fc2ブログ
 Foo Fighters - Rock And Roll (Live At Wembley Stadium, 2008) 


リンク曲について
ブログでの音楽リンクは難しい。一人で楽しむ分はいいのだが、読者の耳に馴染むという保証は何一つない。人によってはスルーとなるだろう。それでも私が音楽リンクを止めないのは、自分自身のモチベーションを落とさないためである。もし、人様から「あなたにとってブログ運営のコツは何か?」と聞かれたら「モチベーションを落とさないことです」と即答することだろう。ブログの継続は一にも二にも、モチベーションがすべてと言っていいのである。

では、どうやってモチベーションを高揚させているのか、具体的に説明しよう。五感すべてとは言い難いが、少なくとも視覚のみでなく聴覚からも脳に信号を送るということである。これにアルコールが加われば、まったく別物となる。これによって自分の脳内ではドーパミン(人間の快感を司る分泌物)が吐出されることだろう。フー・ファイターズ(Foo Fighters)の曲は初めてリンクするが、本日は記念すべき日ゆえ、これを強く意識したうえで、ハードロックをリンク曲に選んだ次第である。

ところで55秒ほどから登場するギタリストは自分と同じくらいの年恰好か?自分の好きな道を突き進むには年齢などは関係ない。彼の演奏を見ているとそのようなメッセージを発している気がしてならない。精神年齢を若く保つ最大の秘訣は、自分はまだまだ若いという自己暗示をかけることだろう。やはり人は気から老いるのであり、精神だけでも若くありたい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて冒頭で述べた記念すべき日についてご説明したい。実は本日をもって、FC2ブログの記事の更新が通算で一年となったのである。FC2ブログを運営するにあたって意識したのはアバターの設定である。外見もそうだが、自分の内面が出たアバターを探し回ったところ、このキャラクター(熟年の執事)がぴったりと考えた。自分は口ひげを生やし、角形の縁なしの眼鏡をかけているという理由もあるが、なんと言っても心の奥底に宿る精神(夏目漱石の言う「智に働けば角が立つ、情に掉させば流される…」)を強く意識したものである。

岡目八目(当事者よりも周囲の者のほうが物事の本質を見据えることが可能)をテーマに掲げるのであれば、智に働けば角が立つを恐れてはならない。時にリスクを冒しながらも世の様々な出来事を客観し、思ったことをずばっと述べる。これが私の目指すところである。但し、自分は独善に走るのを本意としない。常に世の中の人の六~七割はどう考えるのか?を強く意識した上で自らの心情を記事に表したい。

横町アバター

今年はうるう年なので、昨年の4月27日から本日まで366日となる。一年を振り返れば会社の行事などのため、更新が途切れそうになった日もあった。それでも一年間一日も欠くことなく更新できたのは、計画的な更新(夜、ブログ更新の時間がない場合は朝早く起きて記事を準備した)があったからである。

一年連続で途切れることなく毎日記事を更新する。その真意は「継続こそが力」というブログの法則を信じて疑わなかったからである。今からこの連続記録がどれだけ続くか知る由もないが、これからも一日一記事更新というコンセプトを変えることなく、ブログに真正面から向かって行きたい。

2FC2ブログこの一年

横町コメント
これまでモチベーションを落とすことなくブログを継続できたのは、偏にブロ友各位の厚誼があったからに他なりません。今のブロ友のほとんどはヤフー時代から付き合いのあるかたがたですが、この一年でFC2ブログでも新たなブロ友ができました。FC2ブログのカラーを述べるならば、ヤフーブログとは異なり、黙々と自分の記事を更新されているかたがほとんどということです。それでも時間を割いて自分のブログに訪問を頂くわけで、これには大変感謝しております。

自分のブログの特徴は
①文章と画像のバランスを常に意識する。
②ブロ友に負担をかけないよう画像の枚数や字数を考慮する。
③礼節、仁、誠、謙譲を重視する。(人様をけして損じない)
④趣味の分野の違いを全く問題としない。
⑤コミュニケーションを大切にする。
です。

これまでの馴染みのブロ友各位には日ごろのご愛顧に大変感謝しております。同時にこれからも新たなブロ友様を広く募りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)