FC2ブログ
 「死ぬ覚悟した」〜福島原発の元運転員、初証言 


リンク動画について
昨日Fukushima 50を見た自分だが、本日は往時の福島第一原発の第一線で死と向き合った元運転員のインタビューを引用した。Fukushima 50では現場の50人(実際は60数名)が英雄として描かれており、大筋で政府や本店の対応に疑問が投げかけられるようなストーリーになっているが、これが果たして本当なのか?井戸川隆太さんの証言を基に考証して行きたい。

履歴を記載する。
3月11日:この日は非番で地震が起きた際は自宅(双葉郡双葉町)に居た。地震が起き、第一原発には17時前後に駆け付けた。敷地の中の耐震棟で待機する。

3月12日:1号機が緊急停止する中で、手動でベント(開放弁)を開ける作業を試みるが、原子炉内は既に高濃度の放射能で汚染されていて、時間制限も加わり思うように作業が進まない。

3月12日15時36分:大音響とともに1号機が水素爆発を起こし建屋が吹き飛ぶ。(この時井戸川さんは余震と見分けがつかなくて画像で知ったという)このとき井戸川さんは中央制御室に居た。吉田所長は本店に対して水を要求するが思うように運ばず、海水を入れようとするが、本店が機器が腐食することを理由に真水を使うように指示。吉田所長は時間的な余裕がないことを理由に独自の判断で海水の使用を決定する。

3月12日~3月13日:水素爆発の後は若い社員(40歳以下)を退避させた。中央制御室には年配者が5、6人残ることとなる。(井戸川さんはこのとき、先輩社員との今生の別れを覚悟して涙ぐみそうになったという)その後、井戸川さんは耐震棟で待機を強いられる。

3月14日11時01分:今度は3号機が水素爆発を起こす。井戸川さんは本店はなにをやるにしても遅いと感じる。同時に現場と本店の意思疎通ができていないのを痛感する。(心情として歯がゆい思いか?)

3月18日:ようやく帰してもらう。避難先は東京。

4月某日:東京で被爆の値を計測すると東海で精密検査を受けるように指示される。東海で検査を受けたところ、被爆値が東京で計測した時よりも下がった為に、その為を被爆値とされてしまう。(意図的な隠ぺいか?)

12月16日:政府(当時は民主党政権)から事故終息宣言(STEP2の完了)が出される。井戸川さんはとても終息と言える状態でないという。

2012年1月:井戸川さんが東京電力を退職

※淡々とインタビューに答える井戸川さん(地元の双葉町出身)。原発の中で何があったか、本当のことを風化させてはならないと考え、インタビューに応じる決心をしたという。

1井戸川さん

井戸川さんが東電を辞めた理由を箇条で記す。Fukushima 50で意図するもの(政府と本店によって現場が翻弄されたことだけを強調している)を感じなくもないが、当時の現場のガバナンスに問題はなかったのだろうか?本店が悪いのか現場が悪いのか?非常に微妙だが、このへんは指揮命令系統や人事権も絡むので、当事者以外はわかり難いところである。

2言い分

横町コメント
映画は所詮造り物であり、目くじらを立ててまで再現性を問題視するべきでないのかも知れません。但し、虎ノ門ニュースで原作者の門田隆将氏の述べた実態と違っている気がします。自分はFukushima 50に水を指すつもりはまったくありませんが、当時現場の第一線におられたかたには、こうした不満を持つ方もあられたわけで、映画イコール事実とは必ずしも言えないようです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

3七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

今回の記事を拝見させて頂き、多くの
問題点について知りました。
日本もメタンハイドレードなどの
資源は見つかっているものの、商用化
での採算性には疑問視されています。
ベースロード電源の在り方や廃炉する
にしても若手技術者の育成も重要と
感じています。

URL | ichan ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

井戸川さんの往時の心情を探ってみました。記事中の箇条書きにしたこと以外で自分が感じたのは、原子力そのものの安全性に疑問を生じたからなのかも知れません。先に起こった臨界事故の悲惨さを思うとこんな危険なものが本当に人類に幸せをもたらすのか?疑問を持たずにいられません。

