fc2ブログ
本日は休みを利用してバイク用の透明ゴーグル(メガネ式)の改造を行った。透明ゴーグルは百均製品で、メガネの上からかけられるとはされていない。右は数年前にホームセンターで購入したメガネの上からかけられる色付きゴーグル(サングラスタイプ)である。両者を比べてみて、決定的に異なるのが上側の’へりの出’の寸法である。その差は1センチほどで、このへりが出ていないとメガネ(老眼鏡)に引っかからず、バイク用として使うには具合が悪いのである。

1両者の比較

使用した道具を紹介したいはんだこてと作業用皮手袋である。はんだことの作業は火傷の危険があるので、皮手袋の使用は必須である。

2はんだごて

墨出しをしてカットするラインを描く。アクリル板は後から削り加工が可能なので、少し大きめにカットするのがコツである。曲面部は糸ノコギリも使ってみたが、時間が掛かるので諦めて、はんだこてで溶かしながら切ることにした。

3溶かして切る

ブーメラン型にカットした後でカッターやヤスリで’バリ’取りをする。

4カッターバリ取り

アクリル板を百均の透明ゴーグルにあてがってみた。こんな感じである。

5宛がう

この部分が干渉するとまずいので、あらかじめ逃がしてカットしておいた。

6カット

透明ゴーグルの’へり’は緩やかな曲面になっているので、それに合わせてアクリル板を曲げた。これをするにもはんだこてがあると便利である。

7熱して曲げた

接着面に透明のシリコンコーキングを塗って、接着する。固まるまでクランプで固定する。これでいよいよ完成である。

8クリップで固定

横町コメント
市販品の中には、あと一押しが足らない製品があります。百均で販売されている透明ゴーグルも恐らくメガネの上からかけるのを想定していないのでしょう。でもそれがないからと言って私は諦めません。DIYで作ればいいのです。完成した改造ゴーグルはバイクライディング時のみでなく、グラインダー作業時も活躍してくれることでしょう。そんな本日の合言葉は「ないのなら、作ってみせよう!ホトトギス」です(笑)本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

9六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)