FC2ブログ

はしがき

本日は私が生まれ育った石巻のことについて述べたい。石巻は港町でありよく進取の気風にあふれた町と言われるが、これは非常に的を得た表現である。藩政時代は藩主が住む仙台と15里(約60キロ)も離れていて、監視の目もさほど届かなかったことだろう。もちろん目付役の侍も居たわけだが、職業の構成の大部分が商人や職人、漁民の町だったので多少のことには目を瞑っていたことだろう。藩政時代に培われたこのような気質が、その後の自由闊達な石巻人の気風を決める一因となったのではないだろうか?


1、港町気質

船乗りに関しては、昔から板子一枚下は地獄の世界と言われてきたが、気が荒くなるのは当然であり、仕事柄厚顔無恥な輩も多かった。船乗りの世界は儒教(朱子学)と言うイデオロギーで固められた侍社会の縦の構造とは全く異なり、自己主張をしなければまともに生きて行けないのである。欧米社会では自己主張も実力のうちという風潮があるが、つい最近まで石巻の庶民にもそのような気風が漂っていた。


命を常に張らねばならない船乗りは仕事がきついこともあり、必然的に飲む、打つ、買うが欠かせなかった。従って石巻には赤線があり、藩も特例として認めていた。これもあってか往時の石巻では性犯罪がさほど起こらなかったという。


歓楽街が出来れば、利権をもくろみ、自ずと多くの老若男女が集まってくる。海運によってもたらされた富が活気を生み、経済の大対流が起き、これによって人や物が更に集まってゆく。これが俗に言う「連鎖の法則」である。藩政時代の石巻では何度も起きる飢饉や疫病、大火がこれにブレーキを掛けるわけだが、その度に石巻は不死鳥のように立ち直って行った。そのような試練が石巻人にレジリエンスとバイタリティーをもたらしていったのである。


1明治時代


2、宗教や価値観の多様性

石巻の寺の宗派は非常に多いという。石巻には浄土宗や浄土真宗、真言宗、臨済宗、曹洞宗、天台宗もあるが、その多様性は全国的にもあまり例がないと言われている。もちろんキリシタンも居た。こういうごちゃごちゃとした町は必然的に争いごとが多くなる。これを未然に回避するために互いに競合せず、来るもの拒まずという精神が欠かせないものとなるわけだが、それがその後の石巻における宗教や仏教の宗派の多様性に繋がっていったのかもしれない。


これは多様な場所から移り住んだ人が多いのがその理由と思われる。その中には「訳あり」の人も居たことだろう。但し流れ者だけでなく、中にはお尋ね者も居たのである。そう言えば幕末の近く、新潟の新発田藩で主君の奥方との浮気を咎められ、主君を殺害した侍が追っ手を逃れるために仏門に入り、牡鹿半島(現石巻)の先端に近い寺で、数十年も潜伏していた。この話は以前の記事で紹介済みだが、すぐ近くに半島を有するだけにそれだけ訳ありの人物が潜伏しやすい土地柄であったのは否めない。ちなみにその僧が隠れていた寺は曹洞宗の某寺であった。


3、独特の言語とイントネーション

次に石巻弁のイントネーションの話をしたい。石巻から移住を経験していない五十代後半から上の石巻人の話し言葉には、今でも独特のイントネーションが存在する。石巻言葉ともいい、これは北上川流域の大崎・葛西地方にも見られるものだが、石巻は港町だったゆえに、江戸や上方の言葉の影響を受けたという説がある。


自分の幼少時を振り返れば明らかに仙台とは違ったイントネーションがあったが、石巻の言葉は概して早口で「俺」のことを「おい」というなど、独自性の強いものであった自分の小学生時代を思い起こせば、クラスメイトとの会話で、きっぷがいい江戸っ子的な話しぶりが特に印象に残っている。石巻弁を話している同士をよそに居住している人見れば、普通に話していても喧嘩腰に聞こえるのかも知れない。これは気後れすることは自己主張がないと見なされ、相手からなめられかねないという懸念が湧いてくるという理由があると私は考えている。


仙台では「しゃべる」というが、石巻では「語る」という。「なに語ってるんだ!」「なにすや!」(なんだと!)という言葉は、宮城県を含めて他の地域にはなく、他方の人からは攻撃的に聞こえるとも言われる。今でも大崎・葛西地方の年輩のかたにこのような特徴を持った言葉使いが見られるが、私は大河北上川河口にできた港町の成り立ち(伊達政宗公の構想による人工都市と言っても言い過ぎでない)こそが、その大きな一因となったと考えている。


