fc2ブログ
特番『第2弾!疑問・質問に答えます!”集団免疫が達成”されているのか!?』ゲスト:京都大学大学院医学研究科特定教授 上久保靖彦


リンク動画について
本日は松田学政策研究所チャンネルからの引用となる。京都大学大学院の上久保靖彦特定教授の唱えるコロナの集団免疫確立説に第二弾となる。去る7月26日の流されたYOU TUBE動画は既に60万ヒットを超え、大センセーションを起こしているといって過言ではない。

動画には既に1300件近いコメントが寄せられ、その内容は①評価するもの7割、②批判するもの2割。③よくわからないが1割であったという。上久保教授の述べることは全て裏付けがあるので我々素人にもわかりやすい。但し、最低限度の予備知識として疫病における集団免疫について理解する必要がある。これを基礎から知りたいかたは拙ブログのhttps://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-2682.htmlを御覧頂きたい。

1インフルエンザ推移

中国の一大行事である春節で外貨が転がり込むのをもくろんだ我が国は3月8日まで、中国からの旅行者を止めなかった。これがK型ウイルスが大量に持ち込まれる要因となり、その結果より感染力の高いG型の感染予防に役立ったと上久保氏は述べてる。これがもし本当だとするならばまさに「怪我の功名」である。

2獲得したT細胞がものを言った

上久保氏が述べたことをまとめてみた。何れもこれまでの固定概念を大きく覆すことばかりだが、どうしても信じられないというかたがお在りならば、動画を見て頂きたい。果たして嘘でこんなことが言えるのか?綿密なデータ分析があっての所見に他ならないと私は考えている。

3要点14要点2

集団免疫獲得と言っても全数が獲得したわけではない。逆に比較的感染者の少ない岩手県などが心配と言える。上久保教授は東京では既に9割がコロナに関する集団免疫獲得済みとしている。

5集団免疫が出来ても感染はする。但しその比率は徐々に少なくなってくる

内閣は既に上久保氏の唱える集団免疫獲得説を知っており、発表こそしないものの現在の政策(半自粛策)に反映しているものと思われる。だがこれは自治体まで伝わっているとは言い難い。理由は万一外れたらまずいということになるのではないだろうか?

6なぜ安倍総理は

横町コメント
この動画は昨日掲載されたものに関わらず、既に十万ヒットしています。それだけ国民の着目度が高いものと言えます。つい先日まで半信半疑の多かった集団免疫獲得説ですが、いよいよ日の目を見る時が近づいている気が致します。皆さんはどんな感想をお持ちでしょうか?

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

7七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)