モラハラ、パワハラの類はどこの職場にもありますが、これが生命の危険に関わると更に深刻なものとなります。このあたりは当事者のみが実感できる要素なのかも知れません。

全体主義と民度の高さは紙一重ゆえ、勇気ある井戸川隆太さんのインタビューを私は高く評価(支持)したい所存です。一石を投じるどころか、それをはるかに凌ぐインパクトを放つのは、本人が命の危機に瀕したがゆえに相違ないと自分は考えております。本日も有意義な話題を提起して頂きました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

今日は、

当時の現場に居た運転員の生の証言ですから
リアルですね、
東電の現場を使い捨ての体質に憤りを感じます、
事故直後の自衛隊と消防と警察の素早い対応も日本を救いました、
現場を実際に知らず「事故終息宣言」を出す
国と東電の対応は未だに廃炉に向けて続く長い
道のりを考えたのだろうか?

一作業員証言…。貴重ですよね…。
このような未曾有な事故に関しては、例え現場を熟知したリーダーであっても、100%完璧な対応ができるわけがありません…。例え、それが、結果的に100%完璧な対応であったとしても、そこに居たスタッフが、それに対して完全に満足したわけでもないでしょうから、いろんな各所からの証言が大事なのだと思います…。
本日も、貴重な情報、ありがとうございました…。

URL | boubou ID:-

雲MARUさん、ありがとうございます。

組織と言うのはこういう時に事実を隠蔽しようと考えます。これを告白するのは勇気がいるわけですが、これには国民性が相当関与している気がしてなりません。Fukushima 50は飽くまでもたたき台であって、事実をそのまま反映した映画とは言い切れない気が致します。

それでも自分は及第どころか、こういう映画を良く創ったという評価をしたいと考えています。隠蔽体質を生み出す根源こそが我が国の負の遺産とも言える全体主義的思考と考えています。それだけに目付け役である野党の存在は重要です。野党が弱体化すると与党の成すことに歯止めが利かなくなる。民主党政権の残党が今の野党のTOPに位置するというところに自分は強い危機感を抱いています。

本日も有意義な御意見を賜りました。ありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

責任が本店にあるのか?それとも現場にあるのか?当事者でないとわからないものがありますが、最後まで職場を捨てなかった勇気には頭が下がる思いが致します。映画を見たかたの中には、原作を読みたいと思うかたもおいでになると考えています。

このかたの本音(インタビューでどうしても言えなかったこと)に迫ると原子力そのものへの是非があったのでは?と考えています。ここ数日例の臨界事故のことを振り返っていますが、放射能を浴びた人体がどんなことになるのか?を考えただけで恐ろしくなって参ります。
我々は子孫に対してベネフィットと引き換えに、このような多大なリスクを残していいのか?胸に手を当てて考える絶好の機会と認識しております。

自分はインタビューと交錯しますが、Fukushima 50にはそんなメッセージが含まれているとも感じました。本日も有意義な御意見を賜りました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

一作業員ですが貴重な証言をしたと思います。
勇気がいったことでしょう。
国と東電の在り方我々には計り知れないものがあります。
この貴重な証言が後々振り返って
一石を投じることになるのなら
又勇気も無駄ではなかったかと思えます。
難しい問題です。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

YOU TUBEには福島第一原子力発電所で働いていた元社員の動画が複数存在します。会社を辞め柵がなくなったからこその投稿と受け止めております。自分は映画を見てから、各人の発言の重みを十分に感じながら一つ一つしらみつぶしに見ています。何か思うことがあった際は別枠でスレッドを立てたい所存です。

動画は原発の在り方を国民一人一人に問う類のものですが、これに対して我々は盲目であってはならない。もっと当事者意識、危機意識を持たねばならないと考えています。放射能は本当に怖いですが、ボタンとリボン様も事情にお詳しいと認識しております。

今回も有意義なご意見を聞かせて頂きました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)