葛西は大身(30万石の大名)でありながら、大きな権力と抗い結果的に滅ぼされることとなったが、かつて葛西に関わった末裔たちは伊達の麾下に属しながら、いつか見ていろ!という気概に溢れ、自らの敷地内にサイカチの木(葛西の家紋)を植え、伊達に復讐を誓ったという。祖父方ルーツをたどれば、葛西家臣と繋がる自分としては、そんな反骨の血が体内に脈々と流れているような気になってくるのである。憂れき目を見た葛西だが、私はその反骨精神こそが石巻弁のとげとげしさに現れているように思えてならないのである。


※昭和50年代の生家・横町

3旧横町の生家前(昭和58年撮影・後世に残すグラビア石巻より引用)


横町コメント

今でも自分の体内に、石巻人特有の気質を感じるのは多々あります。これは仙台生え抜きの人(義理にこだわる指向)とは明らかに違うものがあるということを意味します。時に石巻人は一つのことに熱しやすく、口やかましいこともありますが、からっとしていて冷めるのも早く、ネガティブなものに関してはねちねちすることを忌み嫌い、その場限りのことで済ませたいと思うことが多いのです。或る意味でクールと言えるのかも知れませんが、これは多種多様な人間と渡り合うための知恵と感じています。


「三つ子の魂百まで」と申しますが、私が幼少期に培った石巻人気質は死ぬまで失せることはないことでしょう。悪く言えば個人主義と言われかねない石巻人気質ですが、東北人に共通する人情は持ち合わせています。礼節は人によりけりですが、傾向としては漁師は至ってフランクであり、人と接する立場の人は律儀でもあります。私はこの律儀さをこの地が旧葛西領であったことを引用し、そういう方々を「葛西の律義者」と呼んでいます。もちろん私自身もその例外ではございません。(笑)


本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。

  


4六百横町


関連記事

コメント

こんばんは

旧職場にも石巻出身者がいました。
世情に流されない気骨のある方でした。
育った環境は重要と感じます。

URL | ichan ID:-

こんばんは
 私は22才の頃石巻で働いておりましたが、
 会社で草餅屋があったと先輩に言われ単純に
 草餅を売っているお店だと思ったのですが、
 それが赤線だったという事が解りました(笑)
 又そのころは石巻のひとたちは口が悪いんだ
 なあと思いました。凄く乱暴に聞こえたので
 す。こわかったことを今でも覚えています。

URL | こだぬき ID:-

こんばんは

近い土地にいても、その地区の特徴や気質が違ってくるのは環境や風習など多く関わってくるのですね。石巻気質の特徴を読み、しっかりとした自分を持っている方が多いと感じます。
自分の受け継がれたものは誇りに感じますね。

URL | Joey rock ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

石巻は港町で、よそ者を受け入れてきた土地です。幼少時代にそんなことを考えたことなど一度もなかったわけですが、今は様々な客観が湧いて参ります。仙台とは明らかに違う進取の気風。これは強く感じる部分です。今回は震災とコロナがまたしてもブレーキを掛けたわけですが、また不死鳥のように蘇ってくることを祈念しています。

本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

こだぬきさん、ありがとうございます。

船乗りが町にあふれていた時代を振り返ると、確かにそれはありますね。セカンドライフに入り、昨今ようやく石巻という故郷を客観できる心境になってきましたが、個性が極めて強い石巻という町の存在自体がドラマチックであるという印象を受けます。

人は自ら人生でフィクションを描かねばならないわけですが、石巻時代に巡り合った一人一人の人物の生き様が脳裏に蘇って参ります。自由闊達な物言いができる土地柄ゆえ、時に羽目を外すようなことも多かったわけで、ここに執筆の余地を抱き、昨日はこのような駄文にまとめてみました。

話は変わりますが、住吉公園の工事もすっかり終わったものと察しております。近いうちに足を運びたいと考えています。本日も有意義な話題を提起して頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

joeyrockさん、ありがとうございます。

自分が生まれ育った土地だけに、いつかは客観を試みたいと考えていました。以前と比べて船乗りの数も減りましたが、今でも年配のかたは石巻人気質にあふれている気が致します。自分の生まれたころは、既に陸運の時代ということもあり、斜陽に差し掛かっていた時代でしたが、それでも川開き(夏祭り)などでは、かつての栄華が偲ばれる、活気にあふれた町でした。

これを後世に残す目的で昨日は随筆を書いてみました。拝読頂きこの上もない幸いです。本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

おはようございます

石巻人の気質
興味深く読ませていただきました。
港町特有のというのもありますね。
そして船乗りの多い町ですと神仏も大切にされ
神社仏閣も多いのでは無いでしょうか。

