fc2ブログ
 武田邦彦】今ではあの国の顔色を窺いお金に貪欲になり過ぎた日本人への制裁なのかも 


リンク動画について
本日は武田邦彦氏(中部大学特認教授)のブログ(本人はYOU TUBEで御託を並べるのをもって、ブログと表現している)からの引用である。武田氏は科学者(工学)でありながら、文学や哲学、歴史に至るまで幅広い知識を有している。このYOU TUBEは彼の数あるブログの中で特にシンパシーを感じたゆえ、リンクした次第である。

武田氏は人間裕福であることが必ずしも幸福でないのを通り越し、衣食住に必要な分だけ金があれば十分と述べている。大学教授でテレビ出演などで忙しい彼がそう述べると説得力に欠けるのかも知れないが、動画を見ていると彼がとても偽善者とは思えないのである。(私には彼が善人であり、本心でそう述べているように聞こえる)

武田氏は日本人であることを誇りに思っている。そして日本の過去の精神の崇高さが際立っていて、唯一アジアにあって植民地化されなかった理由を「常に公を思い、私に走らない精神」にあるとしている。これは司馬遼太郎もよく述べていた言葉である。

現在、儒教国と言われる国は東アジアに数箇国(中国、南北朝鮮、日本…)あるが、この中で日本の儒教は武士道と深く結びつき、独自の道を歩んできた。大御所の中国が共産化されたことで儒教が否定されたことがあったが、日本においては徳川時代に武家社会を司るイデオロギーとして使われ、明治維新を経た後においてもそのまま国民の中に深く浸透してしまった感がある。

1花と武田氏

武田氏の述べていることに近い言葉を論語で探してみた。「疎食を食らい水を飲み、枕がないので肘を曲げて枕の代わりとする。そんな生活でも幸福は得られる。」という教訓である。武田氏によると第二次世界大戦以降の日本は米軍の占領ですっかり欧米化され、昔の清らかな精神が失われていったという。

今の日本は急激に経済力をつけてきた中国の顔色を窺い、アイデンティティーを失ってしまい、かつての余計な金は要らないという国民性が廃れ、負の代償として安全性や快適性を損なう結果になったと武田氏は述べている。

2疎食を食らい水を飲み

横町コメント
最近、武田邦彦氏の動画(ブログ)をよく見ています。全部が全部ではありませんが、その中で自分の考えに近いというものがあります。冒頭で彼を「知らないことを調べた上で、新たな知識を得ることが楽しみだ」と言っておられましたが、これは自分も同感の極みです。そして感心するのは彼はあまり面子にこだわらず、真の科学者らしく間違っていたことを即認めるという謙虚さを持ち合わせていることです。

君子は豹変す」とは、まさに彼のような振る舞いを指すのだと考えています。彼のブログは機会があったらまた追いかけて行きたい所存です。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

3六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)