくに梅は見られなくなりましたが、桜は、つい先ごろ開花したばかりです…。。。

URL | boubou ID:-

boubouさん、ありがとうございます。

休みの前ということで、アルコールと音楽を使って文章を考えた記事となります。それは文章を考えること自体が趣味だからです。自分はブログをデジタル上に存在する真っ白なキャンバスと位置付けていますが、それを生かすも殺すも己次第。ライトな記事が続いたとき、時にこのような勝負記事を配したいと考えております。

オリジナリティの重視がモチベーションを一層高揚させてくれる。これぞブログの醍醐味と捉えています。この音楽はとにかく深いですね。自分の中では、五十代の停滞とその後の復活を重ねるのに相応しい曲と考えております。その曲に評価を頂いたことに深く感謝しております。お陰様で、本日も格別なるエールを賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎様

「弦楽のアダージョ」何度か聞いたことがあります。
荘厳な曲で重く深いですね。
サンマルクカフェの中庭に梅の花が咲いて
春を告げています。
やがて桜も咲きますね。
朝の一時、熱いコーヒーは活力の源になりますね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

リンク曲への感想を頂き感謝申し上げます。YOU TUBEのブログへのリンクはリンク無効になる恐れがありますが、それでもブログに欠かせない要素(あるとなしではモチベーションが全く異なる)と捉えています。自分は休日のブログ更新時、時に音楽を聴きながら、過去への回想を試み、思いついたことを文章に綴ることに意義を感じています。これは時間がないとできないのですが、それだけに文章には本音が出て参ります。

但し、つまらない過去への反芻はブロ友様や読者に不快感をもたらすだけなので避け、未来に何を見据えるか?に焦点を絞っています。本記事はこの世に生かされていることの意義を己の胸に問う。そのようなテーマで書き上げたものです。ご拝読を授かり、ただただ感謝の極みにございます。

ホームグランドのサンマルクカフェの中庭の木、昨日も見て参りましたが、梅でないかも知れません。但し若葉の面積が日々増しているのに気づき、感動した次第です。出勤前の一時間をこのカフェで過ごすのは自分との対話でもございます。もちろん今日も足を運びます。おはからいにより、今回も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)