我が町酒田と比べながら読ませていただきました。似ているところ多いですよね。

URL | つや姫日記 ID:-

お早うございます、

横町さんには文面から根っからの石巻人特有の気質を感じます、
我が地とは離れてるので直接は知りませんが
宮城県の人とは何人も乗船しました、
葛西の律義者の血を絶やさず頑張って頂きたいです、

実は私も広い意味で石巻の方の出身でして、地元の親・兄弟・友達と話をしていると、よく喧嘩しているようだと言われます(笑)

宮城の地方は曹洞宗ばっかりだと思っていましたので、石巻には色々な宗派のお寺があるとのこと初めて知り勉強になりました♪

ご自身の故郷の石巻のことを語っていただき、大変興味深く読ませていただきました…。
同じ東北といっても、地域によりそれぞれ個性があるのですね…。
幾多の災難を乗り越えて発展してきた石巻の、今後のますますの発展をお祈りしております…。

URL | boubou ID:-

つや姫さん、ありがとうございます。

藩政時代の東北の海運を考える時、酒田も石巻もその中枢にあったわけですが、港町気質は共通するものがあると考えています。自分はヤフー時代の2016年2月に『港町にみなぎる進取の気風』という複数の著者による本を紹介したことがありました。

童門冬二著『最上川流域に庄内米と大名をしのぐ日本海文化』と橋本晶著『伊達政宗の雄志が生きる東北随一北上川の河口地』を読みますと、双方の港町としての概要がよく理解できます。大河北上の河口である石巻に生を受けた自分ですが、いつしかこのような作品を書きたいという思いが、先般みちのく春秋に連載された『我がルーツと大河北上』執筆に繋がりました。

港町には様々な人物が集まり、活性の連鎖で町がどんどん大きくなってゆくわけですが、その背後には多かれ少なかれこのようなこと(きれいごとでない部分)が関わってくると捉えています。「飲む、打つ、買う」などに関しては、今までは敢えてぼかして書いていたわけですが、歴史を書くからには避けて通れない部分であり、これからはもっとはっきり書きたいと考えています。

ご配慮により、本日もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

雲MARUさん、ありがとうございます。

石巻人の気質については、いつしか書きたいと考えていました。イントネーションの違いは港町特有のものと捉えています。歴史を振り返れば、蝦夷の反乱~藤原征伐~秀吉による統制~戊辰戦争という過去があるわけですが、東北人の我慢強さと重なるものを感じます。石巻に関してはよそから移り住んだ人も多く、文化と民族のシャッフルを強く感じます。

藩政時代の仙台は藩主のお膝元ということもあり、自由に振舞えなかったわけですが、一方の石巻には解放感が存在したのでは?と考えております。気ままとも言えますが、土地の冠婚葬祭などでは律儀さの同居も感じています。おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

暇人ityさん、ありがとうございます。

石巻は葛西の支配が長い土地柄です。伊達の傘下に下った葛西ですが、その意地が石巻弁に現れている気が致します。港町であり様々なところから人が集まったことで、このような気風が備わったと解釈しています。石巻の寺の宗派の多さは石巻人のルーツの多様性を如実に示しているものと考えています。

お陰様で、本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

いつしか石巻人の気質について語ってみたいと考えていました。石巻は東北でありながら、東北らしからぬところもあります。成り立ちを考えれば、藩政時代の経済の対流がシャッフルをもたらした所以と捉えています。

自由闊達な雰囲気は伊達の城下町である仙台には見られない部分です。今回の随筆には過去の執筆も役立った気が致します。本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

長文の随筆読ませていただきました。
船乗りの多い石巻市、港町気質が人々の
心を支えている様です。明治時代の石巻市の画像
あでやかなご婦人の後ろ姿風情がありますね。
飢饉、疫病、大火と災害に見舞われても決してあきらめず
人々はその都度立ち直りました。横町さんも情けに熱い
石巻人の気質を充分受け継ぎましたね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

長い時を経て環境や心境も変わり、ようやく書きたいと思ったものが書けるようになって参りました。「石巻人気質」については、以前から構想があったのですが、舌足らずであってはならないと考え、その度に掲載を控えて参りました。

ここまで書く気になったのは祖父母への恩返しという気持ちがございます。もちろん郷土の先賢との交流の場である「石巻千石船の会」の存在も大きいです。石巻は港町としての個性が強く、逆に言えば書きやすいと言えるのかも知れません。

ご配慮により、今回もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。どうか今回もいいウイークエンドをお送りください。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)