fc2ブログ
武田邦彦】*話の後半が特にヤバい!!* ビル・ゲイツ財団 ホワイトハウス 中国 WHOの金の流れ・人体にチップを埋め込みウィルスコントロールする計画が大っぴらに進んでいる! 


リンク動画について
去る5月1日(金)放送の虎ノ門ニュース(出案は司会:居島一平、ゲスト:武田邦彦須田慎一郎)からの引用である。

2019年10月18日にforum201(フォーラム201)と題した会議(ジョンズ・ホプキンス大学と世界経済会議:別名ダボス会議、及びビルゲイツ財団が主催)がニューヨークで開催された。その内容はブラジルで豚から新型コロナウイルスが検出され、ブラジルで多くの感染者を出し、航空機を通じで世界に拡大しパンデミックに陥ったという詳細なレポート(シミュレーション)であるという。この信じられない情報は5月1日に放送された虎ノ門ニュース(拙ブログにリンク済み)をご覧になったかたは既にお判りいただいているものと察している。


折しもforum201開催の翌月(ほぼ一箇月後)に中国の武漢で発生したのがcovid-19(新型コロナウイルス)である。シミュレーションとしてはあまりにも超リアルであり、今回のcovid-19に酷似しており、場所と媒介した動物の種類(コウモリ)こそ違うものの、11月22日に中国の武漢から発生したcovid-19を予言するかのような内容になっている気さえする。


武田邦彦氏(中部大学特認教授)によると、日本のメディアはこの会議をほとんど取り上げていないという。(一時、日経新聞が記事を掲載したくらいであるという)


1豚を通じて

これだけの会議が開かれるということは、少なくとも関係者がウイルス拡大の危険性を認識していたことになる。逆に言えば全世界がこの危機感を事前に持っていたら、今回のcovid-19は全く異なったものになったはずである。この会議の開催を知る一部の識者や政治家でさえ、我が国では対岸の火事程度に思っていたのでないだろうか?武田教授は断言しないものの、背後に国家権力や企業の利権が関与している可能性があるという。


様々な情報を探ってゆくと今回の新型コロナウイルスは武漢のウイルス研究所で何らかの事故で研究中のウイルス(このウイルスが人工か天然なのかは敢えて触れないことにする)が漏洩した可能性があると私は考えている。forum201は御覧の通り、今でもインターネットで閲覧可能となっているので、詳しいことを知りたいかたは動画をご覧頂きたい。


 Event 201 Pandemic Exercise: Highlights Reel 



私は日本のメディア各位に問う。本来ならばこのforum201会議を「他山の石」としなかった政府の対応を追及してもいいのではないのだろうか?識者に問う。あなたがたはなぜ警鐘を鳴らさなかったのか?メディアの多くは、このような重要な内容の会議があったという事実を、なぜ半年以上も放っておくのか?あなたたちは何かに遠慮しているのか?これに触れるのはタブーなのか?知っているにも関わらず、何かを隠そうとしているのではないのか?私はこの動画を見てそのような理不尽なものを感ぜずにはいられないのである。


2ブラジル

これは新型コロナウイルス発症に関するメカニズムである。。現在ビルゲイツ財団は巨額を投じてワクチン製造のラインを整備しつつある。それもそのはず、このような危機感をだいぶ前から持っていたのがこの財団だからである。

3新型コロナウイルス模式図

横町コメント
このようなことを善意に解釈するのか?それとも悪意に解釈するのは、読者の皆さんの自由です。但し、これだけは断言します。隠し立てすることなく、このようなことが行われているのです。ビルゲイツ財団は先日も述べたようにWHOやホワイトハウスとも財政的に繋がっています。怪しいということだけで済むのかどうかは各自の判断に委ねたい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)