fc2ブログ
【武田邦彦】お酒を飲んでいない人は例の病気が多い、逆に飲む人は病気になる確率も下がってくる。 


リンク動画について
久しぶりに武田邦彦教授のYOU TUBEをリンクした。聞くところによると武田教授は右のものを左と言い、左のものを右と言う傾向があると言う。科学者としてはそれでもいいのだろうが、彼は大学教授でもある。義務教育ではないにしろ、人に学問を教える立場にある人物である。然らば、もう少し口の利き方に気をつけるべしと考えている。例えばインフルエンザに変わってコロナが流行したことをもってして「今年の冬はコロナが猛威を振るい、インフルエンザで亡くなるかたが減ったので、本来はコロナよありがとうと言わなければならないはずです…」と述べたのは新型コロナで亡くなったかたに対し、著しく思慮を欠いた発言と言わざるを得ない。はっきり言えば時折倫理観という枠(社会規範)を越える発言が見られるのである。

そんな経緯もあって、今は彼のブログ(彼は自らのYOU TUBEのスレッドをこう呼んでいる)をたまにしか見ない。そんな中に着目するべき記事を見つけたのでリンクに及んだ次第である。一般論で言えば酒は健康に良くないというレッテルを貼られている。酒飲みから見れば肩身の狭い思いを感ぜざるを得ないが、その肩身の狭さを少しだけ挽回するスレッドを発見した。それは全く酒を飲まない人よりも、適量の酒とうまく付き合った人のほうがガンになり難いというものである。これは酒飲みには朗報だが、「適量」という条件が付けられると、「果たして自分は適量の酒を飲んでいるのだろうか?」という疑心暗鬼に駆られるのである。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ノルマとしている最低5キロウォーキングをクリアした私は時代劇チャンネルをつけた。お目当ての「続木枯し紋次郎」を見るためである。時代劇に合わせる酒はやはり日本酒に限る。銘柄は菊川酒造(岐阜)の清酒菊川(業務スーパー専用銘柄)である。価格と味のバランスから言って、この酒に勝る酒はないというのが私の見解である。ユーチューバーの信徒さんは自らの動画で菊川を紹介している。https://www.youtube.com/watch?v=MXjDUVAV6s4&t=232s
信徒さんはあまりいい評価をしていないが、これは個人差と解釈して頂きたい。

1木枯し紋次郎と晩酌

さて、武田邦彦氏の趣旨を箇条で述べたい。人間は適度な刺激がないと却ってガンになりやすいと言っているのである。

2武田邦彦趣旨

横町コメント
父方祖父とは長い人生で十年ほどの触れ合いでしたが、私は肉親の中で祖父ほど酒好きな人物の名を挙げることが出来ません。祖父は石巻で菓子店を経営していましたが、夜は晩酌と相場が決まっていました。既にテレビが普及していた往時、祖父が晩酌の折、どんなテレビ番組を見ていたのかはわかりません。或いはテレビは見ていなかったのかも知れません。

祖父と私

また祖父が酒の肴にどんなものを好んだのか?も謎のままです。後数年もすれば、自分もあの時の祖父と同じ年齢に達するわけですが、祖父の供養のためにも往時の祖父の心情を察してみたいと考えています。そんな酒好きの祖父は満75歳まで生きました。往時としては長生きの部類と捉えています。今となっては想像するしかありませんが、往時の祖父の心境に少しでも近づけるよう、様々な視点で在りし日の祖父を偲びたいと考えています。我が祖父の人となりについて詳しくお知りになりたいかたは『我がルーツと大河北上』上https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-173.htmlを参照になってください。

ちなみに大の酒好きだった祖父の死因はガンではありませんでした。心筋梗塞で遺言を述べる術もなく逝ってしまったのです。

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  

3七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)