fc2ブログ
 Johann Strauss II - Rosen aus dem Süden - Walzer, Op. 388 
リンク曲について
ヨハンシュトラウスの南国の薔薇である。セカンドライフを歩む私だが、現役生活のように根は詰めたくない。あくせく働きストレスを溜め込みたくないからだ。幸い今の会社は週休三日の勤務である。水曜日は正にハーフタイムで余暇時間が取れ、週の後半に向っていいインターバルが取れる。そして夕方からいつもよりやや早い晩酌を愉しむ。これに勝る至福があるだろうか?ヨハンシュトラウスの格調高いワルツを聴くとき、私は或る哲学者の言葉が脳裏をよぎる。それは三木清の「人生はメイクフィクションである」ということだ。

昨年の夏に土木会社を辞め、ダンプを降り今のような境遇を作り出せたのは他でもない。自分の書いたシナリオである。仕事の満足度において、第一希望のダンプカードライバーには劣るが、その代わり週休三日は嬉しいシチュエーションであり、願ってもないアドバンテージである。然らばそのアドバンテージを確と活かしたい。本日の日中は若林図書館に行って新たな読本を借りた。

自分を精神的不調から救ってくれたのは「侍への成り切り」もあるが、哲学の修得による自己改革に拠る部分が大きい。本日私が借りてきた著物は栗原剛著「佐藤一斎―克己の思想」である。佐藤一斎は江戸時代の儒者であり、表面上は朱子学を本道としながらも陽明学を支持した学者である。朱子学が徳川家康の求めた学問(組織と規律を重んじる)なら、陽明学は幕末の攘夷を生んだ自己主導的思想である。このあたりについてはくどくなるので、日を改め出来れば箇条書きにして噛み砕いて述べたい。

季節もすっかり良くなった。正に春宵一刻価千金の季節である。ならば尊敬して止まない伊達政宗公の晩年の句『四十年前少壮の時功名 聊 復 自 私に期す 老来識らず干戈の事 只把る春風桃李の卮』(若い頃は天下に志を持ち戦いに明け暮れたが、やがて世は天下泰平になり我が身もすっかり老いてしまった。全ては過去のことである。かつての老雄は桃李のもとで酒を嗜み、穏やかに春風を愛でている)の心境に近づき、人生航路の軌跡を振り返りたい。我が人生を振り返れば、ほろ苦いことなどはまだまだ甘い。一時自分は真剣に死のうと考えたこともあったが、どうしても出来なかった。それは家族の存在に他ならない。

政宗公はお家存亡の為に出来る限りの手を打ったが、今の自分も全く同じである。自分は幼少時に祖父母からとても返しきれないほどの恩愛を受けた。であれば、それを子孫に返し、祖父母から受けた深い恩愛に少しでも応えたいのである。孔子に言わせれば、自分が五十を前にして遭遇した出来事も天命なのかも知れない。だが天命には二つの意味がある。それはどうしても避けて通れない運命と、自分が天から賜った使命である。自分は今安全管理の仕事に就いているが、この仕事こそが孔子の言う二番目の天命と受け止めている。この仕事は大変奥の深い仕事である。

建設現場に安全パトロールはつきものであるが、これは単なる揚げ足取りであってはならない。自分が安全パトロールに際して心掛けることは
①挨拶は自分から率先して行う。
②挨拶の極意は自分と相手が互角の立場であることを示すことであり、相手に対して敬意がなければ、真の挨拶とは言えない。
③先ずは相手がやっていることを認め、讃える。讃えるとは言葉にして発することである。自分のことは後回しにして控えめに手短かに述べる。
④是正を求める事項に関しては理路整然と、且つ単刀直入に要点だけを述べ、手身近にする。
⑤硬いだけが全てではない。時として雑談(世間話)も取り入れ、相手の気持ちをほぐす配慮が必要。こうした会話は人間関係の潤滑油になるものだが、だからといって無駄話はしない。

以上である。

自分はここ7箇月に渡ってこれを心掛け、「怪力乱神を語らず」という理念と、自分のキャリアとスキルを信じてやってきた。これは勿論儒教の教えに他ならない。現役時代の自分は、唯々生き残ることのみと考えていたが、今は全く違う。それはグローバル社会は相手を認めることから始まるということである。自分を認めて欲しいならば、先ずは相手を認めることが先決、これは多くのブロガーに述べたいことである。

ミック挨拶
本日は最近知り合った或るブロ友様にアドバイスしたい。それは身内の自慢話は自分の自慢話とイコールになるということです。もし心当たりがあるならば、これからはその姿勢は改めたほうがいい。やはりブログの基本は自分自身が如何に謙虚になれるかに掛っている。私はそれに気付くのに七、八年掛った。貴方はもっとそれを人事とせず、真剣に考えたほうがいい。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)