fc2ブログ
 Van Halen - When It's Love (Music Video) 


リンク曲について
Van HalenのWhen It's LoveはVan Halenの曲の中でもベスト3に入る曲である。何度も言うがブログ運営はモチベーションとの戦いである。もちろんブロ友様からの声援は嬉しいが、けして他力本願に陥ってはいけない。とにかく自分自身が道を切り拓きオリジナリティに富んだゾーンを作ることに尽きるのである。この曲はVan HalenのLove Songだが、やはり人にとって大切なのはハートであり、その普遍性は古今東西変わらない。自分はその真理が未来永劫変わらないことを固く信じて、遺されたセカンドライフに全力を傾けることだろう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これは本日帰宅途中に撮影した青葉区一番町の趣である。在宅ワークのせいで完全に元通りとまでは行かないが、自粛中と比べてだいぶ人出が戻ってきたのを実感する。何よりも飲食店の多くが再開したのは願ってもないことである。

1南側ビュー

オーム返しのように「自粛、自粛」とばかり叫び続けてきた政治家も、ここにきてようやく気付いたのかも知れない。自分が述べていた自粛の根拠が単なる慎重論に基づいたものであり、これによって収入がなくなったかたがたの生活がどうなるのか?今は誰の言うことを信じていいのか?ほとんどの人はわからないことだろう。

だがこれだけは言える。「今は非常事態ゆえ、この場において政治家各位の身の保全は二の次であり、今後の日本の行く末を考える政治家こそがそのポストに居座る資格を有する」ということを。即ち、化けの皮が剥がれる時なのである。政治家各位はこの極意を噛みしめ国家のために尽力してもらいたい。

2北側ビュー

季節は早いもので夏至に近づいた。自分は夏至のことを人間の年齢に例えるのならば二十歳の頃と考えている。小説家の坂口安吾は二十歳を向かえるにあたって『風と光と二十の私と』という作品を書いた。自分は未だにこれほど眩しい題名を付けた文学作品を知らない。

天才肌の彼はその後麻薬と酒に溺れ、破天荒な人生を歩み、心身を病み47歳の若さで亡くなるわけだが、この『風と光と二十の私と』を書いた時、既にその後の自分の行く末を悟っていたのかも知れない。人生はそれだけ短く儚いものであり、ほとんどの人間は自らの旬の時期を自覚しないまま、老いて行くのかも知れない。

本日はそんな取り留めもないことを考えながら、ヴァンヘイレンの往年のラブソングを聞き、業務スーパーの芋焼酎・芋いち(アルコール度25度・甲類、乙類混合)のオンザロックに酔っている。

3芋いち

自分は芋焼酎をこよなく愛している。麦や黒糖などよりも明らかに押しが強いのがその理由である。6月に入ってこれからは益々暑くなるのでオンザロックの芋焼酎を飲む機会は一層増すことになるだろう。

4オンザロック

横町コメント
自分か物書きの端くれに過ぎませんが、やはり先人作家の歩んだ人生行路の軌跡は見逃せません。従って坂口安吾を始め無頼派(他に太宰治、織田作之助)と言われた作家の生き様は常に意識しています。彼らの生き様はマグネシウムの燃焼の如く長続きしないものを感じますが、既にセカンドライフに踏み込んだ自分が目指すのは、「バランスの重視」です。これを己の本分と踏まえ、今後もブログライフをエンジョイして参りたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

5六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)