fc2ブログ
 The Rolling Stones - Waiting On A Friend - OFFICIAL PROMO 
リンク曲について
私はブロ友様を大切にしている。今日はそんな気持ちが高じて柄にもなくそれに相応しい曲でもリンクしたいとYOU TUBEをいろいろとあさった。その中で閃いたのがこの曲である。メロディーもさることながら、動画も悪くない。2分30秒頃からは、パブで待ち合わせたStonesのメンバーの表情がいい。

気心の知れた仲間という雰囲気が伝わってくるが、現在の私のブログを取り巻くブロ友様もこの動画に登場するMick JaggerのFriendの如く親しい存在である。気心の知れたブロ友様とのお付き合いは愉しい。出来ればこれからもずっとこのような良好な関係を長きに渡って続けたいものである。

「怪力乱神を語らず」をモットーとする我がブログだが、本日は少しだけ大目に見て頂きたい。大変言い難いことであるが、ここ3年間に渡って低迷していた拙ブログの訪問者が久しぶりに増加に転じたのである。

PVの赤線:500
訪問者の赤線:200

黄色○を着目して頂きたい。3月16日にPV(一人の人間が何度訪問してもカウントされる訪問数)が久しぶりに三桁(1,133)となった。これを契機として、訪問者が一日平均200人オーバーにUPしたのである。

私は半年に一回ブログの棚卸しを行っている。下記の平均訪問者数の推移を見て頂きたい。2014年春~夏の一日当たりの平均訪問者213人を頂点として、その後三年以上に渡って低迷が続いていたのである。最近の訪問者数を振り返るに、ようやくその頃の水準に戻った気がするのである。

話を基に戻そう。冒頭で私はブロ友様を大切にしていると言った。これはブログを対話の手段と考えているからである。ギブ&テイクを望まない一方通行的な記事の更新ならホームページでいいはずである。それを敢えてブログとしているのであれば、私はブログの特性である「共存共栄」を推進したいのである。

今まで、残念ながらどうしても「ブログにおける共存共栄」を理解して頂けないかたが数人居られた。その方々は自分のブログの更新を第一に考えて居られた。私はそれを否定する気は全くないが、強いて言わせて頂くならば、そういう考えを持ったかたは、ブログを辞めてホームページに移行したほうがいいと思うのである。それは他人に不公平感(AさんにはコメントするがBさんにはしない)を与えるからである。

私にはポリシーがある。それはブログを続けるからには、「共存共栄の精神」だけは絶対に失わないということである。だから私は毎日3時半前後に起床し、ブロ友様の更新した記事を余すことなく、一人、一人丁寧に廻らさせて頂くのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ミック挨拶
本日は敢えて、大変話し難いことを言葉にさせて頂きました。ブログ広しと言えどもこうした苦言を堂々と吐くサイトも珍しいことでしょう。でも私は不完全燃焼が大嫌いな性分ゆえ、今回は誰にも遠慮することなく本心を吐き出させて頂きました。

私はここに新たに決意を表明させて頂きます。それはブロ友様を大切にするということにございます。私にとって大切なのは、自己主張のみでございません。己の主張と全く同じようにブロ友様の主張を確とお聞きしたいのです。私はこれをもって「SNSにおける誼の本質」であると受け止めております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)