fc2ブログ
本日の出勤前、久しぶりにカフェ・ベローチェ仙台一番町店に行った。ホームグランドにしているサンマルクカフェのサービス券(十回ドリンクをオーダーすると¥250相当のドリンクがサービスになる)が廃止されたせいもある。あたブレンドコーヒーのSサイズが税込み¥210で、隣サンマルクカフェよりも少しだけ安いということも魅力ある。

場所はぶらんどーむ一番町(一番町でも全天候型アーケードの設置された地区)と旧肴町の辻である。Wikipediaからの引用で仙台に肴町の歴史について説明したい。江戸時代初期には、仙台に入る水産物(五十集物)の販売を独占する特権を与えられた。この特権は、小売については1675延宝3年)に廃止されたが、その後も卸売を独占する特権が残った。その特権も失われた明治時代以降も、毎日魚のが立つ魚屋の町であった。江戸時代には肴町浜祭を催し、明治・大正時代には凝った仕掛けの七夕飾りが仙台の人々の目を楽しませた。

1945年昭和20年)の仙台空襲で焼き払われてから、魚屋の町ではなくなり、住宅地として復興した。1970昭和45年)2月1日には住居表示実施で町名が消えた。現在は肴町通りという道路とその道路に面してある肴町公園がかろうじて呼び名として残っている。


1ベローチェ

私は入口近くの広い席(4人掛け)についた。日中混んでいる時はこうもいかないが、朝だけの特典とも言える。四人掛けだけあって、とにかく広い。但し、イスにはサンマルクと違って高い背もたれがなく、背もたれにおっかかってまどろむ🥱💤ことはできない。(笑)

2机上

横町コメント
サンマルクカフェを捨てたわけではありませんが、開放感ではカフェ・ベローチェのほうに軍配が上がります。但し、イスの質や落ち着きではサンマルクカフェが勝るので甲乙つけがたいようです。カフェ・ベローチェには2階席もあるので、それも視野に入れた上で何回か通ってみたいと考えています。

ぶらんどーむ一番町の全天候型アーケードに守られ、雨風の影響受けず、どんな天候でも対応している立地条件も大いに魅力です。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


3七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)