fc2ブログ
※以下は河北新報(宮城県の地元の新聞社)からの引用である。
厚生労働省が新型コロナウイルスの感染歴を調べる「抗体検査」を宮城、東京、大阪の3都府県で6月にも実施する方向で最終調整に入ったことが14日分かった。感染者が増え続ける東京、大阪と、小康状態にある宮城とのデータを比較分析し、外出自粛の実施や解除といった今後の政策判断に生かしたい考えと見られる。新型コロナの大規模な抗体検査が国内で行われるのは初めてとなる。

宮城県県内の調査数は全35市町村の約3000人となる見込みという。無作為に抽出というのがポイントで、東京、大阪との比較に当たり、厚労省は
(1)人口200万以上
(2)100万人規模の大都市を有する
の2条件を満たし、かつ感染率が低い県を想定したとされる。宮城県は10万人当たりの感染者の累計が全国最少(3.8人)であり、政令都市の仙台を有していることから、(1)と(2)の条件を満たしたものと見られる。

宮城県としての見解は抗体検査に携わることで、新型コロナ対策の知見やノウハウを得られる可能性があり、検査対象に選ばれたのは歓迎するべきことと表明している。

0宮城で抗体検査

新型コロナウイルスに関しては現在三つの検査が知られる。抗体検査は短時間で抗体の有無がわかるが、キットによりバラツキが生じると言われる。

1三つの検査

改めて、PCR検査について説明したい。ウイルスそのものの有無を明確にできるとされるが、専門家の意見としては必ずしも多数の検査を必要としない(無症状者までは必要ない)という考えが多数を占めている。

2ピーシーアール

これに対して抗体検査は過去に新型コロナウイルスに感染したことがあるか否かを調べるもので、一部の欧米諸国では職場復帰などの条件に掲げられるなど、意義の大きいものである。集団免疫という考え方から行くと、抗体獲得者は無感染者への防波堤の役割を果たすとも言われている。

以前は抗体獲得者が免疫獲得者とは言えないという懸念があったが、最新の研究では新型コロナウイルスに関しては、抗体獲得が免疫獲得に近いと考えていい(但し臨床例が13/14と少ない)という見解も出されている。

3抗体検査とは?

横町コメント
私自身も2月末に東京に出張しているので既に抗体が出来ているのか気になります。感染者の多い東京や大阪の抗体獲得者が多いというのは想像がつきますが、我が宮城県で凡そどれだけのパーセンテージの人が抗体を獲得しているのかを是非知りたいと考えています。

一般的に集団免疫が有効に働くのは抗体獲得者が全体の60%~70%程度とされますが、実行再生産数の値にもよると言われます。政府が公式な実行再生産数を発表しようとしないので、この数値(6~7割)は必ずしもあてにならないのかも知れません。

それは、さておき、ランダム抽出ということは私も対象者に選出される可能性があるわけで、自ずと関心は高まります。東京でも僅かな数値ゆえ、我が宮城県の抗体獲得の数値はたかが知れているのかも知れません。それでも今後の対応を決める指標となり得るだけに、検査には着目して行きたいと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)