fc2ブログ
 歴史ミステリー 伊達政宗 戦国最後の野望1 
リンク動画について
NHKのYOU TUBEは削除されるケースが多い。但し、不完全なもの(全編を網羅してないものや所々に雑音等が入っている動画)はその対象外である。実は自分がリンクしたNHK動画も随分削除された。だが、この動画は視聴にやや難があるので削除されないと踏んだ。読者様においては、このあたりの事情をご理解の上、鑑賞願いたい。

本日はNHKの歴史番組・歴史ミステリー 伊達政宗 戦国最後の野望1をリンクした。放送時間(約30分)から言って2もある。時間のあるかたはご覧になって頂きたい。

 歴史ミステリー 伊達政宗 戦国最後の野望2 
今から11年前のサラリーマン時代に、私は人生最後のピンチに瀕した。それは転勤がきっかけで鬱を発症したからである。その私の理解者は医者と家族と少数の取り巻きだけだった。パフォーマンスが落ちた私に向けられた評価は「あいつはやる気がない。能力がない…」が殆どであった。治れば元通りのパフォーマンスを取り戻せるのに、そういう見方は一部の理解者を除いて居なかった。鬱には2年ほど苦しめられた。そんな私に喝を入れてくれたのが、尊敬して止まない伊達政宗公である。

NHK「その時歴史が動いた 天下に旗をあげよ 伊達政宗 ヨーロッパに懸けた夢」が放映されたのは2007年12月27日のことだった、その放送を録画した私はそれを200回近く、毎日のようにずっと見続けた。そんな私に或る日劇的な変化が訪れた。こともあろうに、自分が伊達政宗公に成り切ったのである。それは病状が鬱から躁に転じた瞬間でもあった。躁の転じた自分にとって、何も怖いものはなかった。これによって周囲と軋轢を生ずることになったのは想像に難くない。

それまで子羊のように大人しかったミックが或る日突然別人のように変わった。そんな馬鹿なことが…こいつは気が狂っている!そんな好奇に満ち溢れた視線が周囲から毎日のように向けられた。だがそんな私にとって、自分を客観視する目は全くと言っていいほど持ち合わせていなかった。こうして私は再び休職を余儀なくされた。

伊達政宗の凄いのは、一つのことにこだわらず、常に多くの選択肢を意識していたところである。録画を見た私は政宗の懐の広さに感服した。彼は弟を殺したと見せ、偽装工作してまで伊達家の血筋を残そうとした。明日の命もわからぬ戦国大名にとって謀略は欠かせない。彼は気性が激しかった。頭脳明晰であり機転の速さは飛び抜けていた。自分はそんな政宗公にあやかり、サラリーマンとしての生き残りを図った。そんな自分に対して、もちろん逆風は絶えなかった。

だが私には自信があった。それは「礼節、仁、忠恕のない者は恐れるに足らず」ということである。自分を侮って近づく者に対して私はためらうことなく長脇差を抜いた。そんな私はもちろん孤立した。それでも孤立してからが辛抱のし処だった。そうこうしているうちに遂に私は「定年退職」という決定的勝利を勝ち取った。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本題に入ろう。実はここ数年に渡って自分のブログは低迷を続け、目指すべきものを見失っていた。だがその懸念がここに来てようやく晴れようとしている。それはここ11日間に渡って訪問者が200オーバーとなっていることである。
黄色:PVにおける500ヒット
赤:訪問者における200ヒット

記事アクセスランキングをご覧願いたい。上位10傑の中で歴史関係の記事が4、文学が1である。これを見ただけで今まで地道にやってきた甲斐があるというものである。

性別こそ80パーセント男性となっているが、年代では非常に幅広いものとなっている。10代と10代未満がこれだけの範囲となっているのは願ってもないことであった。

ミック挨拶
伊達政宗公は中央政権に対して常に対抗意識を燃やし続けた人物でした。自分にとっての中央政権は、サラリーマン現役時代に立ちはだかった人物に他ならない。然らば、ルサンチマン(復讐心)のない自分は牙を抜かれた獅子の如し。復讐に燃えるも人を恨まず。然らば、ルサンチマンによるベクトルは正しい方向に向けて発散したい。具体的には文藝に勤しみたい。自分はこれを踏まえ多くの人に訴えるブログでありたい、濃いブログを運営したいと心得ます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)