fc2ブログ
 闘う大学教授 藤井聡 


リンク動画について
京都大学大学院の藤井聡教授は50代前半だが歯に衣を着せない発言で政界への批判を行っている人物である。以前の大阪府知事である橋本徹氏に噛み付き、チンピラ呼ばわりされたことがあるが、そんなことには物怖じしない。それは学者として確固たる信念を持ち合わせているからに他ならない。

ご覧頂いた動画は今年の4月中旬に「日本の未来を考える勉強会」(与党の若手も参加)に招かれた藤井氏が鋭い考察を展開するもので、識者でありながら熱血漢でもある彼の本質が顕著に表れた会見である。普通の学者はここまではやらない。なぜなら自分自身の身の保全が重要だからである。「日本の未来を考える勉強会」では、ご意見番とも言える彼の毒舌が炸裂する。

1怖い目

彼は時に論理的に学者らしい口調で理路整然と理論を述べるが、これは噴火を目前にした休火山の如しである。会話のプロフェショナルというものは、話し方に強弱のアクセントをつけるという特化を持ち合わせているが、彼の話術の素晴らしさはヒトラーやチャーチルをも凌いでいるのかも知れない。逆に言えばこのような話し方をすれば、100%の聴衆は一言も聞き逃すまいという気になるのである。

2藤井聡プロフィール

昨年の10月に消費税が10%に引き上げられたが、藤井氏はその影響が日本経済に深刻なダメージを与えたとしている。小売り(一般消費者)の3・8%低下も大きいのだが、けしてそれだけではない。

3小売りの落ち込み

卸売りに関しては8%も低下しているのである。

4卸売りの落ち込み

藤井氏は名目上のGDPをマイナス4・9%としているが、物価も上がっているので、実質的には給与水準が10%下がったに等しいとしている。多くの国民が消費税増税に発した経済の低下に泣いているのである。

5名目GDP

藤井氏はこの惨状を打開するには消費税をゼロにするしかないと説いている。政府はなぜ、これをやらないのだろうか?藤井氏は真に国民のためを思っている学者である。だから、これをやろうとしない政府に檄を飛ばすのである。

6消費税凍結

横町コメント
我が国には「出る釘は打たれる」という諺があります。それを百も承知で自論を展開する藤井聡氏には武士のような強靭な精神を重ねます。「正しいことは正しい。だから誰が何を言おうと信念は曲げない。」彼は常にそのようなことを抱きながら、危機管理の専門家として活動しているのでしょう。彼は同じ専門家でも新型コロナウイルスの専門会議に異議を唱えています。それは彼らが学者でありながら、政府の意向に添い風見鶏的な立場に成り下がっているからです。

当然ながら経済が停滞すれば、企業業績が悪化し労働者の失業も増えます。であれば今は非常時です。その非常時に模様見をする政治家を見過ごすわけに参りません。彼は口が悪いですが、憎まれ役の彼のような人物が居なければ、真の政道が行われ難いものとなると考えています。従って彼の言動はYOU TUBEなどで、これからもしっかり追って行きたいと考えています。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)