FC2ブログ
 JS BACH - JESU, JOY OF MAN'S DESIRING BWV 147 - ORGAN OF ST. PANKRATIUS-KIRCHE, GÜTERSLOH, GERMANY 


リンク曲について
JS・バッハによる「主よ、人の望みの喜びよ」のリンクである。いろいろと波乱の多い現役時代だったが、今はすっかり心の傷も癒え過去のことを振り返ることもなくなった。カタルシスに一歩一歩近づいている感のある今の私である。後何年生きられるかはわからないが、今は将来を向いて生きている。論語でいう「六十にして耳に順う七十にして心の欲するところに従えど矩を越えず」の域に、自分がどれほど近づいているのかはわからないが、目指すべき道は視野に入っている。

儒教の「儒」は潤うという意味があるが、自他が潤うべく自らが目指す領域はとにかく他人に対して礼節と仁を貫くことである。若い時分は敵だらけで、自他がともに潤うなどということなど考えたこともなかったが、長い年月をかけてようやく、この摂理が徐々に身についてきた気がする。それだけ人間が丸くなったのかも知れない。河原の石が下流に来るほど丸くなることと酷似しているが、これは今の自分が片時も忘れてならないことと捉えている。

荘厳極まるこの曲を聞くと、これまで自分が歩んできた「茨の道」を改めて思い浮かべる気がする。自分では回り道をしたと思っているが、つまらぬ些事の数々さえ、長い人生航路という大きな視点で捉えるならば、無用の用だったのかも知れない。人は元々百人百様の感性を有するわけだが、「人の世に他人の多様性を認めずして和合はない。」今宵はそんな取り留めもない想いを胸に抱きながら、濃い目のウイスキーのオンザロックを嗜みつつ、ジョナサン・スコット演奏のJS・バッハの曲に酔っている。

1ジョナサン・スコット

ようやく暑さから解放されたと思ったが、梅雨の再来ような鬱陶しい気候がこのところずっと続いていた。早くこのまとわりつくような天気に別れを告げたいと思っていた昨今、本日の火曜日は朝からまあまあの天気に恵まれた。まだまだ紅葉には早いが、宮城県の県道22号線(旧国道4号線)の街路樹を見上げると、微かにその気配を予感させるものが感じられた。

2北二番丁交差点

オフィスビル前に設けられた花壇にはヤブランの花が植えられていた。かつて戦いに明け暮れていた頃の自分は道端の草花に視線を向ける余裕など全くなかったが今は違う。動植物を問わず、生けるもの全てが愛らしい。生けるものといえば、いつの間にか街路樹から聞こえていたセミの鳴き声が影を潜めた。そんなことから確実に季節が秋に向かっているのを感ずる昨今である。

3ラベンダー

仙台市役所脇の北一番町を通過する。この通りは116年前に21歳の志賀直哉が親戚を頼って訪ねた場所である。宮城県石巻市出身の文豪・志賀直哉と仙台の関わりについてお知りになりたいかたは拙ブログ記事「志賀直哉、明治37年の山形の旅https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-1536.htmlをクリックして頂きたい。

4市役所前

一番町に入った。この海鮮料理店は以前も紹介したが24時間営業である。朝帰りの若者が利用する店でもあるが、健全な経済を取り戻すためにも同店の業績の安定を祈念したい。国が元気になるということは、若い人がこの国に生き甲斐を感ずることである。かつての自分がそうであったように、アフターコロナの方向が是非その方向に向かうことを心から願っている。

5飲食店

建設中のビジネスホテルの現場に差し掛かった。コロナの流行で工期が遅れているようだが、ようやくアーケードの上に鉄骨が見えてきたようだ。このホテルが仙台の目抜き通りである一番町にどんな景観をもたらすのか?確と見守って行きたい。

6新築中のホテル

広瀬通を通過して全天候型アーケード街に入る。時刻はAM7時を過ぎたばかりでまだ人通りは少ない。目指すはもちろんサンマルクカフェ仙台一番町店である。

7サンマルク近く

横町コメント
自分にとっては、大きな意味のある週の中休み(水曜日)を前にして、本日の火曜日は十分な布石ができたと考えています。自分は長い助走期間を経て、ようやく自分を俯瞰するという癖が定着してきたわけですが、現役時代のみに留まらずセカンドライフに入ってから学んだことは非常に大きいと考えています。

もう一度言いますが、「儒教とは自分のみならず、自他が潤うための思想」です。(自分は微塵も儒教を宗教とは考えていません。あくまで思想であり哲学の域を出ないものです)これを強く心に念じて、これからも充実したセカンドライフを歩んで行きたい所存です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

8七百横町
関連記事

コメント

こんばんは

清々しい出勤風景。
秋を感じました。
明日の昇華を期待しています。

URL | ichan ID:-

移りゆく季節を感じながらの、通勤途中の思索…。
通勤途中のとはいえ、充実した時を過ごされましたね…。
私も早朝の朝練散歩で、路上や公園で見るさまざまな風景(自然・人間の営み)を通じて、いろんなことを考えたりします。
本日も、いいお話を伺いました…。ありがとうございました…。

URL | boubou ID:-

ichanさん、ありがとうございます。

日増しに秋が深まるこの時期ですが、現役時代、東北北部や西部で就業したことが多く、仙台の秋には「比熱」(温められた湯がなかなか冷めないというニュアンス)を感じます。

