FC2ブログ
 Van Halen - Eagles Fly - 8/19/1995 - Toronto (Official) 


リンク曲について
ヴァン・ヘイレンの曲と言えばJampやDreamsのように宙を舞うイメージの曲が多い。このEaglesもそんなイメージの湧く曲である。但し、JampやDreamsのような終始ハイテンションな旋律でなく、しみじみとしたシーンも織り交ぜ、聴かせ処を心得た曲である。サイモン&ガーファンクルのコンドルは飛んで行くのような猛禽類が大空に鷹揚と舞うシーンを連想させるリズムには、俗離れしたものを感じるが、一度目よりは二度目、二度目よりは三度目と徐々にリスナーの耳を捉えてゆくという、懐の深さも感じさせる。

分がこの曲からイメージしたのは自由である。コロナウイルスのことが始終頭から離れない今こそ、このような曲で憂さを晴らし、精神的な自由に浸り明日への英気を養いたい。合わせる酒はもちろんスコッチのオンザロックである。とにかく最善を尽くす。コロナウイルスに立ち向かうには、これ以外何も浮かばないが、余計な雑念は一切無用である。今宵はその雑念を飛ばすために、この曲を聴きながら、ひと時の空中遊泳に我が身を委ねたい。

0イーグル

さて、一昨日の金曜日(3日)はコロナウイルス対策として、建設業向けの「フルフェース型ヘルメット」を紹介したが、昨日はこれを参考にDIYでこれに似たものを作ってみた。使用する材料は建設現場用ヘルメット(耐用期限を過ぎたヘルメットでも構いません)とオートバイ用ジェット式ヘルメットに装着する透明シールド(フェイスガード)である。

現場用ヘルメットは古いものを清掃の上で使うことにした。(コストはゼロ)透明シールドは全国のホームセンターやバイクショップなどで購入可能だが、価格は¥2000ほどである。このような工夫でトータルコストは¥2000で押さえられた。既製品(市販品)の価格が1万円強なので、コストパフォーマンスは抜群と言っていい。

先ずはヘルメットに合わせてみて穴を開ける位置のマーキングである。

1穴の位置を決める

ヘルメットの材質はFRP若しくはABS製だが、どちらも電気ドリルで簡単に穴が開けることが可能である。但し、破片は人体に有害なのでくれぐれも吸い込まないようにして頂きたい。

2穴あけ

穴にナットを挿入する。結構力が掛かる部分なので、少し大きめの座金を使う必要がある。

3大きめの座金

外から見るとこんな感じになる。

4ボルト出し

後は、オートバイ用のシールドを取り付けるだけである。シールドも結構衝撃に弱いので大きめの座金を使う必要がある。

5完成

コロナウイルス対応フルフェースヘルメットを製作した後で、一昨日紹介したドアチェック操作用ステンレスアングルの改造を行った。万力を使って固定し、尖った部分を研磨する作業である。この作業は結構危険なので油断は禁物。研磨した金属片が目に入らないようにする必要がある。今回は製作したばかりのフルフェースヘルメットと皮手袋を着用の上で慎重に作業を進めた。

6グラインダー

仕上がりはご覧の通り、これで格段と使いやすくなった。明日以降は大いに役立つことだろう。

7面取り

横町コメント
数少ない私の取柄は行動力です。コロナウイルスに対しては受けに回るだけでなく、能動的に打って出たい。そんな強い気持ちがこのようなアイテムの製作の動機に一役買いました。作ったからには使わないと意味がありません。下手をすると「個人主義者」などと言われかねませんが、そんなことに怯まず、先ずは先陣を切りたい所存です。

例えばスーパーマーケットなどでの買い物ではどうしても密集、密閉、近距離での対話のリスクを伴いますが、このヘルメットを被って、その上にマスクを着用してコロナウイルスの脅威に立ち向かって参ります。自分は元々奇人変人を自覚しているので、人目は一切気にしないと公言させて頂きます。空気を読めないのとわざと読まないのでは全く意味が違いますが、包み隠さず話せば自分は後者のほうです。(笑)

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

はやくてフルフェイスヘルメットが
出来たのですね。
行動がとても早いです。

混み合うスーパーなどで威力を発揮しそうですね。

URL | つや姫日記 ID:-

こんばんは

マスクも購入が難しい今、自作でコロナ対策をして
立ち向かう事を実行されるのは、とても大切な事ですね。感染が広がる中でも仕事や買い物をする為に外に出る時間は誰しもありますし
こうやって一人一人が予防する事を工夫する事が大事だと思います。ヘルメット、良いですね!
曲は穏やかな中にも強さを感じました。

URL | Joey rock ID:-

先日、紹介していただいたヘルメットの自作版ですね…。
ここまで自作されるとは驚きと共に、強い前向きの姿勢を感じました…。
元気付けられる記事を、今日もありがとうございました…。

URL | boubou ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

コロナウイルスに関しては、週末には県や市から外出自粛要請が出され、もはや被るのを恥ずかしいと言っていられない段階と受け止めております。作ったからには被らないと意味がありません。個人主義という見方もあるかも知れませんが、自分がまず率先して着用したいと考えております。

本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

自分も含めて日本人は組織の中で「私に走る」のを極度に嫌う傾向があります。それでもどこに感染者が潜んでいるのかわからない状況下で、そんな流暢なことは語っていられない状況と考えております。現状の個人の危機管理を見ますと、あまりにも個人差があり過ぎます。(マスクをかけないで人に話しかけるのは論外と受け止めております。)
既にマスクでは不十分という見解が出ている以上、自己防衛に走るしかないと捉えています。

なぜ、このようなフルフェースヘルメットを推奨しないのか?自分は逆にそちらのほうに疑問を持ちます。お陰様で、今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

コロナウイルス感染対策としてマスクは不十分と言われますが、今までやってきている防衛策(手洗い、消毒、マスク)だけでは不足(生ぬるい)と考えております。
今はどこに感染者がいるのか?全くわかりません。然らば危機意識を自ら表明する意味で、このヘルメットとマスクの併用を自ら示したい所存です。

本日も有意義な御意見を賜りました。コメントを頂きありがとうございます。

お早うございます、

コレは良いアイデアですよ、
発明家で有名な◯✖️氏が考案したのはバンダナ状の
下に透明シ−ルドが付いていました、
マスクだけでは目が保護出来ないのでしたね、

これならコロナウイルスを寄せ付けません。

URL | 雲MARU ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

DIYのヘルメットは頭からすっぽりとかぶることでウイルスを寄せ付けないところがミソです。また表面が平滑で拭き取りやすくて衛生的とも言えます。昨日は作業ゴーグルを着用し効果も感じましたが、より高い防衛を求めるのならこのヘルメットと察しております。

本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)