fc2ブログ
JS BACH - AIR ON THE G STRING - WHITWORTH HALL ORGAN - THE UNIVERSITY OF MANCHESTER - JONATHAN SCOTT


リンク曲について
ヨハン・ゼバスティアン・バッハJ・S・バッハ)作曲の宗教音楽「G線上のアリア」である。彼のパイプオルガンの音色が教会の隅々に響き渡るのに際し、自分はこれまで歩んできた過去の膿を全て曝け出し、懺悔したらどんなに楽になることだろうと考えるのである。

後悔のない人生など、この世にあるものだろうか?少年の頃に戻りたいのは山々されど自分はこの年になって、自分の犯した様々な過ちを己の胸のうちに問い、二度とやり直しが利かぬ我が人生のほろ苦さを、ことごとく味わうのである。

今宵はせめて休日の前の酒に酔い、天に向かって懺悔したい気持ちである。唯一の救いとして自分には敬愛して止まないルーツがある。然らば今宵は我がルーツに向かって今の心情を吐露したい。

この荘厳なる曲はとにかく懐が深い。宗教曲だけあって人間への許容力に満ちている。自分が死んだ後のことをああだこうだと述べたくもないが、たった一つだけ我が儘が許されるのなら、自分が死んだ際は宗教色を一切避け、家族葬としなるべく目立たぬようにこの曲を静かに流して欲しいと考えるのである。

オルガン奏者のジョナサン・スコットのことは初めて知ったが、パイプオルガンによる「G線上のアリア」演奏では心惹かれるものを感じたがゆえに、今宵はリンクに至った次第である。

0ジョナサン・スコット

本日私は住み慣れた仙台の繁華街である一番町を通った。今から35年前の1985年に「街道をゆく 仙台・石巻」を書くために司馬遼太郎が訪れた同じ場所を自分が歩いている。そんな取り留めのないことを心に抱き「時空の旅人」と称された彼の生涯を懐古した。

彼は1996年に72歳で急死したが、やり残したことは山ほどあったことだろう。それでも彼の晩年のほとんどは己の為でなく、人の為に向けられた。ここに自分が彼を心底尊敬する理由がある。

自分に残された余生がどれほどなのかは知る由もないが、セカンドライフの佳境を迎えた自分も、少しは彼を見習い爪の垢を煎じて飲みたい。

1広瀬通り

ここは一番町に直交する横丁である。ここを通って思い浮かぶのは物故した人物各位の生前の生き様である。自分との関わりを袖擦り合う関係、或いは一期一会などと言ってもいいわけだが、そう述べてしまうと余りにもほろ苦いものが胸のうちに込み上げてくる。

それだけ人間の人生などというものは、思いのままに行かぬものと思うしかない。煩悩との決別こそが悟りの最たるものと言えるわけだが、それはけして容易いことではない。

2横丁だ

自分も若い時分は、勢いがずっと続くものだとばかり思っていた。だが、それは単なる思慮不足に過ぎなかった。道行く若い人を見ているとそんな自分の至らなさをほろ苦く感じてしまう。

3一番町

最近新型コロナウイルスのことが更にわかってきたが、国民の間に浸透した感のある「三密の回避」という言葉はどうも舌足らずのスローガンであるらしい。コロナウイルスは人の唾液を介してうつるわけだが、エアゾールによる感染よりも、人から物へ、物から人へという経路のほうが圧倒的に多い。

4居酒屋

以前はこれを唱える識者は少数派だったが、今はすっかり比率が逆転に転じている。然らば政府は三密という言葉を見直し、接触することによる感染のリスクをアピールする別な言葉を唱えるべきである。私は三密に「物からの感染に注意」を加えて4Mにすればいいと思っている。

5餃子の王将

いよいよ夏至まであと5日となり、すっかり日が長くなった。今のところ空梅雨ということもあり、ここでストップウォッチを押したいところだが…

6日が長くなった

横町挨拶
セカンドライフに入った自分は土日の他、毎週水曜日が休みです。従って火曜日の夜もゴールデンタイムです。今宵は休みも前にのみ許される瞑想に自分の心境を重ねています。アルコールは飲みすぎない限り、その手助けを担ってくれるものと考えています。
   
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)