fc2ブログ
 大正製薬 ファイトで行こう! リポビタンD 
リンク動画について
ご存知の通り、王貞治は日本を代表するホームランバッターだが、その努力は半端なものではなかった。彼が荒川博コーチから受けた猛特訓は有名だが、一本足打法の習得は並みの努力では成し遂げられないものだった。畳の上での素振りは連日深夜にまで及んだ。

そのたゆまぬ努力が彼をホームラン記録保持者に導いたのである。後に、荒川コーチはこの畳は毎日一枚ずつ取り替えないとダメだったと述べている。デビュー三年間、三振の山を築いた王貞治がこのように変貌するに至ったのは、素質の他に、常人ではとても及ばない猛特訓があったのである。

王貞治と荒川博 素振練習 
私は今までブログにおいて、自らをファイター(ボクシング用語・相打ちを厭わず常に前に出るスタンスを貫くスタイル)として来たがこのコマーシャルの「ファイトで行こう!」というフレーズが殊のほか好きである。やはりファイターは常に前を見続けなければならないし、立ち止まってはならない。そんな自分に対して「何もそこまで思いつめなくても…」というご助言は今まで何度も頂いた。

だが、私は自分の存在価値を考える時、自分をファイターと位置づけるしかないのである。これは相撲において押し相撲力士が自分の相撲を取るために為すべきことに同じである。力いっぱい相撲を取って己の力を出し切れば、仮に努力が実らなくてもそれは結果論ゆえ致し方ないのである。だから私はいつも前を見続けたいし、手をこまねくようなことだけは絶対にしたくない。ゆえに自分はこれからもファイターとして日々研鑽に励むのである。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本日は自分のとっておきの酒のつまみを紹介したい。下戸の人から見れば酒のつまみなどどうでもいいのかも知れない。だが、それは自分において違う。それは明日への活力を与えるものに他ならないものだからである。

桃屋の「梅好み」は購入価格が218円だったが、酒飲みの期待を裏切らない風味だった。鰹と梅干は良く会うがこれを程よくブレンドして酸っぱからず、甘からずで、酒の友として相応しいものだった。その開発努力は並大抵のものでなかったと察している。



ミック挨拶
今日の水曜日は私にとって週の中休みでした。然らば週末に向けて英気を養いたい日でもございます。桃屋の「梅好み」はそんな私に大きなモチベーションをもたらす酒のつまみになりそうです。私は家族を養う為に、これからも勤め人として頑張らなければなりませんが、その中で晩酌で得られる効果は計り知れないものがございます。

然らば、桃屋の「梅好み」はこれからも自分のセカンドライフに大きな影響を与えるアイテムになりそうな予感がしております。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)