この秋もこれを是非追い風としたいと考えています。本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

boubouさん、ありがとうございます。

数年前の現役時代、人間関係に悩んでいた際、貴兄から「風に靡く生き方」を推奨されたことを今でもはっきりと記憶しています。往時はなかなか耳に馴染まなかったご教示が、様々な思考錯誤を経て、昨今ようやく理解できてきた気が致します。(但し完全に悟りきったわけではありません;)

実は貴兄と全く同じことを述べている精神科医がYOU TUBEで様々な情報を発信しているのです。挨拶をしない人物とどう接したらよいのか?これを明確に述べている著作は稀ですが、その極めて朧な部分を語っているところに特異性を感じています。

禅の教えは「自立の重要性」を説いていますが、このような朧げな部分は様々な解釈があって然りであり、自らが線を引くべき部分であるというのがこれまでの自分の理解でした。この医師はこれをさらりと言ってのけるところに独自性を感じています。難を言えば、挨拶の仕方が雑(片手を挙げる仕草が尊大に見える)ですが、いずれ記事にも取り上げたいと考えています。

本日もお志を頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

お早うございます。

ここ数日不安定な天候ですね。でも朝夕の涼しさは有難いです。
出勤風景も秋の気配を感じられて、これから快適の事と思います。
ヤブランの花壇の後の花や、変わりゆく街の光景を又お伝えください。

URL | suosyou2 ID:-

suisyou2さん、ありがとうございます。

朝夕が涼しくなってめっきり秋らしくなって参りました。通勤が快適になったのは大きな追い風です。街路樹を見ながらの通勤ですがプライベート時のウォーキングとさほど変わらぬシチュエーションでできるのは有難いですね~

ヤブランという花なのですね。勉強させて頂きました。本日もお志を頂戴しました。ありがとうございます。

こんにちは、

早朝の出勤時はまだ一番町は静かな
風景ですね、
24時間営業の海鮮料理店があるのですか?
コロナの影響で客足も伸びてないかも知れませんね、
急に友達が来た時はこういう店が有ると
便利でしょうね、

今日は週の中休みでしたね、
お休みを充分とお楽しみください。

雲MARUさん、ありがとうございます。

朝夕の通勤時に目抜き通りを通れることが公私のモチベーションUPに直結しています。一番町に直行する通りである定禅寺通の欅並木の紅葉が今から楽しみです。
コロナは依然として景気回復の足かせになっていますが、最近やや上昇し始めた実行再生産数を見守って行きたい所存です。近いうちに記事にしたいと存じます。

本日もお励ましを頂戴しました。ご配慮に感謝申し上げます。コメントを頂きありがとうございます。

横町利郎さん

今日リンクしていただいたバッハの曲は
何度か聴いたことがありましたが
タイトル名は、横町さんのおかげで初めて
わかりました。
紹介していただきありがとうございます。

また、ユーチューブでの神河さんや
ウィル増刊号 見させてもらいました

こちらも紹介ありがとうございます
これからもよろしくお願いいたします。
           (^_^)v

URL | まりっぺ ID:-

まりっぺさん、ありがとうございます。

まりっぺさんのサイトは音楽ブログゆえ、リンク曲の選定は結構吟味されると察しております。実は自分も随分とこだわっています。JS・バッハによる「主よ、人の望みの喜びよ」は以前別な演奏者の曲を何度かリンクしましたが、ジョナサン・スコットのものは今回が初めてでした。演奏もすばらしいですが、隙の無い服装やきりっとした髪型にも好感を抱いております。

YOU TUBEリンク先への訪問に感謝申し上げます。最近はYOU TUBEから情報を得ることが多くなりました。過去の拙記事をURL表示することが多くなりましたが、これはようやくFC2ブログが軌道に乗ってきた証です。ここまで来るのに苦労しましたが、最近は張り合いが出て参りました。まりっぺさんにはいつもモチベーションを頂いています。

ご配慮により、今回もお励ましを頂戴しました。コメントを頂きありがとうございます。

ジョナサン・スコットの荘厳な曲
秋の始まりに聞いてほっとしています。
出勤途中の風景はいつしか秋の気配が感じられて
過ごしやすくなりましたね。
お気に入りのコーヒー店に立ち寄り今日一日の元気が湧きますね。
ヤブランの花も夏中元気に咲いていて丈夫な花ですね。
穂状の淡紫色の花がもう少しで紫黒色の果実が見られますよ。
植物は実を結ぶのに一生懸命ですね。

ボタンとリボンさん、ありがとうございます。

自分はキリシタンではないのですが、JS・バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」を聞くと、何か懺悔したくなるような気持に無性に駆られるのです。荘厳なパイプオルガンの調べに酔いながら、思うのは過去への後悔と未来への邂逅です。自分は奇を衒わずをモットーに掲げておりますが、ジョナサン・スコットの隙のない身なりや誠実な表情に対して特化を感じます。

実はこの曲はYOU TUBE上で7万強のヒットとなっていますが、ヒット数だけで言えばこれ以上のものはあります。但し演奏者の身なりや表情が醸し出す’品格’において、なかなかこれを凌ぐスレッドが見い出せなかったのです。最近彼の演奏に惹かれる理由がここにございます。

枯れ葉の季節には今暫く時間がありますので、今は仙台の秋の比熱の高さ(青森の下北や津軽、秋田など、東北北部でよく仕事をした自分には仙台の秋が長いというのが大変有難く、このような表現をさせて頂いております)に感謝しつつ、過ぎ去り行く季節を愉しみたい所存です。

ヤブランの花の色の移り変わりをご教示頂き感謝申し上げます。是非この目でそれを見たいと考えております。本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。コメントを頂きありがとうございます。




コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)