fc2ブログ
本日は先日バイクのフロントフォークシリンダーの塗装に使ったダイソーメタリック塗料の経過についてお伝えしたい。前回塗装したのは7月2日なので、あれから10日近く経ったことになる。塗料が水性と言うこともあって、アルミ面に対して剥がれないか気になっていたところであった。確認のついでに前回オイルで汚れて濡れなかった部分(プラスチックバンドよりも上の部分)を塗ることにした。ビフォアー画像をご覧頂きたい。傷が錆を呼びあばたのような状態になっている。

1ビフォアー

これがダイソーのメタリック塗料(シルバー)である。前回塗装したシリンダー部分は御覧の通り、艶こそないが今のところ、剥がれる気配はないようだ。一度雨天走行も経験したが影響はないようだ。メタリック塗料は含有成分の関係上、一般の塗料よりも剥離し難いのかも知れない。これが本当だとするとアルミ面の塗装に艶消し塗料として使える可能性がある。(但し、もう少し長い目で経過を見る必要があるのかも知れない)

2シルバー塗料

あばたのようになった部分にはオイルが付着していたので、シンナーで拭き取った。その上で180番のサンドペーパーで研磨しあばた状の錆を取り除いた。

3サンダー

アフターは御覧の通りである。二回三回と塗り重ねれば艶消しになるが、一回塗りに留めれば表面の艶を失わないようだ。なにかコツのようなものを覚えた気がする。

4アフター

横町コメント
ダイソーメタリック塗料は思った以上に使えそうです。アルミでさえ塗れるということは、鉄部はもっと楽に塗ることが可能ということが言えます。メタリック塗料にはシルバーメタリックの他、ブラックメタリック、カッパーメタリック(銅色)と全部で三色あります。車やバイクのパーツの部分塗装や工作にも十分使えそうです。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

5七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)