FC2ブログ
ROSSINI - THE THIEVING MAGPIE OVERTURE - HEREFORD CATHEDRAL ORGAN


リンク曲について
イタリアの作曲家であるジョアキーノ・ロッシーニのオペラ音楽である。私はこれまでブログに様々な外国国歌をリンクしてきたが、彼のオペラ曲を聞くと中南米諸国の国歌との相似を感ずる。中南米国歌の多くは厳しい独立戦争に国の明暗を懸け、独立を勝ち取ってきた。名誉と引き換えに命を失っても後悔はない…国歌の歌詞を聞くとそんな過激な国歌が多いのである。

極めて穏やかな我が国の君が代とは対照的なものを感じるが、そもそも中南米の国々と天皇制を2600年近くに渡って敷いている我が国とは文化も風習もまったく異なるのである。以前も述べたが、オペラ音楽は人生の縮図でもある。人生にとって喜怒哀楽はつきものゆえ、極めてテンポの速いこの曲には、今までの波乱に富んだ人生航路の軌跡を重ねる気がしてくるのである。

あの時、こうすれば良かった。この時ああしていれば自分の人生はもっと変わったものになっていた…今振り返るに、過去の出来事に対しての後悔は尽きないが、今更自分の未熟を悔いても何も始まらない。せめて今宵は、この曲にこれからの自分の明るい未来を少しでも重ねたい。怖いのはぬるま湯に浸ることである。例えセカンドライフでも適度な緊張感を保ち、バランス感覚を身失なわないように心掛けたい。

自分にとって名誉は懐刀と同義であるが、これを持っていることを他人に悟られないように、謙譲を常に意識してこれからも充実した日々を送って行きたい。但し、どうしても止むを得ぬ事情で心の深層部に深入りされた際は伝家の宝刀を抜かねばなるまい。自分はロッシーニの勇壮なオペラ曲にその思いを強く重ねるのである。

0ロッシーニ

私は今勤めている企業に以前からコネがあったわけではない。これは全くの偶然の巡り合わせと言っていい。セカンドライフで今の企業と巡り合ったことは幸いなことであった。捨てる神あれば拾う神あり。人生航路という大海原で、拾う神に巡り合うか否かは、ロシアンルーレット🔫のような危険な懸けと言えるのかも知れない。

それだけ定年を迎えた数年前の自分はリスクを冒したことになる。但しこれだけは言える。人生航路におけるリスクとベネフィット(恩恵)は常に隣り合わせであるということを。自分はロシアンルーレットというリスクに身を投じ、運よく今の企業に就職することができた。

助かるのは帰宅時に中心部のスーパーや百均で買い物ができることである。自分が帰宅時に主に立ち寄るビルはこの建物である。地階に業務スーパー、二階には百均のキャン★ドゥが入っているビルである。(一番町側の入り口)

1一番町側

これは反対側の稲荷小路側からのビューである。どちらから入ってもいいし、どちらから出てもいい。これはそのときのシチュエーションによって柔軟に決めている。

2稲荷側一階

一番町(商店街)と国分町(東北一の歓楽街)に挟まれた稲荷小路はごちゃごちゃしている。本日の帰宅時の買い物は一番町側から入ったので、稲荷小路側から外に出た。

3稲荷小路

本日帰宅時に購入したのは芋焼酎「芋いち」(菊川製造)と海苔巻せんべい(亀田製菓)である。どちらも晩酌タイムには欠かせない品である。

4卓上

横町コメント
自分は過去において人間関係で悩んだことがございます。それが高じてセカンドライフを目前に再雇用を蹴り、今の企業に就職したわけですが、幸いにも運が我に味方したと捉えています。

コネのない企業に就職することは清水の舞台から飛び降りるのと同様であり大きな冒険でしたが、今の企業に就職した因果でこのような利便性を手に入れることができました。改めてこの縁に感謝しています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

5六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

自分はUターン組なので転職を経験して
います。
幸い、人間関係での悩みはほぼありません。
気付いていないだけかもしれませんが・・。
帰宅時に買い物は便利ですよね。
動きに無駄が無いですし。

URL | ichan ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

自分にとってのセカンドライフは大きな懸けでもございました。定年してからコネのない企業に入ることに多くのかたはためらいを感ずるはずで、自分が再雇用を蹴り今の企業に入れたのは何かの因果とも考えています。

情に棹させば流される日本の社会で、バランスを保ち続けるのは結構難しいですが、セカンドライフでは以前の経験がだいぶ役に立っている気が致します。本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

お早うございます、

お仕事が終わり帰宅時に商店街を散歩しながらの
晩酌のアテに好きなつまみをチョイスですね、
自分の好みを買うのですから食品ロスは有りません
外壁材のコースターも無駄なく愛用されて居ますね、

お早うございます。

何と申しましても現在の職場に出会われた事が
幸運で、全て順調に行き何よりと思っています。
日が長いので、帰宅時も素敵な街並みに恵まれて
おられて、色々楽しめて羨ましい位です。

