fc2ブログ
バイクのリアキャリヤが最近ぐらついてきた。図書館で複数の本を借りた際にリアボックスに結構な荷重が掛かるが、この時にストレスを受けたのが原因なのかも知れない。本日はDIYで補強を行った。作業の邪魔になるのでマフラーは外した。

1現状

先ずはホームセンターでメッキのアングル金具を購入。価格は税込みで¥108である。そのままでは長過ぎて使えないので、グラインダーで切断することにした。皮手袋、フェースシールドつきのヘルメットを被って、完全武装の上での作業である。自作の万力はこうう時に便利である。

2切断作業

切断したアングル材の寸法である。

3切断したアングル

ビス穴を開ける箇所にコンクリート釘で窪みをつける。実はこの作業がポイントである。本来はセンタポンチという工具を使うが、ない時はコンクリート釘で十分である。

4ポンチ作業

トステムビバで購入した電気ドリルを使って穴を開ける。キリ先は百均で購入した安物なので切れ味がよくない。二三箇所穴を開けると切れ味が悪くなる。時折CRCスプレーを噴霧して冷却し、騙し騙し、穴あけを完了させた。

5アングル穴あけ

アングルに穴を開ける作業と比較して、下穴を開ける作業はさほど大変でない。それだけ素材の肉厚が厚くないという証なのだろう。

6下穴開け

念のため、一面につき四点止めとした。これで強度はバッチリ😃👌である。

7完了

最後にマフラーを装着して完了である。

8マフラー取り付け

横町利郎
このリアキャリアは社外品であり、メーカー純正ではありません。安価である分強度が不足していたようです。もっともリアボックスを装着したために、重い荷重が掛かるようになったわけで、リアボックスさえつけなければ補強をする必要もなかったのかも知れません。

それはさておき、これで安心してツーリングや買い物ができそうです。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。ブログランキング・地域情報・東北地区に参加しています。宜しければクリックをお願い致します。
  


9七百横町
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)