FC2ブログ
 National Anthems - Advance Australia Fair   

「進め 美しのオーストラリア 」 Advance Australia Fair歌詞
全てのオーストラリア人よ 喜ぼう
我らは 若くて自由
労苦に代わる黄金の土地と 富を持つ
我らが故郷は 海に囲まれ
大地は自然の恵みに 溢れんばかり
豊かで稀有な 美しき自然
歴史のページの あらゆる舞台に
美しのオーストラリアよ 進め!
楽しい調べで さあ 歌おう
(アドヴァンス・オーストラリア・フェア!)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

新型コロナへの対応で中国を批判したオーストラリアが、中国から報復措置として輸入牛肉などに高い関税をかけるとの宣告を受けた。同国の輸入の34%が中国ゆえ、経済的なダメージが予想されるところだが、オーストラリアのスコット・モリソン首相は中国からの経済的圧力には断固屈しないという表明を行い、毅然とした態度を示した。

昨今中国とインドとの小競り合いに世界の目が集まっているが、中国にとって敵であるインドはオーストラリアから見ると敵の敵であり味方と言える。それを証拠にオーストラリアはインドと急接近して連携を図っている。

オーストラリアのスコット・モリソン首相は一昨年の2018年に来日を果たしているが、まだ52歳の若い首相である。笑顔で日本の安倍首相と握手するオーストラリアのスコット・モリソン首相。バイタリティにあふれ、文字通り国歌で歌う「我らは若い」を感じさせる首相である。

1握手

米中を軸とした世界の二極化が進む今、日本は指を咥えているわけにはゆかない。オーストラリアは日本にとってかねてからの友好国だが、中国包囲網という意味で大きな存在と言える。

太平洋と南シナ海を取り巻く対中国構想はハワイを含めると日本→インド→オーストラリア→ハワイ(アメリカ)がちょうどダイヤモンドの形となるので、ダイヤモンド構想と言われる。誰が名付けたのか?知りたい気がする(笑)

2ダイヤモンド

横町コメント
先日、朝鮮半島を巡る情勢(世界の二極化)について述べましたが、中国はアフリカ各国にも巨額の投資をしており、新興国各国の動向が見逃せません。ヨーロッパに関してはイタリアやドイツが中国よりで、イギリスを始めとした他の国がアンチ中国ということで複雑な様相を呈しています。昨今の二極化されつつある国々を見ますと、ラグビーで言うスクラムを組んで、双方が力比べに及んでいるようにも見えます。

日本にとっての真の隣人はアメリカのみでなく、やや距離の離れたオーストラリアという見方もできるのではないでしょうか?もちろん新興国であるインドとの経済交流にも期待しています。朝鮮半島の二国に関しては、これまでと所属が入れ替わるという説(福山隆氏)もあり、先行きがなかなか読めません。コロナの影響のこともあり、厳しい経済情勢が背後にあるように見えます。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

3六百横町
関連記事

コメント

こんばんは

第2次世界対戦時の出来事を乗り越えて
育んできた友好関係、今後は更に強固な
関係を築いていくべきだと感じます。

URL | ichan ID:-

コロナ禍をきっかけに噴出してきた世界各国からの疑惑・不満…。
また、香港における一国二制度の踏みにじり…。
世界経済において、大きなウエイトを占める中国の大きな変説の今後が、大いに気になりますね…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

自分はブログによく音楽をリンクさせていますが、昨夜はこれを追い風としての更新になります。中国の圧力に対してこれまでよりも更にオーストラリアとの結束を強める必要性を感じています。そういう意味で、国歌Advance Australia Fairのリンクがあるのとないのでは大違い(あくまでも自分の中での話ですが、オーストラリアのかたへのアピールも視野にございます。)と考えております。

スコット・モリソン首相の確固たる表明が心に響き、記事を立ち上げる大きな動機に繋がりました。その強い意志と力強い国歌が結びつきました。
豪との関係に対する大変深い考察には感謝申し上げます。本日もモチベーションを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

昨年の晩秋に続き二度目のリンクとなった動画です。この中で一人のオーストラリア選手(フォワード)が感極まり、体を揺さぶりながら「進め 美しのオーストラリア 」を歌っていたのが大変印象に残りました。このファイティングスピリッツと昨今のオーストラリア情勢がドッキングし、本記事を書く大きな動機に繋がりました。やはり音楽リンクの効果は大きいと考えています。

英国系の国家に対して自分が感じるのは誠実さと厳格な精神です。見逃せない点として天皇制と王制の酷似もあります。このあたりが友好国の原点(国民性と考えた場合、馬が合う)となっている気がしてなりません。大国となった中国に少しも媚を売ることのなかったオーストラリア首相の毅然とした態度を高く評価したい所存です。今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ありがとうございます。


お早うございます、

豪州は我が国には資源面でも良い協力者ですね、
最近はLNGガスの日本への輸入が多いです、
今まで頼って来た石炭も豪州がメインでした、
広大な面積ですから家畜の日本への輸送も頼れます
良いパートナーでしょうね、

雲MARUさん、ありがとうございます。

オーストラリア国歌には大変惹かれるものを感じます。「我らが故郷は 海に囲まれ 大地は自然の恵みに 溢れんばかり 豊かで稀有な 美しき自然」という歌詞にオーストラリア人の矜持を重ねます。

オーストラリアは大変頼もしいパートナーと捉えています。本日も格別なる追い風を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。ありがとうございます。

ラグビーワールドカップで活躍した選手が見えています。
昨日の様に思い出されます。
透明感のある歌声は「アドヴァンス・オーストラリア・フェァ!」
自国を称える美しい響きです。
これからも友好の国としてお互いの良い関係を築いていけたらよいですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

リンク国歌への感想を頂き感謝申し上げます。だいぶ以前に申し上げましたが、「アドヴァンス・オーストラリア・フェァ」はよく出勤時に心の中で唱える国歌です。聞くだけでモチベーションが高揚するのは歌詞を常思い浮かべる所以と考えております。
これは立派な国土賛歌と言えますね。根底において、英国系の国家と我が国の相性がいい理由については
①王制と天皇制の類似
②誠実を善とする国民性
③フェアーなファイティングスピリッツ(武士道と騎士道の共通性)etc
と考えています。
「安全保障のダイヤモンド構想」は安倍首相の提案とのことですが、是非連携の強化を図ってもらいたいと考えています。コロナ収束後にスコット・モリソン首相が訪日されるとのことで、今から非常に期待しています。今回もお励ましを頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)