FC2ブログ
 Johann Strauss I - Radetzky-Marsch, Op. 228 


リンク動画について
久しぶりのラデツキー行進曲リンクである。ラデツキー行進曲ヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲で最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でも有数の人気曲である。1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。

自分は行進曲を好むが、この曲は歌劇カルメンのMarch of Toreador(闘牛士の行進)やアメリカ海軍行進曲である Anchors Aweigh(錨を上げて)と並んで、トップに位置する曲である。自分のブログでは、モチベーションを上げたいときにリンクするのは国歌のリンクもあるが、外国国歌をリンクするとどうしても君が代と比較されるため、特別な事情(スポーツの国際試合)がない限り控えることにしている。

話は脇道に逸れるが、自分としては早く日本全土が緊急事態宣言解除となり、いつしかスポーツの国際試合が帰ってくるのを心待ちにしている。

ヨーゼフ・ラデツキー将軍

我が宮城県は去る5月11日に緊急事態宣言が解除になり、本日をもって新型コロナウイルス感染者は19日連続で確認されていない。二十四節季の小満も近い本日、私は愛用の折り畳み自転車を駆って街に出ることにした。自転車を仙台メディアテークに止め、先ずは番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。残念ながら人通りは従前の通りとは言い難い。直感だが3割~4割は少ない気がする。

1一番町1

仙台のデパートを代表する三越、久しぶりに入口に人が立っていた。これを見てほっとしたのは自分だけではあるまい。昔の一番町を知る熟年にとって、多くの店が時代の移り変わりとともに姿を消していったのは寂しいことである。だが、その中でもこうして頑張っている店が存在する。仙台三越は一番町の北側の入口50メートルほどの場所に店を構えているが、これは一種のステータスでもある。

仙台にゆかりのあるかたにおいて、若い頃を振り返ればデートの待ち合わせ場所に三越前が選ばれたことも多いことだろう。昭和の後半、三越近辺には純喫茶もあった。クラブ全盛の時代、お忍びなら純喫茶で同伴する男女も多かった。但し、今こんな語り草をしても若い年代のかたの多くは首を捻るに違いない。

1985年(昭和60年)に「街道をゆく 仙台~石巻」の取材で仙台を訪れた司馬遼太郎は仙台駅から続く中央通~一番町商店街の賑わいを大いに讃えた。会津へ理解を示すなど東北贔屓の司馬であったが、私はそんな彼を深く敬愛して止まない。

2三越前

番ブラの後で西に向かい、晩翠通に出た。立夏ということもあり、街路樹の青葉が眩しい。それでも人の心は正直である。車の交通量は依然として少ない;新型コロナウイルスさえなければ、昨日と本日は仙台青葉まつりが開催されたはずであった。それについてああだこうだと述べれば未練になるので控えたい。

3晩翠通青葉

晩翠通と言えばドン・キホーテ晩翠通店である。一階には弁当屋のおおどりぃが入っている。とにかく安い!ここで税込み100円で晩酌の肴(ひじきと薩摩揚げと油揚げの煮つけ)を買った。緊急事態宣言発令の際は休店していたおおどりぃがこうして再開した。これは大きな朗報に相違ない。

4おおどりぃ

仙台メディアテークはネット予約のみ、本の貸し出しをやっている。実物を見てから図書を借りるのは自分の信念だが、ネット予約をしてまで本を借りる気には到底なれない。早く書庫の閲覧を再開して欲しいところである。

5メディアテーク

メディアテークの後で向かったのは西公園(藩政時代は大名屋敷があった場所)である。ベンチの前で折り畳み自転車を止めた私は、昼食(クラッカー&バナナ)をとることにした。

6西公園折り畳み自転車

軽食で昼食を済ませた後で、自転車を押しながら西公園を歩いた。子供たちの笑顔が何よりもうれしかった。

7子供たち

横町コメント
自分は深くルーツを敬愛していますが、今から102年前の1918年(大正7年)にスペイン風邪が日本を襲いました。その時、石巻の我がルーツはどうしていたのでしょうか?この時、横町の曾祖母(1855年生まれ)であるMは63歳でした。子供がなかったMが養子に祖父を迎える少し前のことでした。スペイン風邪による日本の死者は40万人近くに及び、当時の人工(5600万人)のうち、約0.7パーセントが亡くなったことになります。

Mがもし生きていたならば、曾孫の私にどんな言葉をかけるのでしょうか?思うに「スペイン風邪に比べれば、新型コロナウイスなどは病気のうちに入らない。まだまだ甘っちょろい」などと述べるのかも知れません。(笑)自分は横町家の跡継ぎとして、明治維新を前にした1855年(安政2年)の8月、曾祖母Mが死に際でどんなことを考えて逝ったのかが大変気になります。

恐らく子孫のことを案じて亡くなったに違いありません。人間が生き延びるということは安易なことでない。我が曾祖母の生きざまの多くは謎に包まれたままですが、そのようなメッセージを発したかったのではないでしょうか?

