fc2ブログ
新型コロナ 東京の抗体保有率0.1% 第2波へ懸念 新たな感染者は27人


リンク動画について
6月17日放送のFNNニュースからである。三都府県で実施した抗体検査の分析結果が出た。外国の抗体獲得率との比較を交えながら、その結果からどんなことがわかったのかを述べて行きたい。

東京都では16日に新たに27人の感染者が見つかったが、そのほとんどが盛り場での大勢の飲食によるものだという。東京都で定めた東京アラートが解除され、去る12日からはステップ3に移行したばかりだが、どうも一筋縄では行かないようだ。

一連の流れは東京都知事選で再選を目指す小池知事には有利な条件となるのかも知れない。(小池氏はYOU TUBEで一部の複数の識者から、自粛解除後の段階的規制をいつまで引っ張るつもりか?という指摘を受けていた。それだけに…)

0飲み会

三都府県における数値を御覧頂きたい。抗体保有率までしか発表されていないので、抗体保有者数については電卓を弾いて計算した上で掲載した。抗体獲得者は非常少ないが、宮城に関してはたった1人だけとなっている。大阪が東京よりも多いのは意外であった。(学者から新型コロナウイルスの感染リスクは人口密度と高い相関があるとの見解が出ている。)

1日本抗体獲得率だ

これはアメリカのニューヨーク州とロシアのモスクワの抗体獲得率である。40日前後も前の数値なので、今は更に増えているものと思われる。それでも抗体者が新たな感染者の防波堤替りになる目安とされる全体の60%にははるかに及ばないことになる。

尚、集団免疫獲得を目指したスウェーデンに関しては5月22日現在で7・3%に留まり、北欧の中では死者数が最も多く、この手法が失敗に終わったことを示唆している。

2外国の抗体獲得率

専門家(昭和大学医学部客員教授の二木芳人氏)の意見では、ほとんどが抗体のない現状では、第二波が心配であるという。

3二木特認教授

横町コメント
自分が住む県(宮城)が抗体検査の対象に選ばれたのは願ってもないことでしたが、私の予想では抗体獲得率は数%くらいは行っているだろう?(自分の周囲では新幹線での東京との往来が多い)と考えていただけに、ここまで低いのは意外でした。

こうなると第二波が心配ですが、頼りのワクチンの開発もかかりそうです。安倍首相がアメリカとイギリスを相手にワクチンの入手を掛け合ったようですが、アメリカは自国民への摂取が最優先としています。

自国を優先するのは当然のことと思うわけですが、我が国でも米英の二国を宛てにすることなく、技術大国の威信に懸けても独自の開発を進めてもらいたい所存です。国内では大阪大学が来春をめどにワクチンの開発を急いでいるようです。第二波が来るとまたしても経済が滞るだけに、一刻も早くワクチンを普及してもらいたいと考えています。

ここで私は新型コロナウイルスの抗体ばかり追い求めるのはどんなものか?という疑問を抱きます。それはだいぶ前から「土着コロナの抗体」(松田政策チャンネルで初めて知った言葉)が我が国民の体内に住み着き、新型コロナウイルスの感染を著しく妨げているのでは?という指摘です。こうした既成事実を踏まえれば、今回の抗体検査だけではわからないものが多いということを意味するのではないか?と考えます。

秋以降に到来する第二波、第三波を思えば、第一波の死者の少なさを不幸中の幸いと捉えるには、まだ少し早い気がします。鍵を握るのはワクチンですが、安全性の確保を含め、他力本願では多くを望めません。皆さんはこのあたりをどうお考えになるでしょうか?

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)