URL | suosyou2 ID:-

横町利郎さん

クラシックには疎いし
ライブ会場にあまり行けないので
実際、楽器を見る機会が少ない
これは事実です。

ですから キーボードが4段あるオルガン
初めて見ました フットペダルも階段を
登るみたいでビックリしております

エレキピアノでキーボードが2段までのは
見たぐらいですし
横町さんの音源動画はいろいろ勉強に
なります

紹介ありがとうございます。(^_^)v

URL | まりっぺ ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

自己陶酔的な記事(特に前半)へのコメントに感謝申し上げます。最近パイプオルガンの演奏とともに、オペラ曲のリンクが多いのですが、これも自分にとってのアイデンティティゆえ、リンク曲こはだわっています。(モチベーションキープには欠かせません)

それはさておき、帰宅時の買い物には非常に便利ですね。その感謝の念を込めて記事を書かせて頂きました。本日もお志を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。

suisyou2さん、ありがとうございます。

茨の道を歩むか?と思われたセカンドライフですが、救世主が現れました。礼節と仁と誠に特にこだわる自分ですが、様々な紆余曲折を経て「雨降って地固まる」のシチュエーションに近づいてきた気が致します。

コロナ第一波も落ち着いたようですが、東京でクラスター発生とのことで、まだまだ油断できない状況と考えています。モラルを重んずる我が国で、まだまだ買い物にはマスクが欠かせませんね。人様から指を指されぬよう背筋を正して参りたい所存です。

本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

まりっぺさん、ありがとうございます。

数年前からアルビノーニ の「弦楽とオルガンのためのアダージョ」を聞き、都度魂を揺さぶられ、一気にはまってきた気が致します。YOU TUBEに存在するカラヤン指揮のオーケストラ版のURLはhttps://www.youtube.com/watch?v=TA2GT_ty8rQ&t=591sになります。

ブロ友様の中には沈んだ精神状態では聴くのが難しいというかたもおられるほど、重々しい曲です。但しただ重々しい曲ではございません。苦悩の後には必ず希望が訪れる。これを説くような深みのある曲です。

そんな経緯もあり、オーケストラ以外にも最近オルガンの曲を多く聞くようになりました。キリスト教のことは疎い自分ですが、宗教的な含みも強く感じます。ご配慮により、本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

こんにちは
 人間関係はどこの職場にもありますよね。
 横町様は毎日晩酌をなさるんですか?休肝日は
 ? なんて余計なことをお聞きしてしまいまし
 た。ごめんなさい🙇

URL | こだぬき ID:-

リンクされたパイプオルガンの曲、空間的広がりが素晴らしいですね…。。。

リスクを抱えて飛び込んだ、今の職場、執筆生活をも支えたくれる素晴らしい縁でしたね…。。。

URL | boubou ID:-

こだぬきさん、ありがとうございます。

人のせいにしているうち社会での人間関係は改善しない(平行線のままか、最悪は悪化する場合もございます;)と考えています。その考えを変えるには、思想を取り入れるしかないと考えました。(これは十年前のことですが、自分を変える為の思想ゆえ、儒教を選びました))これが功を奏し、現在に至っております。

晩酌は毎晩しておりません。週に二回の休肝日を設定しています。これは多くの先人の生き様を見て決めたことです。それでも酒の力を書いて文を書く癖があるので危ういものを感じます(笑)

本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

最近、音楽のレパートリーが増えまして、この手のパイプオルガンの曲をよく聞いております。同じ曲をオーケストラで聞くのと印象が全く異なり、両者を比べて楽しんでいます。これに酒が加わるとやばいです(笑)

かつて中南米の国歌をよくリンクしていましたが、17~19世紀に遡りますとクラシック(テンポの速いものでオペラ曲など)との相似を感じます。BGMでモチベーションを高揚させながらブログ運営を楽しむ心境になれた真意は、ブログの棚卸で成果を肌で感じたからです。

おはからいにより、本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

リンク曲バレエ音楽を聴いているような
心地よさがあります。
バレエは見るのが好きで度々足を運んでいました。

職場の人間関係はどんなところでもあります。
医療の現場で働いていたため心身共に疲れました。
今は夫婦二人の生活お互い趣味に忙しいです。
コロナの為に半自粛です。
買い求めた芋焼酎でゆっくりしてくださいね。
いつもありがとうございます。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

リンク曲への感想を頂き感謝申し上げます。最近音楽のリンクがめっきり増えましたが、これはFC2ブログに移ってようやく自己ゾーンを構築出来てきた証でもございます。FC2ブログ開設当初はとてもそんな余裕もなく、十分にブログをエンジョイ出来ていなかったと考えています。

ダイバーシティは人間の普遍とは言え、組織に身を置くことは、多かれ少なかれ自我の自制が欠かせません。但し世の中の6割~7割近くの人はどう考えているのか?という意識がないと自己客観は難しいと考えております。

自分は或る大企業のTOPが恣意性を以って、イノベーションという大義のもと、部下へのこじつけ(例えば社内でお疲れ様ですという言葉を使うのを禁ずる。その理由は疲れていては仕事が出来ないからとのこと)を履行しているのに際し、TOPたる者としての裁量不足(挨拶は自分が相手から言われてどう感じるかに主を置くべきでなく、挨拶をされた相手がどう感じるかで決めるべき)を感じます。

組織を束ねる立場にある者が、部下の労をねぎらう言葉として「お疲れ様です」は大変美しく、失ってならない日本の民度の高さの表れと捉えています。自分はこういう配慮ができる人物の統制のもとで、気持ちよく働きたいと考えています。

ご配慮により、本日も有意義な話題を提起して頂きました。ボタンとリボン様、今回もいいウイークエンドをお送りください。ありがとうございます。



コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)