fc2ブログ
THE BLUE DANUBE - STRAUSS II - JONATHAN SCOTT (ORGAN) - THE BRIDGEWATER HALL, MANCHESTER


リンク曲について
今宵私が選んだにはヨハン・シュトラウスⅡ世のワルツ曲「美しき青きドナウ」である。人が好きになるのに理由などないが、曲を好きになるにも理由はない。ただそれだけではあまりにも味気ないので、もう少し噛み砕いて話してみたい。

北上川という東北一の大河(流域面積では全国4位)のほとりに生まれ育った自分にとって、この優雅なメロディーは生まれ故郷の石巻の風情を彷彿とさせるに余りある曲である。大変有難いことに川の流れはあらゆるものを浄化してくれる。過去のわだかまりもすっかり減じた昨今の自分にとって、流して欲しいものはだいぶなくなったが、今のそんな自分の耳によく馴染む曲が「美しき青きドナウ」である。

なかなか思うように行かないのが世の定めだが、その摂理を学べば意外とこの世は棲みやすい。これを教えてくれたのが或るブロ友様であった。別な言葉で現わせば「風に靡く柳は強い」ということになる。その理屈は至って簡単である。

風に靡く柳は自分を倒そうとする力をまともに受けないからである。柔よく剛を制するとはよく言ったものである。自分を顧みるに、自分の壮年時代は大変恥ずかしいことに「剛を以って柔を倒そう」とばかりしていたのである。

気づいた時は後の祭りだったわけだが、まだ自分は人生の終局を迎えるには早い。然らばこの苦い経験を活かして、実のあるセカンドライフを送りたい。有体に言えば、生涯学習に勤しむことである。

今は朝カフェで疋田啓佑著『儒者』という本を読んでいる。儒者とはもちろん儒教の教えに身を投じた学者のことである。儒者』には我が国における、朱子学と陽明学の大家二十名(吉田松陰も含む)が名を連ねており、両者の違いを知るのに、大変いい本である。

江戸時代、徳川幕府は組織を儒教という名のイデオロギー(儒教の支派と位置付けられる朱子学)をもって統制しようとした。但し、これが副産物として招からざる陽明学をも招いてしまった。幕府が禁止した陽明学という名のパンドラの箱を儒者たちがこじ開けてしまった感がある。

陽明学は王陽明が唱えた論理で、自己を犠牲にしてまで世の為に人事を尽くそうという思想であるが、幕府側から見れば極めて危険な思想であり、これが幕末の尊王攘夷へと繋がっていった。

今の自分にとって、この名著を朝カフェで読むのは至極の喜びである。今宵は週末の美酒を嗜みながら、このような取り留めもないことを考えている。「美しき青きドナウ」は、ここ数年の間に減じた自分のわだかまりを更に浄化させ、カタルシスの域に近づけてくれるものとなることだろう。

1ヨハン

今週も一週間が終わった。我が宮城では新たな新型コロナウイルス感染者が数名出たが、これは自粛を止め、経済を再開した結果のことなので、止むを得ないことと言わざるを得ない。

2一番町

今は梅雨の真っ最中である。宮城県は昨日と本日、天気がぐずついた。但し明日は天気が回復するようで、これにはひと安心である。

3定禅寺

横町コメント
夏至を過ぎ、これからは一日一日と日が短くなりますが、今はまだその度合いがごく緩やかであり、晴れた日(梅雨の中休み)には期待を抱いています。明日は晴れるようなので、その恩恵に存分に浸りたいと考えています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

4六百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)