話が取り留めもないほうに脱線しましたが、本日は久しぶりに番ブラが出来て満足しています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

8六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

番ブラができるようになって何よりです。
当面は自粛の延長線上にあるようになると
思います。
終息の兆しが見えると良いですね。

URL | ichan ID:-

今回のコロナ禍に対して、大いに参考になるのが、約100年前のスペイン風の時の日本の状況ですね…。最終収束まで3年掛かったとされ、今回も最悪同じくらい掛かると思われます…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

おおせのとおりにございます。全店が元通りにはなりませんが、先ずは少しずつでも勢いを取り戻して欲しいと考えています。
お陰様で、今回もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

医学が進歩していない昔なら、もっと多くのかたが亡くなったのでしょうが、新型コロナウイルスは一筋縄で行きそうもない気が致します。自分は何かあるとルーツならどう行動したのか?と自分の胸に問うことが多いです。スペイン風邪が流行した時、祖父母はまだ結婚していなかったと踏まえ、曾祖母のことを持ち出した次第です。

おはからいにより、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

お早うございます、

緊急事態宣言が解除になっての番ブラでしたか、
未だ以前の人出に戻ってないのも自粛の気持ちが
残ってるのでしょうね、
完全にゼロに戻るまでは気を緩め無い方が良いでしょう、
我が地方は海浜公園も柵をして入れませんでした、

URL | 雲MARU ID:-

久しぶりに番ブラが出来て
心身共にリフレッシュ最高の一時でしたね。
こうしてみるといかに毎日の平凡な生活が
貴重かが解りますね。わが県もきっと
今週中には解除されるとよいのですが・・・
100年前のスペイン風邪は収束に2~3年
かかったらしいですね。
今でいうA型インフルエンザだったようです。
専門家達は2波~3波はきっとくると言っています。
しかし不安がってばかりいても気持ちが持ちません。
緩和されたらマスクを付けて踊りたいです。
これは無理な話ですね。
半分諦めていますよ。ダンス自体がオンラインを取り入れています。
新しい生活様式ですね。

こんにちは

風薫る5月ですね。

何事も無ければあちこち祭りの季節でもありますね。まあ 今年は仕方がありませんね。
心の中で祭りを迎えたいです。

1日1日 数字も落ち着いてきましたね。
東京も落ち着いてきました。
一人一人の努力の賜であります。大臣や都知事から「気の緩み」なんて言われるとちょっとイラッとします。(笑)
国民の血のにじむような努力での今があるのですから。

URL | つや姫日記 ID:-

こんばんは
 番ブラですか。久々に聞きました。
 仙台の街はお恥ずかしいことに一人で歩けませ
 ん。いつも息子の車で行くものですから一人で
 は訳が分からないのです。笑ってください。
 でも仙台は大好きです。正直私は仙台に家をも
 ちたかったんですよ。でも主人は石巻に家を建
 てました。石巻もいいんですけどあの震災以来
 海が怖くて、怖くて。

URL | こだぬき ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

やはり人出はいっぺんには戻りませんね。それでも少しは高揚感を感じて参りました。昔とは異なり雑多な印象がなくなった現一番町ですが、再び多くのかたが戻ってくる日を待ちわびたい気が致します。

本日も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

自粛の続いている県にお住いのボタンとリボン様には大変申し訳なく思っています。久しぶりに大手を振って一番町を通りましたが、一度そがれた勢いはすぐには戻らないようで、ダメージの大きさを重ねました。でもそうばかりも言ってられないので、買い物をして公園に立ち寄ってみました。子供たちが元気に遊んでいるのを見て、だいぶ救われた気が致します。

ダンスのほう、早く復活するといいですね。新しい生活様式は引っかかる部分が多いですが、特効薬開発などの画期的打開策により、早期の実現を祈っています。今回もおはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

つや姫さん、ありがとうございます。

日本が自粛の呼びかけで第一波の感染拡大を防げたことを海外は不思議に捉えているようです。背景に日本人特有の感情(常に公のことを意識する考え)が存在するのを痛感します。個人主義の浸透した国々では在り得ないことと考えています。

ウイルスのことはだいぶ解明されてきましたが、今は決定打が欲しいところです。今回ほど板子一枚下は地獄(或いは一寸先は闇)を感じたことはありませんが、明るい未来の到来を信じて頑張りたいですね。

お陰様で、本日も有意義な御意見を賜りました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

こだぬきさん、ありがとうございます。

震災の津波からのトラウマ、よく理解できます。震災の起きた日は自分も福島原発におり、九死の想いで帰ってきました。これは自分のブログにも綴っております。

こだぬき様のお話を聞きますと、石巻人として心が痛むものを感じます。番ブラの話はさておき、心情としてこういうお話を聞いた際は、ただただお気持ちに添うだけで精いっぱいです。本日もお志を頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)