fc2ブログ
今月初め母親の介護で腰を痛めた。この時の状態は軽度だったが、治りかけた二日後、こともあろうが母の全体重を無理な姿勢で受けてしまい、ダメージが一回目よりはるかに大きかった。それでも会社を休まず、北京原人のような姿勢で出勤した。カッコ悪いが仕方ない。パソコンに向かう仕事が主なので、毎日夕方近くになると前傾が更にきつくなり辛かった。

今回の腰痛で活躍したアイテムである。
上:百均で購入したステッキ(木目柄にテープを巻いてブラックに変更)
下:自作腰痛緩和ベルト(以前紹介済み)

市販の湿布薬としてリフェンダフェルブナクを腰に貼った。最初はスースー
して気持ち良いのだが、夕方近くになると気休め的なものとなる。これには参った。

飲み薬はノーシンの散剤(粉状)である。これはまあまあ効いたが食後しか飲めない。これも気休めに過ぎない。

横町挨拶
今回の腰痛は先々週中頃~今週中頃がピークで一週間も続きました。毎日前かがみで、ステッキをついての出退勤(一日だけ雪の日の出勤があった)はさすがに堪えました。
そんな自分を支えたのはもちろん武士道です。なんのこれしき、こんなことには屈しない。自分には這ってでも会社に行ってやるという強い気持ちがありました。表面上は腰は曲がった状態でも、辛さを他人に悟られないよう極力笑顔かポーカーフェイス
を装いました。

先週末から徐々に痛みが和らぎ、本日は背筋が伸びた状態で近所に散歩に出かけました。女房には大変迷惑をかけてしまいましたが、ケアマネージャーから介護のコツ(力でなく要領がものを言う)をいろいろと教わり、以後は再発しないよう心がけたいと思っています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)