fc2ブログ
 Van Halen - Eagles Fly - 8/19/1995 - Toronto (Official) 


リンク曲について
ヴァン・ヘイレンの曲と言えばJampやDreamsのように宙を舞うイメージの曲が多い。このEaglesもそんなイメージの湧く曲である。但し、JampやDreamsのような終始ハイテンションな旋律でなく、しみじみとしたシーンも織り交ぜ、聴かせ処を心得た曲である。サイモン&ガーファンクルのコンドルは飛んで行くのような猛禽類が大空に鷹揚と舞うシーンを連想させるリズムには、俗離れしたものを感じるが、一度目よりは二度目、二度目よりは三度目と徐々にリスナーの耳を捉えてゆくという、懐の深さも感じさせる。

分がこの曲からイメージしたのは自由である。コロナウイルスのことが始終頭から離れない今こそ、このような曲で憂さを晴らし、精神的な自由に浸り明日への英気を養いたい。合わせる酒はもちろんスコッチのオンザロックである。とにかく最善を尽くす。コロナウイルスに立ち向かうには、これ以外何も浮かばないが、余計な雑念は一切無用である。今宵はその雑念を飛ばすために、この曲を聴きながら、ひと時の空中遊泳に我が身を委ねたい。

0イーグル

さて、一昨日の金曜日(3日)はコロナウイルス対策として、建設業向けの「フルフェース型ヘルメット」を紹介したが、昨日はこれを参考にDIYでこれに似たものを作ってみた。使用する材料は建設現場用ヘルメット(耐用期限を過ぎたヘルメットでも構いません)とオートバイ用ジェット式ヘルメットに装着する透明シールド(フェイスガード)である。

現場用ヘルメットは古いものを清掃の上で使うことにした。(コストはゼロ)透明シールドは全国のホームセンターやバイクショップなどで購入可能だが、価格は¥2000ほどである。このような工夫でトータルコストは¥2000で押さえられた。既製品(市販品)の価格が1万円強なので、コストパフォーマンスは抜群と言っていい。

先ずはヘルメットに合わせてみて穴を開ける位置のマーキングである。

1穴の位置を決める

ヘルメットの材質はFRP若しくはABS製だが、どちらも電気ドリルで簡単に穴が開けることが可能である。但し、破片は人体に有害なのでくれぐれも吸い込まないようにして頂きたい。

2穴あけ

穴にナットを挿入する。結構力が掛かる部分なので、少し大きめの座金を使う必要がある。

3大きめの座金

外から見るとこんな感じになる。

4ボルト出し

後は、オートバイ用のシールドを取り付けるだけである。シールドも結構衝撃に弱いので大きめの座金を使う必要がある。

5完成

コロナウイルス対応フルフェースヘルメットを製作した後で、一昨日紹介したドアチェック操作用ステンレスアングルの改造を行った。万力を使って固定し、尖った部分を研磨する作業である。この作業は結構危険なので油断は禁物。研磨した金属片が目に入らないようにする必要がある。今回は製作したばかりのフルフェースヘルメットと皮手袋を着用の上で慎重に作業を進めた。

6グラインダー

仕上がりはご覧の通り、これで格段と使いやすくなった。明日以降は大いに役立つことだろう。

7面取り

横町コメント
数少ない私の取柄は行動力です。コロナウイルスに対しては受けに回るだけでなく、能動的に打って出たい。そんな強い気持ちがこのようなアイテムの製作の動機に一役買いました。作ったからには使わないと意味がありません。下手をすると「個人主義者」などと言われかねませんが、そんなことに怯まず、先ずは先陣を切りたい所存です。

例えばスーパーマーケットなどでの買い物ではどうしても密集、密閉、近距離での対話のリスクを伴いますが、このヘルメットを被って、その上にマスクを着用してコロナウイルスの脅威に立ち向かって参ります。自分は元々奇人変人を自覚しているので、人目は一切気にしないと公言させて頂きます。空気を読めないのとわざと読まないのでは全く意味が違いますが、包み隠さず話せば自分は後者のほうです。(笑)

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

8六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)