fc2ブログ
仙台 再開発 妄想MAP 発表された「さくら野百貨店跡地再開発」の風景を妄想する


リンク動画について
YOU TUBEで面白いチャンネルを見つけた。運営者の妄想MAP様によると、Google Earth上に日本各地の再開発予定の建物を配置し、風景を妄想するかのような概念とのことである。リンクした動画は仙台の駅前の一等地で2017年2月に閉店したさくら野百貨店仙台店(青葉区)跡地にどんな建物が建つのかを予想した(運営者様は妄想と謙遜されているが、予想と言い切ってもいい気がする)ものである。

3月末の定例記者会見で仙台市の郡市長はさくら野百貨店跡地の約8割を、ディスカウント店「ドン・キホーテ」の運営会社が取得することになって、ほっとしたと述べている。果たしてポールポジションとも言える商業の中心地にどんな建物が建つのかは、仙台市民や宮城県人でなくても興味深いものがあるのではないだろうか?ちなみに下の画像は現状(旧さくら野百貨店の建物は解体されてない)である。

1現状1

営業していた頃のさくら野百貨店ビルは、原型が昭和に造られたものでさほど高い建物ではなかった。

2閉店前のさくら野百貨店

これが予想される新たな建物(仮称)ツインビルである。

3ツインタワー

駅に近いほうからオフィス棟、向こう側がホテル棟である。この高さだと三十階~四十階といったところだろうか?

4棟の名前

青葉通の西側からツインビルを望むビューである。駅前通りだけに圧倒的な存在感である。

5青葉通から

駅前の交差点からツインビルを見上げたビュー。青空に映える二つのビルは資料を基に作成したものの外観は正確なものでないと言う。それでもこの予想が的中することを祈りたい。

6見上げる

横町コメント
仙台駅前の目の前に建つ建物は仙台市のステータスでもあります。Google Earthを駆使しながら、ドリームを形にした妄想MAP様の作品に際し、僭越ながら並々ならぬ着眼と尽力を讃え、これを大いに評価したいと思います。この画像はドローンの画像にも見えますが、昔は鳥瞰と言われていました。ドローンの需要が広がるに連れ鳥瞰という言葉が使われなくなってきたような気が致します。

それはさておき、夢の中にまで出てきそうな画像ですが、これを引き立てるものとして心地よいBGMによる相乗効果も大きいと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

7七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)