fc2ブログ
韓国と北朝鮮のパワーバランスはどうなっている?【CGS 福山隆 日本の軍事 第35回】


リンク動画について
データはすべて神谷宗幣氏のCGS(チャンネルグランドストラテジー)を引用させて頂いた。神谷宗幣氏は四十代の若手政治家だが、バイタリティーにあふれ、CGSでは政治、文化、歴史を幅広く取り上げ、多くの識者を出演させるなど、文化的な意識において高いものを感じる。自分は政治家にはこのようなバランス感覚が必要と考えている。どこかの知事のように偏った考えや、人の話(特に批判)を全く聞かないなどは論外と考えている。

実は彼のCGSはこの十日ほど、かなり目を通した。彼は歴史に詳しく小名木善行氏(歴史家)をシリーズで招いている。これを見れば我が日本人が世界に誇るべき民族であることが理解できる。自分は複数の動画を拝し神谷氏にシンパシーを強く感じ、初リンクを決めた次第である。

さて、コロナウイルスの拡大で米中の分裂が一層進み、朝鮮半島の情勢が目まぐるしく動いている。去る16日には南北連絡事務所を北朝鮮が爆破するなど、脅威を強めてきている。中国に至っては尖閣列島への立ち入りが更に増え、油断を許さない状況となっている。そんな背景を含めてゲストの福山隆氏が米ソ冷戦以降の朝鮮半島のバランス変遷を述べている。ここで二人の略歴を紹介したい。

神谷宗幣(かみやそうへい)

1977年福井県生まれ。元吹田市議会議員。龍馬プロジェクト会長。陸上自衛隊・予備自衛官三等陸曹。イシキカイカク株式会社代表取締役。2020年に松田学KAZUYA渡瀬裕哉篠原常一郎とともに参政党を結成する。


主な著書

『日本のスイッチを入れる~未来は、自分たちの手で変えられる!』(カナリア書房 2013/2/6

『大和魂に火をつけよう-日本のスイッチを入れる2』(青林堂 2014/12/8)

『坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」』(きずな出版 2016/1/23)

『子供たちに伝えたい「本当の日本」』(青林堂 2019/5/23)


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


福山隆

1947年長崎県生れ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。外務省へ出向し、北米局安全保障課勤務、大韓民国駐在武官等を経て、1993年、連隊長として地下鉄サリン事件の除染作戦を指揮。陸上幕僚監部調査部課長、情報本部画像部長、西部方面総監部幕僚長、陸将を歴任後、2005年退官。ハーバード大学アジアセンター上級客員研究員を経て、現在はダイコー株式会社取締役。

主な著書
「空包戦記―陸上自衛隊新米「歩兵」小隊長奪戦録 」潮書房光人社 2014/12
『尖閣を奪え! 中国の海軍戦略をあばく 』 潮書房光人社  2013/7
『防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織』 幻冬舎新書 2013/5
『防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~』 ワニブックスPLUS新書 2012/6
『「地下鉄サリン事件」戦記―出動自衛隊指揮官の戦闘記録 』 


1福山隆

冷戦前の朝鮮半島である。このころの北朝鮮は核武装しておらず、ソ連と中国の傘下に入ることで、その位置を保ち続けていた。バランス的に均衡がとれていたと言える。

2冷戦前

ソ連が解体して冷戦が終わると一時的に北朝鮮は崩壊のピンチに追い込まれる。

3冷戦直後

その後、北朝鮮は核武装を強化した。三百万人以上の餓死者を出しながら国費を軍事費につぎ込んだのである。大変残念なことに今の日本列島は韓国とともに人質と言われても致し方のない状況となっている。こめかみに常に拳銃を突き付けられていると言っても言い過ぎでない気がする。アメリカに関してはグアムやハワイのみでなく、長距離弾道ミサイルの開発でアメリカ本土までが核の脅威に晒されようとしている。これは極めて憂慮すべき状況である。

4北朝鮮の生き残り戦略

北朝鮮の核武装化や中国の台頭で、一気に情勢が変わってきた。冷戦終結後の力関係が逆転に転じてきているのである。この傾向はしばらく続く可能性がある。

5ポスト冷戦

気になるのは今後の青写真にヨーロッパ諸国が入っていないことである。ニュアンス的に国連と書かれているものの大半は欧州諸国なれど、福山氏は欧州諸国(英独を除く)の影響力が微力と見て敢えてこのように書いたものと察している。中国を激しく批判するオーストラリアは日米側につきそうだが、今後の対応が大いに着目される。不透明感はあるものの、南北朝鮮は覇権を握った二国(米中)へ、それぞれ寝返りか?もしその通りになれば資本主義や共産主義のイデオロギーなどは、ナショナリズムに基づく国家間の利権の下に下ると言われても致し方ないものとなることだろう。

もちろん今年の11月に行われるアメリカ大統領選挙の結果がもたらす影響は多大なものがある。然らば振られたダイスの目がどう出るのか目が離せない気がする。

6新たなパワーバランス

横町コメント
事なかれ主義(差し障りのないことばかりを取り上げれば)を決め込めば、ブログ運営は何ら支障のないものとなりましょう。但し、自分はそれを本分としておりません。理由はリスクを伴っても世論と向き合い、自分の考えを公の場に発したいからです。

自分は一年三箇月前にFC2ブログのブログタイトルを「横町利郎の岡目八目」(当事者よりも傍目で見ているほうが物事の本質を捉えることが可能となる)と致しましたが、本分を貫く意味でリスクを顧みず、敢えてこのようなリスクのある問題をブログで取り上げたいと考えております。

昨今、様々なところでダイバーシティとインクルージョンが叫ばれていますが、こればかり掲げていると、お人よしに見られてしまう。それが現代の国際社会と察しております。福山氏は最後に今回の問題を「背景に日本人の危機意識不足があり、半島情勢の危機はそれに目覚めさせるための好機」(日本国民の平和ボケを指摘か?)と述べていますが、皆様はどうお考えでしょうか?これは憲法9条とも絡んでくるだけに、討議の余地が必要と考えております。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

7六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)